部屋が汚い人の心理と原因!部屋がもたらす運気と部屋を綺麗にする方法

彼氏や彼女の部屋が汚かったややはり幻滅しやすいのではないでしょうか。部屋が汚いのは原因があり、病気の可能性もあります。部屋が汚くなる心理要因も存在し、ストレスから来ている場合も。きれいな部屋にするだけで運気も上がりやすいので、改善法を含め要因をご紹介します。

汚い部屋は運気も下げる

Animals Fantasy Composing - Free photo on Pixabay (383466)

一人暮らしをしている人もいれば家族と一緒に暮らしているという人もいらっしゃるのではないでしょうか。自分の部屋や家はやはり自分のテリトリーの一部なので自分好みの部屋にしたいと考える人がほとんどです。

しかし、最初はできたとしても片付けを定期的にしないうちに徐々に部屋が汚くなるという人もいます。

最近ではこのような汚い部屋のことを「汚部屋」と呼ぶことが多いのですが、汚部屋を作っている状況には心理的要因や環境的要因が存在します。

彼氏や彼女ができた際に相手の部屋が汚部屋だった場合はかなりのマイナス印象になりやすいです。

今回はそのような相手が汚部屋だった場合の彼氏や彼女の本音や汚部屋になる要因、改善方法を含めてご紹介していきます。

部屋が汚い彼女への本音

Man Portrait Gloomy - Free photo on Pixabay (383475)

まず最初は部屋が汚い彼女への本音についてご紹介していきます。

というのも、好きな女性と彼氏彼女という恋仲関係になると相手の家にいつかは訪れる機会がきやすいのですが、この際に彼女の部屋が汚いと強い不快感を感じてしまう場合が多いです。

彼氏はどのように考えているのか部屋が汚いと言われたことがある女性は男性の本音についてチェックしてみてください。

家事ができなさそう

Laundry Dry - Free photo on Pixabay (383469)

まず最初に挙げられる彼氏の本音としては「家事ができなさそう」という声があげられることが多いです。

部屋の掃除は家事の一部でもあり、結婚する際のことを考えるとこのような家事ができないという印象は確実にマイナスになります。

やはり男性は家庭的な女性が好きなことがほとんどで、家事ができないような人は幻滅してしまう場合があります。部屋の片付けができないだけでなく、ほかの家事もできないようなイメージが定着するので、結婚からは遠ざかってしまいやすいと言っても過言ではありません。

身なりは綺麗なのに部屋を綺麗にできない理由がわからない

Clothes Hanger Clothing - Free photo on Pixabay (383471)

次に挙げられる彼氏の本音は「身なりは綺麗なのに部屋を綺麗にできない理由がわからない」という声です。

この本音も多く上げられやすいのですが、男性に好かれようとお洒落な服装などには気を遣えるのにも関わらず、自分の身の回りが綺麗にできない現状はまさに理解できないと感じられやすいです。

女性にとってお洒落な服装と部屋が綺麗な状況は全くの別物という認識を持っていますが、男性の中では同じようなものと考える人もいます。

この点はまた逆も然りで、部屋が綺麗なのに服装などが不衛生である場合は同様の意見が挙げられやすいので気をつけましょう。

クローゼットや水回りなど部分的に汚い

Tap Black Faucet - Free photo on Pixabay (383472)

部屋がある程度許せる範囲で片付いていても「クローゼットや水回りなど部分的に汚い」という印象を感じる男性もいます。

女性からしたらあまり気にしないかもしれませんが、男性は意外とこういう部分をみている場合があります。おしゃれな服が多いのに、見えにくいところが散らかっていたり、水回りが水垢だらけや汚れているという部分は気にしていることが多いです。

男性と女性では意外と見ているポイントが違ったりするため、できるだけ全体的に衛生面が行き届いた部屋にするのが好ましいと言えます。

女性の部屋=綺麗な部屋だと思い込んでいた

Pillows Bed Bedding - Free photo on Pixabay (383473)

女性の部屋が汚い場合の彼氏の本音として最も多いのが「女性の部屋=綺麗な部屋だと思い込んでいた」という声です。

男性からしたらやはり男性よりも女性の方が衛生面に細心の注意を払っているイメージがあります。女子力という言葉が現在では存在しますが、この女子力を磨くために必要最低限の衛生面を心掛けていると勝手に思い込んでいる男性は極めて多いです。

そのため、彼女の部屋に訪れたのはいいものの、部屋が汚部屋だった場合は脳内に稲妻が走るような衝撃を受け、幻滅をしてしまう可能性があるので注意をしましょう。

部屋が汚い彼氏への本音

Beauty Woman Portrait - Free photo on Pixabay (383476)

部屋が汚い彼女への本音をご紹介しましたが、次は逆に部屋が汚い彼氏への本音についてご紹介します。

先程も少し触れたのですが、男性と女性では見ているポイントが意外と異なるのですが、感じるようなことは男性と女性ではあまり変わりません。

彼氏はどちらかというと自分の部屋に呼ぶことが多いのですが、汚部屋だった場合に彼女はどのような本音を抱えるのか是非チェックしてください。

男性の汚い部屋は女性よりも不潔感がある

Garbage Waste Container - Free photo on Pixabay (383477)

部屋が汚い彼氏に対する本音としてまず最初に挙げられるのが「男性の汚い部屋は女性よりも不潔感がある」という声です。

こちらも世間一般的なイメージになるのですが、女性の部屋が汚い状況であるのと、男性の部屋が汚い状況であるのではやはり男性の方が不潔な印象を感じやすいです。

もちろん部屋が汚い度合いによって不衛生度は変わるので、男性女性という差は存在しないのですが、男性はズボラな印象があり、食べたものを片づけないというイメージがとくに濃厚になりやすいです。

強い不衛生なイメージから彼氏の印象が大きく下がってしまいやすいので気をつける必要があります。

自分で片付けさせないとまたすぐに散らかる

Vacuum Cleaner Vacuuming Cleaning - Free photo on Pixabay (383478)

次に挙げられる部屋が汚い場合の彼女の本音は「自分で片付けさせないとまたすぐに散らかる」という点です。

女性によっては汚い状態でもある程度は許容できるという人もいるのですが、女性が片づけてしまうとまた散らかってしまうというイメージを持っている人が多いです。

この点においては女性が実際に経験したことがあるという人も多いのですが、やはり自分で片付ける習慣ができなければもう一度同じ状態に汚してしまう可能性が高く、キリがない状態になってしまいやすいです。

そのため、女性からしたら自分から片づけてほしい、片付ける習慣を身に着けてほしい感じることが多いと言えます。

結婚が考えられない

Divorce Separation Relationship - Free image on Pixabay (383480)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪

過度なミニマリストは病気?病的な断捨離をしてしまう心理とは

過度なミニマリストは病気?病的な断捨離をしてしまう心理とは

ミニマリストとは、無駄なものを捨てて、キレイな部屋で生活している人のことをいいます。 今回はミニマリストの人の特徴や、ミニマリストの断捨離術、ミニマリストのメリット、ミニマリスト病気だと言われないための注意点などを解説していきます。
生活感のない部屋に住む心理とは?一人暮らしで生活感をなくすコツ

生活感のない部屋に住む心理とは?一人暮らしで生活感をなくすコツ

あなたは一人暮らしをしていますか?また生活感のない部屋に住んでいますか?今回は生活感のない部屋の特徴とと生活感のある部屋の特徴の違い、生活感のない部屋に住む人の心理、生活感のない部屋を作るコツについて学んでいきましょう。
彼女が好きすぎる彼氏の心理と行動!好きすぎて辛い時の対処法は?

彼女が好きすぎる彼氏の心理と行動!好きすぎて辛い時の対処法は?

今すぐ彼女と結婚したいくらい、彼女にぞっこんな男性も多いのではないでしょうか。この記事ではそんな男性の心理や行動に加えて、彼女が好きすぎて辛い時におすすめしたい対処法についてもご紹介しています。彼女への想いが止められない時にぜひご覧ください。
【診断】女になりたい心理とは?女になるために考えるべきこと

【診断】女になりたい心理とは?女になるために考えるべきこと

女になりたいと思っている人はいますか?男でいるよりも、女の方が魅力的に見えることもあるのです。女になりたい男には、さまざまな理由や心理が働いていると言えます。女になりたい理由や心理、女になる方法やチェック診断についてもご紹介します。
ミラーリングする心理と具体例!恋愛でのミラーリング活用とメリット

ミラーリングする心理と具体例!恋愛でのミラーリング活用とメリット

ミラーリングという心理学用語をご存知ですか?恋愛面で生かすことができるので身に着けておくと色々な活用ができます。ミラーリングの具体例や好意がある異性が見せる具体例についてご紹介します。メリットと同時にデメリットがあることを覚えておきましょう。

この記事のキーワード