ひかりごけ事件の詳細と判決は?なぜ船長は食人を行ったのか?

この記事では、日本で唯一裁かれた食人事件「ひかりごけ事件」は、なぜ起こってしまったのか、ひかりごけ事件の内容や実際に世界で起きた残忍な食人事件など、カニバリズム(共食い)に関する事件について、いくつかご紹介していきます。

目次

唯一裁かれた食人事件「ひかりごけ事件」

Mma Network Cage - Free photo on Pixabay (388478)

人間が人間の肉を食べるのは、最も危険で最もタブーとされている行為だとされています。ですが、人を食べる行為「食人行為」は、世界各国で幾つか発生しています。

元々、概念など何もない時代や場所で、おこなわれていた食人行為も現代では、厳しく取り締まっている国も多数あります。

人間を食べる行為はとても危険で、死に至る病にかかるとも言われており、人間の肉を食べたいがために殺人を犯す事件も多数発生してしまっています。自然界でよく見る共食いという行為も、人間の間では嫌悪感を抱く行為であり、そのような行為は、世界共通で社会的、倫理的にありえないものだとされています。
Hammer Books Law - Free photo on Pixabay (388656)

社会的にも倫理的にも絶対タブーだとされている食人行為に対して、日本の刑法には、食人行為に対する規定がありません。

ですが、食人事件が日本でおきた事がないから、日本の刑法に規定がない訳ではありません。実際に、日本でも食人事件はありました。日本で唯一裁かれたことのある事件が「ひかりごけ事件」と呼ばれている事件です。

今回は、「ひかりごけ事件」がなぜ起こったてしまったのか、また裁判でどのような判決が下ったのかなど、ひかりごけ事件についてご紹介していきます。

ひかりごけ事件とは

Shipwreck Ship Wreckage California - Free photo on Pixabay (388778)

ひかりごけ事件は、刑法に規定がない日本で唯一裁かれた食人事件として有名な事件なのですが、日本の中で人間が人間の肉を食べるという衝撃的な事件の内容に、人々が驚きとショックを受け、当時とても注目された事件です。

ひかりごけ事件は、歴史上たびたび発見されている食人事件の中で、「初めて刑を科せられた事件」、「日本で唯一裁かれた事件」として小説のモチーフにもなっている事件です。
実際に起きたひかりごけ事件がどのようにして起きたものなのか、まず事件の内容についてご紹介していきます。

1943年12月7人を乗せた日本陸軍微用船が遭難

Christian Image Historically - Free photo on Pixabay (389006)

ひかりごけ事件は、遭難事故から生まれた人食事件で事の発端は、1943年の12月太平洋戦争真っ只中、暁部隊の廻航命令により、5隻の日本陸軍徴用船が乗組員7人を乗せ、船体の修理の為に根室港を出港したことでした。

根室港を出港し、オホーツク海廻りで小樽市へ向かう途中、天候が悪化し猛烈な吹雪と高波に襲われ船は故障してしまいました。船が故障したことで通信も途絶え、漂流中に暗礁に乗り上げ船では、身動きが取れない状況になってしまいます。

知床半島ペキンノ鼻に降り立つ

Shutters Architecture Window - Free photo on Pixabay (389116)

小樽市へ向かう途中の知床半島で船が座礁してしまいました。座礁した船では、身動きが取れない乗組員達は、船から退避しオホーツ海の南端にある知床半島ペキンノ鼻に降り立ちました。

北海道の真冬は、氷と雪に覆われた地域、徴用船の船長(当時29歳)と乗組員の中で最年少の青年(当時18歳)は、なんとか上陸できましたが、他の乗組員達とははぐれてしまいました。

後に乗組員7人のうち5名は、上陸する際に高波に襲われ上陸できなかったり、上陸できたものの飢えと寒さですぐに亡くなったとされています。

船長は最年少の青年と過ごす

People Pedestrians Walking - Free photo on Pixabay (394672)

他の乗組員達とは、はぐれてしまったもののなんとか上陸することができた船長は、運良くすぐに一軒の小屋(番屋)を見つけ、吹雪や寒さを凌ぐ為にその小屋で避難していました。

しばらくすると船長が避難している小屋に、同じく上陸することのできた最年少だった青年も猛吹雪の中なんとか辿り着く事ができたのです。
そして、2人は最初に避難した小屋から近場にあった小屋へと移動し、しばらくその小屋で過ごすことにしました。

やせ衰えた青年が死亡

Creepy Dark Eerie - Free photo on Pixabay (394792)

なんとか座礁した船から逃げ出し、移動した小屋に避難することができた船長と青年でしたが、今度は寒さと飢えが2人を襲ってきます。

しばらく、極寒と飢えに耐え凌いでいた船長と青年だったのですが、食料がある訳もなく、全く栄養も取れずにいた青年は、寒さと飢えで体力が激しく消耗していき、しばらくして痩せ衰え亡くなってしまったとされています。

当時最年少で1番若かかったにもかかわらず寒さと飢えで、青年は亡くなってしまい、船長はたった1人で過酷な環境の中を過ごす事になります。

死亡した青年を食す

Steak Meat Beef - Free photo on Pixabay (395037)

しばらく共に過ごしていた青年も亡くなってしまい、船長は孤独と過酷な環境に一人耐え凌いでいかなければならない状況になりました。

そして、寒さとあまりの空腹に耐えきれなくなった船長は、先に亡くなってしまった、青年の遺体を口にしてしまいます。

過酷な環境を生き延びるために、船長が亡くなった青年の遺体を口にしてしまうというこの悲しい出来事が、後にひかりごけ事件と呼ばれるようになった食人事件の全容とされています。

1944年2月漁民一家に助けを求める

Coast Fishermen Asahi - Free photo on Pixabay (401314)

1944年2月、船長は羅臼町岬町に住んでいた漁民一家に助けを求めました。船長の話を聞き、現地の過酷さを知っている老夫婦はとても驚きます。

助けを求めた老夫婦に船長は「船が難破してしまい、他の乗組員は全て死んでしまったが自分はなんとか上陸して、避難した小屋には備蓄されていた食料があり、味噌やフキの漬物、わかめなどと流れ着いたアザラシの肉を食べて生き延びた」と語っていたという。
さらに船長は「吹雪の中、小屋にたどり着けたのは自分と炊事夫の男性だけだった」とも語っていたと言います。

船長は故郷へ帰還「奇蹟の神兵」とされる

Cave Gorge Small Waterfall - Free photo on Pixabay (401365)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本や世界の不思議な事件まとめ!中には未解決の事件も?

日本や世界の不思議な事件まとめ!中には未解決の事件も?

日本や世界では不思議な事件が多く起きています。未解決の事件もたくさんあり、発生理由がわからなかったり行方不明のまま見つからなかったりするものもあります。どのような事件が起きているのか日本編と世界編に分けて詳しくご紹介していきます。
光市母子殺害事件の詳細と判決!大月孝行の壮絶な生い立ちと現在は?

光市母子殺害事件の詳細と判決!大月孝行の壮絶な生い立ちと現在は?

1999年に発生した光市母子殺害事件の犯人は大月孝行(旧姓・福田)という男性でした。犯人の男は18歳という若さで主婦・乳幼児を殺害したのです。今回は光市母子殺害事件について詳細を紹介すると共に、死刑に至るまでの経緯、そして大月孝行の生い立ちを紹介して参ります。
ホモフォビアの意味と原因とは?同性愛の歴史と日本で起きた事件

ホモフォビアの意味と原因とは?同性愛の歴史と日本で起きた事件

性について寛容と言われる日本でも多く存在する『ホモフォビア』という思想をご存じでしょうか。同性愛などの性的思考と関係が深いその言葉が生まれた歴史的背景や、原因について、また世界での捉え方も同時に触れて、性的志向への議論に関しても考えて行きます。
アメリカの有名ギャング「アル・カポネ」の生涯!逮捕された理由とその後も

アメリカの有名ギャング「アル・カポネ」の生涯!逮捕された理由とその後も

アル・カポネは、20世紀のアメリカを代表するギャングです。アメリカで禁酒法が施行された時代に犯罪組織の近代化に成功し、絶大な権力を誇りました。その影響は現在まで続いています。今回は、アメリカ史上最も有名なギャング、アル・カポネの生涯に迫ります。
底なし沼は日本にも実在する?沼の仕組みや脱出法と死亡事故も

底なし沼は日本にも実在する?沼の仕組みや脱出法と死亡事故も

底なし沼は国外だけのものではなく、日本にも実在しています。ここでは、底なし沼の深さや仕組みについて解説、脱出方法・救助方法や悲しい死亡事故、また、底なし沼がある場所の特徴や底なし沼がでてくる映画や童話なども紹介していきます。

この記事のキーワード