2019年7月12日 更新

飛行機恐怖症の症状と原因は?飛行機恐怖症の克服法と有名人も

世の中には沢山の「恐怖症」が存在しますが、その中の一つ「飛行機恐怖症」をご存知でしょうか。今や当たり前のように人々の足となっている飛行機ですが、この飛行機に対して恐怖を抱いている人がたくさんいるのです。ここではそんな「飛行機恐怖症」について詳しくご紹介します!

飛行機恐怖症とは?

Little Boy Hiding Sad - Free photo on Pixabay (406554)

世の中には様々な「恐怖症」が存在します。よく知られているものといえば、閉ざされた空間に恐怖を感じる「閉所恐怖症」、高い場所が苦手な「高所恐怖症」などその種類は様々です。そしてそんな恐怖症のひとつとして有名なのが、『飛行機恐怖症』です。この言葉を始めて聞く人もいると思いますが、あなたの回りにもきっと、「高いところは大丈夫だけれど、飛行機が苦手」という人がいるはずです。

飛行機恐怖症とはその名の通り、飛行機に搭乗することに恐怖を感じるものです。その原因は人によってことなりますが、閉ざされた空間や逃げ出せない空間、コントロールの効かない状態に恐怖を覚え、過呼吸や動悸などのパニック症状がでる病気です。ここではそんな飛行機恐怖症について、その原因や症状について詳しくご紹介をしていきます。

飛行機恐怖症の原因

Light Bulb Lightbulb - Free photo on Pixabay (406556)

「恐怖症」と呼ばれるものの多くにはそうなってしまった原因が存在します。例えば高所恐怖症であれば、子どものころに高い場所から落ちた、落ちそうになったなどの体験をしていたり、閉所恐怖症の場合は、子どものころに叱られて、暗くて狭い押し入れに閉じ込められた、など、大体はなにかしらのエピソードがつきものです。

飛行機恐怖症も同様に、「恐怖」を感じる原因を意識的または無意識のうちに作ってしまっている可能性があります。ではその原因とは一体どんなものなのでしょうか。飛行機恐怖症で悩んでいる方、怖くて飛行機に乗ったことがない方、周りにこうした悩みを抱えている方がいる方はぜひ原因について知ってください。そこから解決策が見いだせるかもしれません。

過去の事故映像のトラウマ

Cry Harm Accident Pain - Free photo on Pixabay (406557)

航空機事故は必ずニュースとなり、事故の様子や現場の状況などがテレビで放映されます。今はそうした映像にはモザイクがかけられたり最低限の配慮がなされますが、昔はそうした悲惨な現場もリアルに伝えていた時代があります。墜落して炎上している飛行機、その近くで息絶える人々など、モザイクを掛けることなく「いま現場で起きていること」をそのままに放映していたのです。

また、今の時代、いくらテレビで放送を自粛していてもネットにありとあらゆる映像が出回っています。そうした映像は簡単に誰でも見ることができ、一度出回った映像は消えることはありません。そうした映像を「どんなものだろう」と興味本位から見てしまい、その結果「墜落の瞬間」「事故現場」など本来であれば見る必要のなかったものを見てしまい、それがトラウマとなって心に残っていることがあります。

自分もしくは身近な人の飛行機トラブル

Hands Couple Red X - Free photo on Pixabay (406562)

また、実際に自身の身近なところで「航空機事故」「航空機トラブル」に遭遇し、トラウマとなっている場合もあります。大きな航空機事故の被害者であったり、大きくなくともヒヤッとする経験を家族や友人がしており、そうした話を聞いていたなどする場合は「自分もなってしまったらどうしよう」という恐怖や不安に駆られ、飛行機に乗ることを恐れるケースがあります。

特に航空機事故の被害者家族などの場合は、実際に「死」など非現実的な状況を経験しているため、「まさか自分が」とは思えないのです。またこうした方に関しては、トラウマだけでなくPTSDといったれっきとした病気になっていることがほとんどで、到底飛行機に乗れるほどの状態ではないことが多いです。

金属製の物体が空を飛ぶことへの恐怖

Airplane Aircraft Take Off - Free photo on Pixabay (406568)

飛行機を恐れる人の多くが口を揃えて言うことが、「金属の塊が空を飛ぶ原理がわからない」ということです。確かに飛行機は巨大な鉄の塊であり、とても重たい機体です。それがどうしてあそこまで高く、そして長時間飛び続けられるのかは謎が多く残ります。

しかし多くの人はさほど気にせず乗ることが出来るのですが、飛行機恐怖症の人はそこがとても気になってしまい、恐怖や不安を感じるため飛行機に乗れないでいるのです。実際自身が事故やトラブルにあったわけでなくても、こうした原理に恐怖を覚えるケースです。

飛行機恐怖症の具体的な症状

Checklist Goals Box - Free photo on Pixabay (406571)

世の中には様々な「恐怖症」があり、それによって症状も様々です。そしてその度合いも軽いものから重いものまであります。ではここでご紹介している『飛行機恐怖症』の場合は一体どのようなものでしょうか。個人差はありますが症状の一例をご紹介します。

飛行機が好きな方や、全く怖くない方にとっては中々想像のできないことですが、同じ飛行機に乗る人の中にはこうした症状を抱えている方がいるかもしれません。恐怖症を抱えている方も、あなただけではないということを知ることできっと、「同じ飛行機に同じ気持ちの人がいるかもしれない」と思えることでしょう。

飛行機に乗ることを考えただけで不安

Airport Travelers Persons - Free photo on Pixabay (406572)

まず、飛行機に乗る前の段階から症状は始まっています。まだ離陸もしていないにも関わらず、いざ飛行機に搭乗しようとすると強い恐怖や緊張を感じるのです。人によっては空港についた瞬間からであったり、前日眠れないなどの症状に悩まさられる方も多くいます。

それだけでなく、出張などやむを得ない状況で飛行機に乗る場合は、「出張日=飛行機に乗る日」が決まった瞬間から症状が出始め、仕事が手につかなかったり夜眠れなかったりと、「飛行機に乗る」という事実が分かった瞬間から緊張や不安の症状が出る人もいます。飛行機恐怖症の人にとって、どんな飛行機にどれくらいの時間乗るのかなど関係なく、「飛行機に乗る:という事実だけでもう恐怖を感じるのです。

飛行機に乗ると死を覚悟する

Candle Light Candlelight - Free photo on Pixabay (406573)

飛行機が特別苦手ではない人でも、誰しも少しは「飛行機が墜落したらどうしよう」「墜落したら死ぬ」と思うはずです。ただそれはあくまで「万が一」という仮の話であり、少し頭をよぎる程度に過ぎません。それは「まさか落ちる訳がない」と思っているからです。しかし飛行機恐怖症の人に関しては仮の話でもなんでもなく、飛行機に乗ることで「死」を覚悟する人がいるのです。

飛行機恐怖症の人は「もし」という仮の話ではなく、飛行機に乗ることで本気で「死」を覚悟し、中には遺書を書いたりする人もいます。それは飛行機がいかに怖い乗り物か、と思っているため最悪の事態を想定しているのです。恐怖症の人は必ずしも「飛んでいる最中」が怖いだけでなく、離着陸の瞬間にいちばん恐怖を感じる人もたくさんいます。そのため様々なリスクを感じ、「飛行機に乗る=死」を覚悟している人が多くいるのです。

動悸やめまい

Abyss Window Sill Dangerous Tired - Free image on Pixabay (406576)

飛行機恐怖症に悩む方の症状として、「動悸」や「めまい」があります。飛行機に実際搭乗をした際や、乗らなければいけないと分かった瞬間から心臓がバクバクしてきて、めまいを感じるのです。めまいはひどくなると立っていられなくなったり倒れてしまったりするくらいひどい症状の人もいます。

いちばん多いのは動悸で、ぱっと見ただけでは一見変化はないのですが、実際は心臓がすごい速さと強さで動き、息苦しくなります。「大丈夫」と自分に言い聞かせれば言い聞かせるほど逆効果になることもあり、飛行機に乗ってから降りるまで激しい動機が止まらなくなるのです。

多汗・冷や汗

Blur Close-Up Girl - Free photo on Pixabay (406580)

動悸と伴って出る症状として、「多汗」や「冷や汗」といった症状があります。多汗は短い時間で汗を大量にかくこと、そして冷や汗は。緊張や恐怖を感じた時に出る冷たくひやっとした汗のことを言います。飛行機恐怖症の方は動悸と同じように、こちらの症状もよく見られます。

例えば離着陸の際に強く拳を握り、落ち着いたころに手を広げると汗で手がびっしょり濡れている、なんてことはよくあります。中には額から冷や汗が止まらずずっとハンカチやタオルで拭いている人もいます。ほかにも、特別厚くないにも関わらず背中や脇が異常に汗をかいて濡れていたりする場合は、飛行機に対する恐怖や緊張から多汗となり、汗で拭くが濡れてしまっている可能性もあります。

1 / 4

117 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【診断】女性恐怖症の原因はトラウマ?女性恐怖症の症状と克服方法

【診断】女性恐怖症の原因はトラウマ?女性恐怖症の症状と克服方法

あなたは女性恐怖症を知っていますか?自分が女性恐怖症か診断し、特徴や原因を探り自分がどんな症状があるのか知ることが必要です。多くの場合はトラウマから女性恐怖症になる可能性が高いです。今回は克服方法も一緒にいていき、考えていきましょう。
【診断】高所恐怖症の症状と原因は?克服方法と治し方も

【診断】高所恐怖症の症状と原因は?克服方法と治し方も

みなさんは高いところが苦手ではありませんか?この記事では、高いところに恐怖を感じる「高所恐怖症」のチェック診断から、その原因や症状、そして治し方まで幅広く紹介します。高所恐怖症は大人になってからかかることもある身近な病です。ぜひこの記事で知識を深めてください。
【チェック】閉所恐怖症の症状と原因は?克服する方法と生活習慣

【チェック】閉所恐怖症の症状と原因は?克服する方法と生活習慣

閉ざされた空間にいるとパニック発作を起こしたりする閉所恐怖症は、生活に支障をきたす場合もあるため早期治療が必要です。そこで、症状や原因、MRIが苦手といった閉所恐怖症あるある、チェック表、克服方法などをご紹介しますので、気になる方はチェックしてみてください。
【診断】失笑恐怖症の症状と原因は?克服方法と失笑恐怖症の芸能人

【診断】失笑恐怖症の症状と原因は?克服方法と失笑恐怖症の芸能人

失笑恐怖症という症状をご存知ですか。こうした失笑恐怖症の症状に悩まされている人は意外に多く、実は芸能人の中にもこうした症状を持っている人がいるのです。失笑恐怖症の症状はなぜ起こるのか、そしてどのように対処するべきなのかも合わせて解説します。
【診断】恋愛恐怖症の症状や特徴とは?恋愛恐怖症の克服方法も

【診断】恋愛恐怖症の症状や特徴とは?恋愛恐怖症の克服方法も

自分は恋愛恐怖症かもしれないと思うことはありませんか。恋愛恐怖症で悩んで、もうこれから恋愛ができないかもしれないと思っている男性や女性はたくさんいます。しかし、恋愛恐怖症は克服できます。簡単な琴ではありませんが、時間をかけて克服していきましょう。

この記事のキーワード