2019年10月22日 更新

母親は息子がかわいい!娘との違いと男の子の育児の魅力や注意点も

母親にとって「小さな恋人」と言われることもある息子は特別な存在です。もちろん娘もかわいい我が子ですが、息子には特別なかわいさを感じるママも多いのではないでしょうか。娘と息子の違いや、息子を育てるからこそ注意しなければならない点を解説していきます。

目次

先ほど男の子の特徴で紹介した通り、男の子は素直で甘えん坊な子が多いです。女の子が意地を張ってしまってママに素直に甘えられない時でも、男の子は素直に「ママ助けて」などと言える子が多いでしょう。

痛い時や辛い時に我慢をして強がる女の子をかわいいと思う人も多いですが、それでも自分の子どもに頼られるのは母親として大きな喜びになるでしょう。口では「甘えん坊で困ったなぁ」と文句を言いつつも、男の子から甘えられたり頼られたりするのを心待ちにしているママは多いと言われています。

手がかかる分充実感もあるから

Cold Ill Fever Thermometer - Free photo on Pixabay (223622)

甘えん坊な男の子を育てるのはとても手がかかります。また、先ほど特徴の部分でも紹介した通り幼少期の男の子は身体の弱い子が多いため看病などの必要も多くなります。時には仕事を休んで付きっ切りで看病しなければならない時もあるでしょう。

こうした男の子を育てるのは手間がかかることも多いでしょう。しかしながら、男の子が元気に育っているのを見るとその分充実感を抱くこともできます。男の子自身も献身的に自分の成長を見守ってくれる母親に対して強い信頼を抱き、ますます「ママが一番好き」という気持ちが強くなることで二人の絆は確かなものになっていくでしょう。

女性と興味関心の対象が違って新鮮だから

Train Locomotive Travel - Free photo on Pixabay (223626)

男の子と女の子は興味の対象が違います。女の子はママの真似をすることも多いので、ママと同じようにイケメン俳優に黄色い声をあげたり、ジュエリーやコスメに興味を持ってお姫様のように振る舞いたがる子が多いでしょう。

一方、男の子はあまりそうしたものに興味を持ちません。それよりも道路を走っている自動車のメーカーや色とりどりの電車に強い興味を抱く子が多いでしょう。ママとは興味の対象が違うことが多いので子どもと話しているのに新たな発見が多くあり、ママも男の子と話していて飽きないでしょう。

自分と比較しないで済むから

Girl Looking Away Portrait - Free photo on Pixabay (223634)

女の子の小さい頃は、どうしてもママ本人に似た行動をしがちです。そのため「私はこのくらいの頃にはこんなに聞き分けがよくなかった」と劣等感を抱いてしまうこともあれば、反対に「私はこのくらいの頃にはもっとお手伝いもしたのに、なんでこの子はしないんだろう」という気持ちになってしまう人も多いでしょう。

それが男の子になると、自分とは違った性別ですのでそうした比較対象になりません。結果的に、ママ自身が素直な気持ちで男の子に接することができるのでかわいいと思える余裕も多くなるでしょう。

男の子ならではかも?娘と息子での違い

Children Siblings Brother - Free photo on Pixabay (223672)

実際に男の子と女の子を比較してみると、成長にはどのような違いがあるのでしょうか。もちろん子ども自身の性格や成長曲線によっても差がありますが、一般的にはどのような違いがあるのかを紹介していきます。

成長がゆっくりで子どもらしい期間が長い

Children Siblings Brother - Free photo on Pixabay (223675)

同学年の女の子に比べて、男の子は成長がゆっくりな子が多いと言われています。言葉を覚えるのが遅かったり、運動神経も小さいうちは女の子の方が活発な子が多いでしょう。女の子を育てるとそれほど手がかからないことが多いですが、男の子は手がかかる時期が長いと言われています。

そのため、いわゆる「子どもらしい」と思える期間は男の子の方が長くなります。早く方大人びた発言をしたり達観したような印象のある女の子に比べ、男の子はいつまで経っても「手がかかる我が子」だと感じる人も多いでしょう。

感情表現がストレート

Babe Smile Newborn Small - Free photo on Pixabay (223676)

素直な子が多い男の子は、感情表現もストレートな子が多くなります。嬉しい時に笑ったり、嫌なことがあった時はハッキリと口に出して不快な気持ちを表現します。時には両親が戸惑うくらいにハッキリと自分の気持ちをぶつけてくるので「子どもの気持ちが分からない」と悩むことは少ないでしょう。

対して、女の子はなかなか自分の気持ちを口に出せません。嬉しい時でも照れて笑わなかったり、嫌なことがあった場合でもハッキリと言えずに黙ってしまう子も多くなります。成長の証とはいえ、どう接したら良いかが分からずに戸惑うことも多いでしょう。

嫌なことも一晩寝ると忘れる

Baby Boy Smiling - Free photo on Pixabay (223681)

嫌なことがあった時、女の子は次の日に引きずってしまいがちです。親からひどく叱られた時でも、翌日にも不機嫌なままで、その不機嫌さを隠そうとしない子も多いでしょう。感情を隠す子も多く機嫌が直るタイミングが分かりづらいので、接し方に戸惑ってしまいがちです。

一方、男の子はどんなにひどく怒られた後でも一晩寝れば機嫌が直る子が多いと言われています。寝る前は「ママなんて嫌い!」と言っていても、朝になると「ママ大好き!」と機嫌が直っている子が多いのも大きな違いでしょう。

友達付き合いがあっさりしている

Children Fishing Teamwork - Free photo on Pixabay (223682)

大人になってからも「女性だけの職場は人間関係がギスギスしている」と言われがちです。該当しない女性ももちろんたくさんいますが、女の子は小さな頃から人間関係の揉め事が多くなりがちです。時には大人が驚くほどの陰湿なイジメに巻き込まれてしまうこともあるでしょう。

一方、男の子にはそうしたトラブルはほとんどありません。たとえ友達を喧嘩しても、一晩寝ればお互いに忘れてまた仲良く遊べるでしょう。親に対する態度だけではなく、友達同士の態度も男の子と女の子は大きく違ってきます。

メイクやファッションに手を抜いてもママなら何でもOK

Feet Legs Standing - Free photo on Pixabay (223684)

女の子は小さな頃から「女性」としての視線を持っています。忙しくてメイクを手抜きしたり適当なファッションで出かけようとすると「今日のママはかわいくない」と言われたり、時には「手抜きで出かけないでほしい」と彼氏のようなことを言ってくることもあるでしょう。

しかし、男の子にはそうした視点がない場合がほとんどです。いつもより手を抜いたファッションだったりスッピンでも「ママはいつもかわいいよ」と言ってくれるでしょう。実際には違いが分かっていないだけだとしても、育児で疲れた母親の心を癒してくれるでしょう。

かわいいだけじゃない!男の子の育児で大変なこと

Dog Animal Continental Bulldog - Free photo on Pixabay (223710)

2 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪

男の子がとにかく可愛い!男の子ママの苦労と可愛いエピソード

男の子がとにかく可愛い!男の子ママの苦労と可愛いエピソード

男の子でも女の子でも、自分の子供ならどちらでも可愛いと思うものでしょう。女の子の方が育てやすくて、男の子の方が育てるのが大変だと思われることも多いのです。男の子だって可愛いところがたくさんあります。男の子ママの苦労と可愛いエピソードについてご紹介します。
毒親に育てられた人の特徴18選!毒親の影響から脱出する方法とは

毒親に育てられた人の特徴18選!毒親の影響から脱出する方法とは

もしかしたら、自分の親は毒親かもしれない…と感じている人も多いのではないでしょうか?最近よく耳にすることが増えてきた「毒親」というのは、一体どのような親なのか?そして、どんな影響があるのか、毒親から逃げだす方法はあるのか?毒親の疑問を徹底解説していきます。
教育ママの特徴と心理!低学歴コンプな教育ママは失敗する?

教育ママの特徴と心理!低学歴コンプな教育ママは失敗する?

自分が教育ママであるという女性は、自分が低学歴で失敗したから子供には失敗させたくないという思いもあります。教育ママから毒親になってしまうという弊害もあるのです。教育ママは子供のためなのか、低学歴にコンプレックスを感じる母親の心理や特徴をご紹介します。
放任主義と無関心は違う?子育てや恋愛における放任主義のメリット

放任主義と無関心は違う?子育てや恋愛における放任主義のメリット

放任主義という言葉を耳にすると無関心なイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。放任主義は恋愛や子育ての時に出やすいのですが、放任主義にはメリットもあればデメリットも存在します。放任主義について詳しい人も少ないので、放任主義についてご紹介します。
シングルマザーの苦労や現状とは?お金に困った時に利用したい制度も

シングルマザーの苦労や現状とは?お金に困った時に利用したい制度も

子供のために夫と別れたい…シングルマザーになろうとしている人必見!この記事はシングルマザーを題材に紹介します。シングルマザーの"離婚したらもう彼氏は作りたくない"という本音や、シングルマザーが利用できる手当や控除のお金のことなどを紹介していきます。

この記事のキーワード