2019年12月30日 更新

同棲した時の生活費の平均や内訳は?生活費を抑える節約術も紹介!

同棲をすると生活費はどのくらいかかるのか?実家暮らしが長いと分からない生活費にかかる費用の平均と、その内訳はどのようになっているのか?同棲に生活における家事の分担や食費や雑費の節約方法など日々の生活の知識を紹介していきます!

目次

夏場や冬場は、エアコンを使う方も多いと思います。いくら節約をしたいからと言ってエアコンまで節約して使わないということになると健康に関わりますよね。

電気代を節約したいと考える人は多いと思いますが、その場合は節約しすぎて体を壊してはいけないので、「複数の部屋ではなく、1つの部屋でエアコンを使う」ということを心がけてください。

2つ稼働していたエアコンが1つになるだけで、エアコンにかかる電気代は半分になるので、二人とも家にいる時は出来るだけ同じ部屋で過ごすように心がけましょう。

外食を極力避ける

Steak Food Restaurant - Free photo on Pixabay (427079)

同棲生活の場合は、お互いに働いているカップルが多いのでご飯を作るのも面倒になりがちです。

こんなことから外食に頼ってしまう方も多いとは思いますが、外食は自炊に比べて費用もとても掛かります。

二人で外食に行ったら1回最低でも2000~3000円はかかってしまいます。
Korean Cabbage In Chili Sauce - Free photo on Pixabay (427382)

その点、自炊の場合は自分で材料やコストのことを考えて作ることが出来るので、お給料日前は節約ご飯だったり、特別な日は少し豪華なご飯だったりなど自由度も無限です。

料理を楽しいと思えれば、自炊も苦ではなくなるのでお互いに分担して自宅でご飯を食べることもオススメです。

お金がかかりにくい共通の趣味を見つける

Knitting Handwork Hobby - Free photo on Pixabay (427080)

生活費の中で食費や水道光熱費とは別に、日々のストレス発散の為に大切にしたいのが「趣味」にかけるお金になります。

男性の定番の趣味というと、車やバイクなどお金がかかるイメージが大きいと思います。

女性の場合も、メイクやファッションなどハイブランドのものが好きな女性はお金がかかってしまいます。

生活費を節約したい場合は、金銭面で負担のかかる趣味ではなく、お金のかからなくてお互いに楽しめる趣味を見つけることも新たな発見があってオススメです。

使わない家電は電源を抜く

Unplug Plug Cable - Free vector graphic on Pixabay (427085)

節約主婦の中で実践している人も多いのが、「使わない家電は電源を抜く」という方法です。

エアコンの節約方法とは異なり、家電がコンセントに繋がれている間の待機電力は微々たるものではありますが、こまめに抜くことによって年間で見ると節約にはなります。

コンセントをいちいち抜くことが苦にならない方や、待機電力がもったいないと思う方は、簡単に出来る節約方法なのでお試しください。

安い時にまとめ買いを行なう

Bananas Fruits Food Grocery - Free photo on Pixabay (427103)

食料品や日用品など1週間のうちに何回も買い出しに行ってしまうと、その都度余計なものを購入しがちになります。

野菜や鮮魚など日持ちがしなかったり、鮮度が大切なものはその都度買い物に行くのが良いですが、ストック出来たり冷凍できるものはまとめ買いするのが一番無駄がないのです。

お肉などは大きいパックのものを買って、小分けに冷凍しておくと便利なのでオススメです。

【番外編】同棲時にも要注意!浪費癖がある人の特徴

Dollar Currency Money - Free photo on Pixabay (427233)

同棲を開始した後に、お互いの金銭感覚があまりにも違いすぎて驚くことも考えられます。

後々気が付くことになると同棲後では負担になる部分が大きいので、できることなら同棲を検討する前に見極めたいことでもあります。

そこで今回は、同棲を開始する際に注意して欲しい浪費癖がある人の特徴をわかりやすく紹介していきたいと思います。

見栄っ張り

Car Sports Racing - Free image on Pixabay (427248)

見栄っ張りの人は、自分を大きく見せようとする傾向があり、「他人から羨ましく思われたい」「いいものを持ちたい」と思う傾向があります。

見栄を張りたいわけですから、多少お金がかかってもいいバッグや車を持ちたいと思ってしまうので、見栄っ張りではない人よりも物や行事に対してお金をかけてしまいがちです。

お付き合いをしている人が、「見栄っ張りだな」と感じたときは、今後のことを考えて同棲などは控えた方がいいと言えるでしょう。

楽観的

Sun Rainbow Clouds - Free image on Pixabay (427250)

楽観的な人は、一見性格も明るくて一緒に生活をする面ではいいと思いがちですが、その明るさが生活面で師匠をきたすことも考えられます。

喧嘩や揉め事があった時も、楽観的な人は引きずらずあっけらかんとしていていいのですが、それは金銭面においても言えることで、お金を使いすぎてしまっても後悔したりしないのです。

「また働けばいいか」といった安易な考えで、勝手に生活費を使ってしまう可能性も考えられるので、揉め事や何かあっても反省しない人は注意が必要です。

物欲が強い

Shopping Spending Till Slip - Free photo on Pixabay (427253)

物欲が強い人は、物を買うことによって自分の欲求が満たされていきます。

そんな人の場合は、物欲を抑えることがストレスになってしまうので、なかなか物を買うという行為をやめることが出来ない人が多いのです。

金額の小さいものや、必要なものの購入ならまだ理解は出来ますが、毎回毎回自分の欲求を満たすための無駄遣いが垣間見れる人には気をつけた方がいいでしょう。

ストレス過多

Sad Depressed Depression - Free photo on Pixabay (427254)

5 / 6

関連する記事 こんな記事も人気です♪