日本のパピーミルの現状は悲惨?日本のペットショップへの海外の反応

みなさん、パピーミルをご存じですか?ペットを飼うときに、みなさんはペットショップか保健所等という場所で飼うことか多いでしょう。そのペットショップにいる子達はパピーミルからきています。今日本ではパピーミルは、悲惨になっています。多くの人に知ってもらいたいのです。

目次

日本のパピーミルの現状が悲惨すぎる

Puppy Dog Pet - Free photo on Pixabay (367604)

皆さんは、パピーミルをご存知でしょうか。意外と知られていないパピーミル。実は知らない間に、私達はパピーミルに協力をしてしまっているのです。

パピーミルについて、もっと多くの人が知っていなければなりません。知っておくだけで、これからの未来が少しはよくなる可能性も僅かですがあります。

パピーミルときいて、苛立ちを覚える方も居るでしょう。それほど、今日本でパピーミルの現状はとても悲惨なのです。是非、これを読んで周りの人にも教えてあげてください。

パピーミルとは

Dogue De Bordeaux Puppy Dogs - Free photo on Pixabay (367617)

では、パピーミルとは何かこれから3つに大きく分けて説明していきます。パピーミルは、皆さんが思っているよりも悲惨なものです。

知らなければ、後から知って後悔することもあるでしょう。動物が好きなら尚更、パピーミルについて詳しく知っておくべきなのです。

私たち人間が、どれだけ動物を苦しめているのかを改めて知ることになるでしょう。

子犬工場

Dogs Puppies Pet - Free photo on Pixabay (367722)

子犬工場と聞いて、何を想像しますか?工場と言えば、何かものつくりをしているイメージがありますよね。そうです。子犬をつくっています。

もちろん機械ではありません。どうやって作るのか、それは大人の犬に子犬を産ませるのです。その産まれた子犬がペットショップで売られているのです。

その大人の犬は、命がつきるまでひたすら産まされます。我が子を可愛がることもできません。産んで、妊娠してまた産んでの繰り返しで人生を尽くすのです。
Dog Puppy Canine - Free photo on Pixabay (367724)

そんなこと、人間の世界であれば警察が登場する騒ぎになりますよね。ですが動物の世界では、それが当たり前にされ、人間によって支配されています。おかしいとは思いませんか?

1日に何千頭の子犬が産まれています。それを年間にすると…恐ろしい数です。亡くなっている犬も数えきれないほど居ます。

これをきけば、もうペットショップを信用できませんね。子犬工場は、当たり前のように子犬を産ませて、それをペットショップに送っています。

営利目的で費用を抑え大量にさせるブリーダー

Pug Dog Blanket - Free photo on Pixabay (373169)

営利目的のブリーダーがいます。どういったことかと言いますと、子供を産ませる親犬達の餌だいその他の費用を抑えて、ひたすら産ませて生産している人の事を言います。

ブラックのブリーダーです。人間で言えば産むためには体力をつけるために運動や食べ物を沢山食べたりとしなければいけませんよね。それは人間だけじゃなく動物にも必要です。

ですが、それすらもさせずに営利目的で生産しています。餌や水は基本的に与えません。どうですか?人間の世界ならば虐待で騒がれますね。

愛玩動物以外はパピーミルと呼ばれない

Hedgehog Animal Baby - Free photo on Pixabay (380924)

愛玩動物以外は、パピーミルとは呼ばれません。愛玩動物とは、そばで可愛いがったり、しぐさや声などを楽しんだりすることを目的に飼育される動物のことを言います。まとめればペットです。

ペットとして飼うのを目的にしているのが、愛玩動物といいます。つまり、その愛玩動物はパピーミルなのです。保健所などで里親を探したりしているものは、パピーミルと呼ばれません。

ちなみに、犬以外にも小魚、爬虫類、猫、小動物もパピーミルが関係していますので、注意してください。犬を飼わなくてもペットショップ事態がパピーミルです。

パピーミルとブリーダーの違い

Rottweiler Puppy Dog - Free photo on Pixabay (373172)

皆さんは、パピーミルとブリーダーの違いについては、ご存知でしょうか?実はパピーミルとブリーダーは一緒ではありません。

もちろん、悪徳のブリーダーも存在しますので信頼しきるのは注意が必要となります。

動物を愛しているからこそ、知っておきたいですよね。次は、パピーミルとブリーダーの違いについて紹介していきます。

愛犬家であり犬種の特徴を理解している

Four Dogs Pack Papillon - Free photo on Pixabay (373175)

まず1つ目は、愛犬家であり犬種の特徴を理解しているということです。ちゃんとしたブリーダーさんは、犬種の特徴や性格などをしっかりと理解しています。

パピーミルは、犬種の特徴などについては詳しくありません。知識もほぼない状態で扱っています。それと違いブリーダーは愛犬家の為、犬種それぞれの特徴を理解して知識もちゃんとあります。

それぞれの犬種にあった、対応をすることもできます。犬は種類によって特徴などが全然違うのです。

より良い環境で親犬を育てる

Chihuahua Dog Puppy - Free photo on Pixabay (373177)

2つ目は、より良い環境で親犬を育てるということです。衛生面もしっかり清潔で、餌も水も適した量を親犬に与えて育てます。

パピーミルでは、そんなことしません。餌も水も与えられないのです。その為、衰弱してしまい長くいきれるはずが短い命となってしまうのです。

ですが、ブリーダーさんは親犬達に良い環境を与えて大切に育てていきます。その為、親犬にはストレスや大きな負担もあまりなく過ごせますし、安全な出産をすること事ができるのです。

利益重視にならず一定数の数で繁殖させる

Money Profit Finance - Free photo on Pixabay (374609)

3つ目は、利益重視にならず一定数で繁殖させるということです。決めたかずだけを繁殖させ、親犬の負担やストレスも減ります。

一方でパピーミルは、一定数ではなく次々と繁殖させていきます。ブリーダーさんでは、決まったかずだけですが、パピーミルでは数は決まっておりません。

五ひきだけなら五ひきだけという風にされています。そうすることで、親犬や子犬にも負担はいきませんし、ストレスなども与えられません。子犬を産むことには負担はかかりますが、その後の手当てもしてもらえるので半減します。

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホモフォビアの意味と原因とは?同性愛の歴史と日本で起きた事件

ホモフォビアの意味と原因とは?同性愛の歴史と日本で起きた事件

性について寛容と言われる日本でも多く存在する『ホモフォビア』という思想をご存じでしょうか。同性愛などの性的思考と関係が深いその言葉が生まれた歴史的背景や、原因について、また世界での捉え方も同時に触れて、性的志向への議論に関しても考えて行きます。
日本には男性差別が多い?男女の意見や海外の反応と考えられる例

日本には男性差別が多い?男女の意見や海外の反応と考えられる例

男女平等は当たり前になった最近では、女性差別ではなく男性差別が存在するようになりました。フェミニストや日本は、そして海外の反応とはどんなものなのでしょうか?そして一体、男性差別とは、例としてどんなものがあるのでしょうか?
日本や世界の不思議な事件まとめ!中には未解決の事件も?

日本や世界の不思議な事件まとめ!中には未解決の事件も?

日本や世界では不思議な事件が多く起きています。未解決の事件もたくさんあり、発生理由がわからなかったり行方不明のまま見つからなかったりするものもあります。どのような事件が起きているのか日本編と世界編に分けて詳しくご紹介していきます。
日本三大がっかり観光地!日本のがっかり観光地7選とその理由

日本三大がっかり観光地!日本のがっかり観光地7選とその理由

デートで失敗しないように有名な観光地に出かける人も多いでしょう。しかし、中には期待外れでがっかりすると言われている観光地もあります。今回は、日本三大がっかり観光地と言われているスポットについて、その理由や楽しみ方について紹介します。
光市母子殺害事件の詳細と判決!大月孝行の壮絶な生い立ちと現在は?

光市母子殺害事件の詳細と判決!大月孝行の壮絶な生い立ちと現在は?

1999年に発生した光市母子殺害事件の犯人は大月孝行(旧姓・福田)という男性でした。犯人の男は18歳という若さで主婦・乳幼児を殺害したのです。今回は光市母子殺害事件について詳細を紹介すると共に、死刑に至るまでの経緯、そして大月孝行の生い立ちを紹介して参ります。

この記事のキーワード