長生きしたくない人の心理とは?結婚観や年金との関係も

長寿大国ニッポン。人生100年時代と声高々に叫ばれ、長生きが世の当たり前となりつつあるこの時代、一方では長生きしたくないと感じている人々が現れ始めています。今回は、そんな長生きを望んでいない人々の心理や特徴をご紹介していきましょう。

目次

「きっとあの人も私のことなんて見ていない」「朝から悪いことばかり、最悪の一日だ」「何をやっても上手くいかない」「なんで私ばかりこんな目に…」

事あるごとにマイナスな考えをしてしまうネガティブ思考な人は、現状への不満ばかりに意識が集中してしまうばかりか、将来のことを想像しそこにもマイナスな考えが劣んでしまう可能性が高い人です。

「どうせ自分はこんなもの」というネガティブ思考のせいで将来に希望を抱くことが出来ず、長生きしたところで今より楽しいことなんて無いんだろうなと考えてしまうために長生き願望が失われるのです。

他者に流されやすい

People Girls Women - Free photo on Pixabay (454281)

「あ!これ可愛い!○○はどう思う?」「私も可愛いと思うー!」「なぁ、この案件なんだけど俺はこう思うんだけど君は?」「自分も同じ意見です」

多様性を声高々に主張しつつも実態としては協調性が重視される社会。様々な場面で自分の意見を述べることがありますが、そんな時やたら他者の意見に同調してはいませんか?

もちろん、本当に同意見であれば何ら問題はないのですが、「実際は別の意見だけど何か言われるのが嫌だから同意見にしておいた」ということもあるでしょう。そんあ他者に流されやすい人は徐々に自分の意見を失いがちになり、自分のこれからを考える気力がなくなり長生きに興味がなくなってしまうのです。

寿命に関するスピリチュアル的解釈

Bridge Golden Light - Free image on Pixabay (454346)

「人はこの世に生まれ落ちた時点で既に、いつまで人生を歩んでいくのかというその人自身の寿命が決まっているのです。」

そうテレビや占いなどで耳にしたことはありませんか?このように寿命に関するスピリチュアル的解釈は様々あります。本当にそうなのでしょうか?寿命、といういつの日か明確にせまるにもかかわらず不確かなものに関して一緒に調べていきましょう。

生まれる前から寿命は決まっている

Cross Faith Wooden - Free photo on Pixabay (454349)

よく耳にすることが多い寿命論。「人は生まれる前から寿命が決まっており、自分の手で変えることはできない。」実際はどうなのでしょうか?東洋哲学ではこの寿命について2つの考え方があります。

「運命は生まれながらに定まっているのだ。」と考える道家と、「努力によって人の運命は改善されるのだ。」と考える儒家の2つです。しかし、2000年以上前から延々と論争が繰り広げられても未だに結論は出ていません。それ程長い時をかけて研究されつくしても寿命については詳しくわからないのです。

しかし、奇跡とも言える生還を果たす人はいます。心肺停止が30分以上続き医学上蘇生不可能と言われた患者が生還したり、全身複雑骨折で社会復帰不可能と言われた患者がリハビリを経て社会復帰をしたり、そんな奇跡を目にすると、その人の寿命は今ではなかったから生き残ったのだろうと思うこともあるでしょう。

「健康」と「長生き」の因果関係はない

Olive Oil Salad Dressing Cooking - Free photo on Pixabay (454352)

「長生きするために健康には気をつけている。」そう語る高齢者の方は数多くいらっしゃるでしょう。実際に健康に気を遣ったために100歳の誕生日を迎えることができたという方もいます。

しかし、健康だからといって長生きできるわけではありません。特に医療従事者の方であれば身に覚えのある方もいるでしょう。「直前の健康診断では至って健康体で何の問題も無かったのに、その日の帰り道に心筋梗塞でお亡くなりになった。」「持病を抱え続けながらも100歳まで生きた。」「毎日飲酒し、タバコも吸い、炭酸飲料を人より多く摂取しているが、80歳を超えても元気。」

そんな話はを至る所で耳にするのです。健康である方が不便なく元気に人生を送ることができるでしょうが、健康=長生きできる、という因果関係は無いのです。

寿命に関して悩んでも運命は変えられない

Road Asphalt Sky - Free photo on Pixabay (454416)

生まれる前から寿命は決まっているのか、健康であれば寿命は延びるのか、それは自分が死ぬんで、いや死んでからもわかるものではありません。

たとえ生まれる前から寿命が決まっていてもそれを知る術を私たちは持ち得ていません。たとえ健康に気を付けていても突発性の病気や不運な事故に巻き込まれればそこで寿命が尽きることもあり得ます。

ですから、寿命に関して悩むのはあまり意味が無いのです。悩んだところでそれは解決する悩みではありません。強い言い方でしょうが悩むことは時間の無駄なのです。悩む暇があれば、今この時を自分にとって如何に充実させるかに頭を使いましょう。

老人が長生きしたいと感じる理由

Senior Elderly People - Free photo on Pixabay (454433)

若者が長生きしたくないと感じている一方で、年を重ねた老人は長生きしたいと感じています。なぜ老人たちは生い先短いながらも長生きしたいと思うのでしょうか?

彼らが長生きしたいと感じる理由を知ることで、若者も考えさせられることがあるでしょう。そんな長生きしたいと感じる理由を5つご紹介していきます。

死への恐怖

Hands Open Candle - Free photo on Pixabay (454446)

若い時はなんとなく「いつか自分も死ぬんだ」という認識があるだけで、それがまさか来年だとか3年後だとかの近い将来に死ぬかもしれないという考えを持ち合わせていません。

しかし高齢になり、病院への通院が増えたり同年代の知人友人の訃報を耳にすることが増えたりすると、「自分も死ぬんだ」という実感が湧いてくるのです。すると、遠い存在に思えていた死が途端に身近なものに感じられ死への恐怖が一気に迫ってきます。

「もしかしたら来年の誕生日を迎えられないかもしれない」と日々の中で生と死を意識することが多くなり、「死にたくない」という死への恐怖から「一年でも一日でも長く長生きしたい」と思うようになるのです。

手に入れた物を失う恐怖

Desperate Sad Depressed - Free photo on Pixabay (454456)

年をとればとるほど、自分が手にする物は多くなります。それはお金だったり土地だったり家だったり思い出深い物だったり人間関係だったり…。今までの長い人生の中で自分が積み重ねてきた努力によって手に入れた物たちは、自分が死ねば一瞬にして失ってしまうのです。

「自分が死んでも後の人たいが手にしてくれるから」と考える人もいるでしょう。また、「死んだら墓場には持っていけねぇから死ぬ前に整理するんだよ」という人もいるでしょう。確かに、生きていた世界から消えるのは自分であって物自体が無くなるわけではありません。

しかし、死んでしまったら自分がそれらを手にすることは二度と無いと考えると失うことは怖いのです。

生活や人への愛着

Baby Child Birth - Free photo on Pixabay (454466)

60歳を過ぎると、人によっては我が子だけでなく孫ができたり甥や姪、親戚含め多くの家族ができる場合が多いでしょう。たとえ結婚することが無くとも、若いころに比べると何倍にも増えた知人友人、お世話になった人、趣味に付き合ってくれる人、たくさんの大切な出会いがあり大切な人ができます。

年を重ねるにつれ、そんな大切な人たち、そして大切な人たちと過ごしていく生活に少しずつ愛着がわき、決して失いたくないものへとなっていくのです。

そんな愛着のある人や生活を失いたい人はいません。だからこそ、できるだけ長生きしたいと思うのです。

終わりが見えたことによって本当に大切なモノがわかった

Spring Tree Flowers - Free photo on Pixabay (454467)

3 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪

恋愛も人生もなるようになる!なるようにしかならないとの心理的な違いも

恋愛も人生もなるようになる!なるようにしかならないとの心理的な違いも

なるようになる、という言葉と、ならないようにしかならないという言葉の違いはどういったことでしょうか。この2つの言葉は、同じように見えて、実は全く違う捉え方ができる言葉なのです。この2つの言葉が持っている意味を理解できれば、今後の言動が変わってくるでしょう。
生き急ぐの意味と死に急ぐとの違い!生き急ぐ人の特徴や心理と名言

生き急ぐの意味と死に急ぐとの違い!生き急ぐ人の特徴や心理と名言

あなたの周りに生き急いでいる人はいますか? 生き急ぐの意味や、死に急ぐとの意味を説明していこうと思います。 また、生き急いでいる人の結婚についてや、生き急いでいるか診断できる項目、そして生き急いでいる人に贈りたい名言までを解説していこうと思います。
満たされない気持ちの心理とは?恋愛や人生を豊かにする方法

満たされない気持ちの心理とは?恋愛や人生を豊かにする方法

彼氏がいても寂しくて、なんだかいつも心が満たされない。そのような恋愛だけでなく人生にまで影響する満たされない心理は、承認欲求と大きな関わりを持っています。どのように承認欲求と付き合っていけば、私達は満たされた心を手にすることができるのでしょうか?
彼女が好きすぎる彼氏の心理と行動!好きすぎて辛い時の対処法は?

彼女が好きすぎる彼氏の心理と行動!好きすぎて辛い時の対処法は?

今すぐ彼女と結婚したいくらい、彼女にぞっこんな男性も多いのではないでしょうか。この記事ではそんな男性の心理や行動に加えて、彼女が好きすぎて辛い時におすすめしたい対処法についてもご紹介しています。彼女への想いが止められない時にぜひご覧ください。
【診断】女になりたい心理とは?女になるために考えるべきこと

【診断】女になりたい心理とは?女になるために考えるべきこと

女になりたいと思っている人はいますか?男でいるよりも、女の方が魅力的に見えることもあるのです。女になりたい男には、さまざまな理由や心理が働いていると言えます。女になりたい理由や心理、女になる方法やチェック診断についてもご紹介します。

この記事のキーワード