2019年12月30日 更新

同棲した時の生活費の平均や内訳は?生活費を抑える節約術も紹介!

同棲をすると生活費はどのくらいかかるのか?実家暮らしが長いと分からない生活費にかかる費用の平均と、その内訳はどのようになっているのか?同棲に生活における家事の分担や食費や雑費の節約方法など日々の生活の知識を紹介していきます!

目次

感情ではなく現実的なことを考えて同棲に踏み切ることから、生活費の部分もお互いに慎重になって分担する傾向があります。

また、10代の頃にはなかった「飲みの付き合い」もあるので、交際費にかかる費用は10代のときよりも多くなる傾向があるのです。

30代…約30万

Pair Autumn Evening Sun - Free photo on Pixabay (420744)

10代や20代の若い頃の同棲とは異なり、お互いにしっかりと自立をしたカップルが「30代の同棲」です。

30代で同棲というと、世間的には籍を入れてもいい年齢ではありますが、結婚というものに縛られたくないカップルやお互いのプライベートが充実しているカップルは結婚ではなく、居心地のよい「同棲」を選ぶ傾向があります。

また、お互いに生活費にかけるお金も多く、自由にお金を使いながら、楽しみたいことは共有することが出来るのが、30代の同棲カップルの良いところでもあるのです。

生活費の分担決めの方法

Finance Currency Money - Free photo on Pixabay (420794)

ここまで、同棲生活にはいくつかの決め事が存在し、その中でも一番重要と考えられているのが「生活費」ということがわかりました。

その生活費についてですが次に問題になってくるのが、「どちらがどれだけ負担するか」ということになってきます。
Bills Money Euro - Free photo on Pixabay (427367)

一昔前までは、デートなどの費用は男性が出すのが当たり前で、女性にお財布を出してもらうことが恥ずかしい行為とされていましたが、近年では考え方も変化してきています。

男女の差別化がなくなると同時に、金銭面での男女の負担にも変化があるのが、生活費の分担を基準に紹介させて頂きます。

全内訳を折半

Silhouette Scales Justice - Free image on Pixabay (420803)

同棲生活ということは、籍を入れておらずお互いに働きに出ているカップルがほとんどです。

この場合はどちらとも「自立」していると考えられるので、金銭面的にも対等にしようという傾向があります。

一昔前までは、デートや食事の際は男性が全額お金を出すことが当たり前でしたが、最近の男女間では「割り勘」という言葉もよく聞くようになりました。

女性の社会進出と共に、男女差別がなくなってきた結果、同棲の際も「生活費を折半」といった考え方も揉め事がなくてオススメとも言えます。

彼氏が多め

Tie Necktie Adjust - Free photo on Pixabay (420806)

収入面のことを考えると、女性に比べて男性の方が多いことがほとんどかと思います。

その事を考慮して考えると、同棲する場合も「男性の方が多めに出す」といった考え方もありではあります。

一昔前までは金銭面で考えると、男性が全額負担することが当たり前の風潮があったので、その名残が「彼氏が多めに出す」といった部分にも反映されているのではないかと思います。

男性側としても女性より少し有利に立ちたいといった気持ちや、カッコ付けたい部分もあるので、彼女よりは自分が少し多めに出したいと考える男性も多いようです。


彼女が多め

Woman Pretty Girl - Free photo on Pixabay (420808)

前文の「彼氏が多め」とは異なり、「彼女が多め」に生活費を出すパターンも存在します。

一般的には、「全内訳を折半」か「彼氏が多め」というパターンが多いですが、同棲をしているカップルの年齢や収入にも支払いの関係は繁栄されてくると思います。

例えば彼女よりも男性が10歳も年下で学生であった場合は、当然彼氏の方はアルバイト代くらいしかありませんので、彼女と比べて社会的地位も収入も低くなります。

そう考えると、こういったカップルの場合は彼女の方が彼氏よりも生活費を多めに出すことになるのです。

どちらかが全額

Argument Conflict Controversy - Free photo on Pixabay (420809)

同棲しているカップルの彼氏の収入が多かったり、どちらかの収入で十分に家計が回る場合は「どちらかが全額」といった考え方もありです。

折半やどちらかが多く払うということよりも生活費にいくらかかっているかが明確でわかりやすいのが、この方法になります。
Dollar Money Bucks - Free photo on Pixabay (427370)

パートナーに金銭的な負担を掛けたくない場合や、自分が生活費を払って全部管理したい人には、この方法がオススメです。

しかし、一人で全ての生活費を負担することになるので、自分自身が後々苦しくならないように十分考えてから決断することが良いでしょう。

共有している点だけ折半

Man Woman Question Mark - Free image on Pixabay (420813)

「共有している部分だけ折半」とは少し難しいですが、お互いに使用している部分だけを折半することになります。

これは、食費や水道光熱費などお互いに使用している部分だけということなので、例えば彼氏が駐車場を契約していて、彼女は契約していない場合は、彼氏だけが駐車場代だけ別で支払うということになるのです。

ここまで紹介してきた生活費の分担方法で一番お互いに無駄のない方法にはなりますが、区分が細かくなってくるので少し面倒な部分も多くなってしまうのが難点ではあります。

生活費で問題になりやすいトラブルあるある

Model Man Woman - Free photo on Pixabay (426971)

お互いに楽しみで始めた同棲生活も、育った環境の違う赤の他人が一緒に住むということになると揉め事はつきものです。

好きで好きで仕方のない相手だったのに、一緒に暮らしてみると、「あれ?なんか違ったかな」なんてことにもなりかねません。

そんな同棲生活でトラブルになりやすいのが「生活費」についてです。

そこで今回は、生活費でトラブルになりやすいあるあるをわかりやすく紹介していきます。

3 / 6

関連する記事 こんな記事も人気です♪