新潟親子遭難事故の概要と真相は?事故の謎についても

2018年に新潟で、親子2人が山で遭難し、3週間後に遺体で見つかった遭難事故は記憶に新しいでしょう。誰もが助かることを望んでいましたが、帰らぬ人となってしまいました。今回は、その新潟親子遭難事故についての真相や未だに残る謎について紹介します。

目次

多くの謎が残る「新潟親子遭難事故」

Adventure Height Climbing - Free photo on Pixabay (704167)

2018年5月に発生した「新潟親子遭難事故」は、いまだに多くの謎が残る事件として扱われています。遭難事故は日本国内でも年間何件も起きており、珍しいものではありません。

しかし遭難事故は不可解な点が多く、また遭難した人が遺体で発見されたために、謎の真相が分かることはありません。

今回は、新潟親子遭難事故について、その概要や今も不思議に思われている謎、事故の原因を紹介します。

新潟親子遭難事故の概要

Wanderer Backpack Hike - Free photo on Pixabay (704168)

まず初めに、この遭難事故の概要を紹介します。

実際は情報が少なく、憶測の部分も多いですが、おそらくは下記のようなスケジュールで山登りをしたのではないかとみられています。

2018年5月5日10時頃、親子がコンビニで買い物をする

Grocery Store Supermarket - Free photo on Pixabay (704169)

駐車場の近くにあるコンビニで、親子がおにぎりやカップ麺を購入したことが分かっています。コンビニの防犯カメラにも親子の姿が映っていました。この後12時に食事をとったとされていることから、山で軽食もしくは夕食を食べるために購入したと見られています。

また、カップ麺を購入したことからガスコンロを携帯しており、雪を溶かしてお湯を沸かす予定であったと見られており、突然の思い付きではなく、しっかりと山で食べるための準備はしていたようです。

10時半頃、登山口に車を駐車し登山計画を提出(憶測)

Parking Autos Vehicles - Free photo on Pixabay (704170)

10時半頃には渋谷さん親子が登ったとされる「魚止めの滝」の登山口近くにある駐車場に到着したと見られています。この滝は北軽井沢最大の滝である「浅間大滝」の下流に位置している滝で、新潟の観光スポットの1つとなっています。

この滝の近くに、山葵山、松平山へと続く登山口が存在します。また、その近くにはポストが置いてあり、ここで登山届を提出してから登るシステムのようです。11時前にはここで登山届を出していたのではないかと見られています。

12時頃、食事を取る(憶測)

Pizza Food Italian - Free photo on Pixabay (704176)

松平山には、途中にある山葵山を通る必要があります。ちょうど松平山まで半分の所にあるため、松平山に向かう人はここでお昼休憩を取ることが多いです。特に子供連れの場合は体力回復のためにある程度しっかりと休んでいくようです。

情報はありませんが、渋谷さん親子もここで昼食を取ったのではないかと言われています。標高はそれほど高くありませんが、予想以上にのぼりがきつくてここで折り返す登山者も多く、この時点では渋谷さん親子に何も異変は感じず、むしろ元気だったのではないかと見られています。

13時半頃、山葵山から松平山への途中で親子が目撃される

Italy Sunrise Sky - Free photo on Pixabay (704177)

13時半頃には、山葵山から松平山にむか登山道で、渋谷さん親子を見たという登山者がいます。松平山は熟練者向けの山であることから親子連れで登る人は、松平山で目撃された親子は渋谷さん親子であることはほとんど確実です。

親子連れで目立っていたことや、軽装なので印象に残っていたようです。また、目撃されたのが8合目付近と頂上に近かったことから、行きは順調に登れたものの、下りで曲がる道を間違えて遭難してしまったと考えられます。

15時半頃、松平山に突入(憶測)

Mountaineer Climb Climbing Sport - Free photo on Pixabay (704178)

15時半頃には松平山に突入していたと考えられます。小学6年生の体力ではせいぜい3時間山を登るのが精一杯なので、山葵山で休憩した後も何度か途中で休憩を取りながらゆっくりと松平山を登ったのでしょう。

この時点で15時半、日没までは3時間ほどしかなく、暗くなる前に駐車場まで戻れないのではないかと焦ってくる頃です。

焦れば焦るほど帰り道が分からなくなり、いつもなら正常に判断できてもこの時は帰り道を急いでしまったのかもしれません。また息子である空くんが疲れていたとしてもおんぶで下山することは難しいでしょう。

16時半頃、家族に携帯電話で連絡をする

Iphone Smartphone Apps Apple - Free photo on Pixabay (704179)

渋谷さん親子が家族に連絡を取ったのは午後4時半頃でした。この時、渋谷さん、息子、長女の3人で渋谷さんの実家に帰省しており、この日は実家に長女をおいて息子と出かけていたようです。渋谷さんの奥さんは仕事があったため一緒に帰省していませんでした。

渋谷さんが連絡をしたのは実の父で空くんの祖父です。この時には山に来ていること、道に迷って日没までに下山できなさそうなのでビバークして明日の朝帰ることを知らせました。ここで初めて渋谷さん親子が山登りをしていることを知ったようです。

しかし標高も低く、電波も通じるため、家族は特に心配はしていませんでした。また、この日家に帰らなかったことは渋谷さんの奥さんは知らなかったようです。

5月6日朝、家族に2度目の連絡を行う

Email Business Smartphone - Free photo on Pixabay (704180)

翌朝になって再び渋谷さんから家族に電話がありました。それは「これから下山する」という内容のもので、特に帰り道が分からずに困っていたり体調が悪く歩けない状態であったりする様子は無かったようです。

また、渋谷さん親子から救助の要請などもなく、この時点ではある程度帰り道の目途が立っていたと予想されています。そのため、この電話の時点では家族もお昼頃に帰ってくるだろうと予想しており、特に心配はしていませんでした。

以降、連絡が取れず行方不明に

Search And Rescue Helicopter - Free photo on Pixabay (704181)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪