メンタルブレイクの意味と略語は?正しい使い方と克服法

SNSなどで使われているメンブレという言葉をご存知ですか?メンブレとはメンタルブレイクの略語です。それではメンタルブレイクとはどういう意味でしょうか?メンタルブレイクの意味と正しい使い方から、メンタルブレイクになったときの克服法について説明していきます。

目次

メンタルブレイクの意味と略語

Worried Girl Woman Waiting - Free photo on Pixabay (89285)

SNSなどで若者が使っている言葉のひとつに、メンタルブレイクという言葉があります。メンタルブレイクとはどういう意味でしょう。メンタルというワードから、心についての言葉だということは想像がつきます。

心がブレイクするとはどういうことでしょう。今回POUCHSは、メンタルブレイクという言葉について詳しく解説していきます。

メンタルブレイクの意味

Philatelist Stamp Collection - Free photo on Pixabay (89310)

メンタルブレイクとは、文字通り、メンタル(心)がブレイクする(壊れる)ということです。つまり、精神的にダメージを受け、落ち込んでしまうことです。心が折れてしまう状態とも言えます。

原因は様々ですが、何かとてもショッキングな出来事に遭遇して、心のバランスを失ってしまったり、それまでの精神状態を保てなくなってしまうことです。

しかし、深刻なダメージを受けた場合に限らず、ちょっとした失敗で気持ちがへこんでしまったときにもメンタルブレイクという言葉を使うケースもあります。SNSなどでのつぶやきや、女子高生などの若者言葉がその例です。

※POUCHSは恋愛やライフスタイルを応援する記事を多数取り扱っています。こちらの記事も、ぜひ合わせてご覧ください。

メンタルブレイクの語源

Woman Girl Curler - Free photo on Pixabay (89332)

メンタルブレイクには特にこれといった語源や由来は存在していません。心理学の専門用語にもメンタルブレイクという用語はありません。

もともと2チャンネルなどのネット用語として使われていた言葉で、徐々にネット以外の場でも使われるようになったものです。

メンタルブレイクの略語

Letters Numbers Blocks - Free photo on Pixabay (89340)

メンタルブレイクの略語は、メンタルの「メン」とブレイクの「ブレ」を合わせてメンブレと言います。若者が使う若者言葉ではメンタルブレイクというよりメンブレという言葉のほうが、良く使われています。

他にもあるメンタルブレイクの意味

Laptop Mac Computer - Free photo on Pixabay (89562)

メンタルブレイクは、精神的に落ち込むという意味だということは分かりました。しかし、使う場所によってはまったく違う意味になります。どのような場面で使われているのか具体的に見ていきましょう。

ゲームの技でもある

Children Win Success Video - Free photo on Pixabay (89576)

RPGゲームの攻撃技の名称に使われています。メジャーなものはファイナルファンタジーのシリーズで剣技の効果として使われています。

攻撃によって、相手の魔法防御力を下げる効果を発揮します。いずれにしてもダメージを与えるという意味では共通するものがありますね。

アイドルオタが使うことも

Artist Audience Band - Free photo on Pixabay (89732)

また、アイドルの追っかけをしている、いわゆるアイドルオタクの人たちの間でも、メンタルブレイクの略語であるメンブレという言葉が使われています。

ただし意味合いはだいぶ違っていて、推しメン(グループの中で好きなメンバー)がたくさんいすぎてブレている、という意味でのメンブレです。同じ言葉でも使う場所が違うとこんなに意味が変わってくるものなのですね。

「メンタルブレイク」という言葉を使ったことがある?

「メンタルブレイク」という言葉は意味を推測しやすいように感じますが、実際そのくらいの方が日常的に使っている言葉なのでしょうか。

「メンタルブレイク」という言葉を使ったことがあるか、男女200人を対象にPOUCHS独自のアンケート調査を行いました。
 (547837)

アンケートの結果、「ある」が36%、「ない」が64%と、約4割の人が「メンタルブレイク」という言葉を使ったことがあると回答しました。

みんながみんな使ったことがあるわけではありませんが、徐々に流行になりつつある言葉であるということが分かります。
・気持ちが伝わりやすいのでたまに使う。(23歳、男性)

・具体的な弱音を吐かずに疲れていることを察してもらえる。(25歳、女性)

・友人が使っていたので覚えた。(30歳、男性)

・悲しみとか悔しさとかが入り混じった複雑な気持ちを表現できる。(19歳、女性)

・大して深刻な状況でないときによく使う。(22歳、女性)
アンケート結果より、10代後半から20代前半までの方が主に使っている言葉であることが分かりました。

また、人によって捉え方が異なる言葉であるようですが、正しい使い方とはどのようなものなのか見ていきましょう。

「メンタルブレイク」は若者言葉?正しい使い方とは

Softball Girls Team Mates - Free photo on Pixabay (89752)

1 / 6

関連する記事 こんな記事も人気です♪