コスモリサーチ事件とは?事件の判決や死刑制度についても

まるで令和に引きずっていたくないように、とつぜん異例の年末に死刑執行がなされた2人の死刑囚がいました。死刑囚が犯した事件の名前は『コスモリサーチ社殺人事件』です。暴力団らが、ある日突然他人を拉致し金を奪い、首を絞めて殺害しコンクリート詰めにしたのです。

目次

コスモリサーチ事件の詳細

Stock Trading Monitor - Free photo on Pixabay (694647)

仕事が絶好調に波に乗っている時、自分の名前が有名になっている時、ある日突然拉致されて「お金を用意すれば開放してやる」と言われたら?用意する以外の選択はないでしょう。

しかし、やはり約束は守られないまま連れ去られ、わけもわからないまま首を絞められて殺害されてコンクリート詰めにされてしまうという、怨恨による殺人事件ではなく「お金が欲しかったから」という無関係に一方的な理由で無念の死を遂げさせられてしまう事件がありました。

投資顧問会社コスモリサーチで起こった事件

Digital Marketing Seo Google - Free photo on Pixabay (682492)

この事件の起こった時代はやはり『バブル経済』の真っ最中。日本の土地や株は本来の価値とかけはなれた価格まで上昇する『資産インフレ』を起こし、個人や企業が持つ資産の価値が高まりました。

今では考えられないほど多くの日本人は、とにかく高級ブランド品・大型乗用車・ゴルフ会員権・絵画・リゾートマンションなどを買いあさり「 土地や株の値段は永久に上がり続けるもの 」 という錯覚をしていました。

ネットがない時代、集団で株を売り買いして自分達に有利なように相場をコントロールしようとする『仕手』というのが、株の売買で貴重な存在でした。この「時代の風雲児」とよばれた仕手が狙われたのです。

被害者と加害者は株の売買で付き合いがあった

Gun Hands Black - Free photo on Pixabay (682494)

犯人の一人で、顧客に対して有価証券や投資について助言したり、投資一任を受けて対価を得る『投資顧問業』を仕事にしていた36歳『末森博也』は、大阪の投資顧問会社『コスモ・リサーチ』の23歳の社員『渡辺裕之』と知り合いでした。

投資顧問会社『コスモリサーチ』とは、多いときで1000億円を動かす派手な仕手で「北浜の風雲児」「30年に1度の相場師」などと呼ばれて注目を集めていた43歳の大物相場師『見学和雄』が実質的な経営者の会社でした。

山口組系暴力団幹部河村啓三

Beretta Pistol Gun - Free vector graphic on Pixabay (682495)

1958年9月3日、大阪の西成という「日本で唯一暴動が起きる」街に生まれました。そのまま絵に描いたように不良中高生になり、夜の世界で働き始め、サラ金業界で働き、気がついたら山口組系暴力団幹部になっていました。

自分の素行の悪さを生育環境のせいにして転落していくのですが、頭のネジがゆるくなぜかいつも見通しは甘く、バブル経済が華やかな頃によくいた「意味不明に楽観主義な性格」でした。要するに「ちんけな悪党」だったそうです。

暴力団組長尹敬一

Smith And Wesson Gun Handgun - Free photo on Pixabay (682496)

コスモリサーチ事件の主犯で、山口組の暴力団幹部『河村啓三』が、後でご紹介する投資顧問会社代表『末森博也』と計画した犯行を持ちかけて『共犯』として関わることになったのが、暴力団組長の『尹敬一』でした。

三者は共謀して、見学和雄さんから大金を奪う事を画策しますが、あくまでも計画主は『岡本啓三』と『末森博也』で、それに追随するという形で『尹敬一』が進行していきます。ゆえに、尹敬一だけ『従犯』とされ、無期懲役という判決が下されました。

元投資顧問会社代表末森博也

Money Euro Cash - Free photo on Pixabay (682499)

山口組系暴力団幹部『河村啓三』に「見学和雄を拉致して1億円を手に入れないか?」という話を持ちかけられたのが、36歳の投資顧問会社代表『末森博也』でした。

同じ業界であった、大阪の投資顧問会社『コスモリサーチ』の実質的トップの見学和雄さんのことは当然知っていました。しかし「ちんけな悪党」の山口組の幹部である河村啓三とマブダチである自分とは違い「時代の風雲児」とまで名前が聞こえてきていた見学和雄さんとは面識などありませんでした。

金を奪う目的で計画

Bmw Car Front Sports - Free photo on Pixabay (682501)

まだネットなどないバブル経済真っ最中の昭和時代に、株の売買で貴重な存在であった、集団で株を売り買いして自分達に有利なように相場をコントロールしようとする『仕手』の中でも、多いときで1000億円を動かす派手な仕手で注目を集めていた大物相場師『見学和雄』ならすぐに1億用意できると考えました。

この計画を考えついた山口組系暴力団幹部『河村啓三』が、投資顧問会社代表『末森博也』に話を持ちかけ、暴力団組長『尹敬一』に協力を要請しました。

1988年1月29日被害者の渡辺裕之を拉致

Car Dashboard Speedometer Speed - Free photo on Pixabay (682502)

1988年1月29日、山口組系暴力団幹部『河村啓三』と、投資顧問会社代表『末森博也』は、大阪市北浜区にある投資顧問会社『コスモリサーチ』から帰宅するために会社を出てすぐの『渡辺裕之』さんを拉致してマンションの一室に連れ込みました。

そして「コスモリサーチ社の実質的トップ『見学和雄』さんの自宅を教えて、金さえ手に入れば用済みだからすぐに返してやる」と脅し、道案内させました。渡辺裕之さんに「嫌だ」と言う選択肢はありませんでした。

コスモリサーチの実質経営者見学和雄を自宅前で拉致

Speed Car Vehicle - Free photo on Pixabay (682504)

山口組系暴力団幹部『河村啓三』と、投資顧問会社代表『末森博也』は、コスモリサーチから帰宅するために会社を出て来た『渡辺裕之』さんを拉致しマンションの一室に連れ込み、コスモリサーチ社の実質的トップ『見学和雄』さんの大阪府豊中市にある見学さんの自宅に道案内させました。

見学さんの自宅前で待ち、外出先から帰宅した見学さんを拉致し、渡辺裕之さんを拉致したマンションの一室に一緒に連れ込み、両手・両足をビニールひもで縛って抵抗できなくさせました。

マンションに連れ込み現金40万円を強奪

Money Ruble Million Rubles - Free photo on Pixabay (682505)

1 / 8

関連する記事 こんな記事も人気です♪