2019年4月15日 更新

40代のポッチャリさんにおすすめのコーデ!簡単な着痩せ術とコツも!

年齢を重ねると共に体形もパワーアップして、昔着ていた服が着られず「痩せたら着る」と大事にクローゼットにしまいこんでいませんか?「痩せたら着る」は大間違いです。そのままたんすの肥やしになってしまいますよ。思いきって今の体形にあう洋服にチャレンジしてみましょう!

40代ポッチャリさんにおすすめのコーデは?

Celebration Birthday 40 - Free photo on Pixabay (173526)

20代のときに比べると、年齢と共に知らず知らずに贅肉が付いてしまう40代です。気を付けいていても出産や育児のストレスや、仕事や人間関係からくるストレスでも体調の変化が出やすい年齢になっています。

ポッチャリした体形を隠そうと、気になっている部分を隠すような洋服を着ていませんか?お肉がついたウエスト部分や垂れ気味のヒップを隠していたとしても、着痩せするポイントをつかんでいなければ逆効果で太って見えてしまいます。

着痩せ効果を最大限につかみ、おしゃれな40代を目指しましょう!

40代のポッチャリさんのコーデのポイント

Chef Cake Woman - Free vector graphic on Pixabay (173651)

40代のポッチャリ体形の人におすすめするコーデのポイントを紹介していきます。普段から楽な服装や体形を隠してしまう洋服を選びがちですが、選ぶポイントを間違えれば洋服によっては似合わず太って見えてしまいます。

洋服を着る時にはメリハリをつけることがポイントで、全部隠すのではなく自信がある部分をあえて見せることでおしゃれになり、着痩せするコーデにつながります。

着こなしにメリハリを

Woman Girl Blonde - Free photo on Pixabay (174384)

細く見える効果を狙って黒一色の洋服を着ていませんか?黒は引き締め効果があり細く見えますが、黒一色だけでは暗くなってしまいおしゃれには見えません。

コートが黒ならインナーを明るい色を取り入れたり、トップスが黒ならボトムを明るめの色やレース素材の組み合わせをすることでがらりと印象は変わります。

着こなしにメリハリを付けることでおしゃれに大変身です。持つバックを明るめの色をもつなどして工夫をしてみましょう。

自信のある部分はあえて見せる

Woman Mode Madam - Free photo on Pixabay (174631)

ぽっちゃり体形でもすべてを隠すのではなく、自信がある部分はあえて見せましょう。

自信がある部分なんてない!と思っている方は、手首・足首など部分見せをしたほうが効果的です。白シャツの襟元をあけてネックラインを見せたり、軽く腕をまくるだけで軽やかに見えます。

手首・足首は体のなかで細い部分なので視覚的に痩せて見える効果があり、あえて肌を出すことをおすすめします。

楽な恰好に逃げない

Brautschuhe Bride Wedding - Free photo on Pixabay (176118)

太っているからと言って全体の体形を隠してしまうような、大き目のワンピースやチュニックはおすすめしません。体のラインを隠すよりは自分の体形や骨格にあった洋服を着ることがおしゃれに見えるコツです。

ハイネックなど冬場は温かいですが、デコルテを見せるほうが顔も引き締まって見せることができます。ワンピースもベルトを組み合わせてウエスト部分をはっきりさせたり、チュニックも組み合わせ次第では着痩せして見えます。

楽な恰好に逃げないようおしゃれにチャレンジしてみましょう。

明るいカラーをポイントに

Balloons Party Colors - Free photo on Pixabay (176165)

先にも紹介しましたが、黒一色で着痩せ効果を期待するよりは、ベルトやスカーフなどに明るいカラーを持ってくることで全体の印象が明るくなりメリハリが出て変わります。

単色でまとめるよりは色をプラスしてメリハリをつけることが大切です。着ている洋服だけではなく髪形もすっきりとまとめると顔の印象も変わってきますよ。洋服だけではなく、アクセサリーや髪形などでも細く見える方法があります。

春の40代ポッチャリコーデ

Japanese Cherry Trees Flowers - Free photo on Pixabay (176220)

春は徐々に暖かくなり気分もウキウキしますね。色はパステルカラーが増えてくる季節です。洋服も薄着になっていくので冬場に油断していたときについてしまった贅肉との戦いが始まる季節です。

春のおすすめコーデはトップスをスカートやパンツにしっかり入れるのではなく、ウエストをゆるくマークすることがおすすめです。

洋服そのものの特徴を生かしウエスト部分を高く見せる洋服選びをしましょう。

トップス編

Pretty Woman Young Female - Free photo on Pixabay (176274)

引き締め効果を狙い暗めの色を選びがちですが、黒などの暗めの色は実は見た目を重くする印象があります。トップスに黒などを着る場合は、明るめのショルダーバックで縦ラインを強調したり、ボトムも縦ラインを意識した洋服を合わせます。

パステルカラーのような明るくて単色では使いにくい色でも、ベージュやライトグレーのようなものと一緒に使うことで春らしいコーデが出来上がります。

薄手のトレーナーやブラウス一枚ではまだ肌寒い季節です。着痩せ効果の高いストライプのワンピースなどをコートのように軽く羽織るのもおしゃれな上級者のテクニックです。

ボトムス編

Lupins Forest Flowers - Free photo on Pixabay (176295)

ボトムは全体的に足首まで隠してしまいそうですが、春の季節にあった足首を見せるコーデをします。シャツワンピースとの組み合わせでは細身のストレッチが入ったパンツを合わせて着るとよいでしょう。

白のボトムの場合は膨張感が気になりますが上の服に鮮やかな色合いを持ってくることで目線が上へ行きます。トップスは丸首よりは深めのVネックがネックラインをすっきり見せます。

ワイドパンツも下半身が気になるポッチャリさんにも強い見方です。春らしく足元にヒールを合わし足首を見せるコーデをすると足長効果にもなります。

ワンピース編

Girl Hart One Piece - Free vector graphic on Pixabay (176313)

切り替えのあるジャンパースカートはウエスト位置を高くみせ足長効果に有効です。ストレッチ素材でしたら体形カバーの効果的です。

ジャンパースカートと一緒に長めのロングカーデガンを羽織ることで縦のラインを生かすことができ、着痩せ効果になります。ジャンパースカートとは違う色をあわしてメリハリをつけましょう。ワンピースでもロングカーデガンを組み合わせてみましょう。

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪

50代で着てはいけない服とは?50代でもオシャレと言われるコツ

50代で着てはいけない服とは?50代でもオシャレと言われるコツ

身近に50代のおしゃれな男性や女性がいたら、憧れの存在に思えます。でも、実際の50代の方は仕事や家庭に忙しく服装に手間暇をかけられず悩んでいる方も多いと思います。今回の記事を読むだけでどんな服装を心がけるといいのかが簡単に分かるようにご紹介していきます。
パーカー女子は男ウケ抜群!モテるかわいいパーカーコーデのポイント

パーカー女子は男ウケ抜群!モテるかわいいパーカーコーデのポイント

パーカーが手抜きでダサいなんて発想はもはや古い!パーカーを着ている女子こそ意外にかわいい!?モテるお洒落なパーカーの選び方と男ウケ抜群な着こなしテクニックとは?インスタでも最近人気なパーカーを上手に着こなすお洒落女子になろう!
肩幅が広い原因と似合うファッション!男女別の印象とコーデのコツ

肩幅が広い原因と似合うファッション!男女別の印象とコーデのコツ

肩幅の広さで悩む女性は多く、それに対しての対処法などは様々に存在するようであります。それらの情報を集め、肩幅が広い女性に似合うファッションの情報や肩幅が広くなる原因、肩幅の広い男性についてなどの肩幅の広さに関しての情報をお届け致します。
高いヒールで痛くならない歩き方!脱げる原因や音対策と靴選びのコツも

高いヒールで痛くならない歩き方!脱げる原因や音対策と靴選びのコツも

おしゃれなデザインの高いヒールの靴はおしゃれの必需品です。しかし歩く時に膝が出ていたり、足音がカツカツなっていたりすると魅力も半減してしまいます。履いても痛くならない歩き方や選び方のコツを紹介します。ハイヒールが良く脱げる悩みがある人も必見です。
イヤーカフの上手な付け方は?タイプ別の付け方と痛い時のコツ

イヤーカフの上手な付け方は?タイプ別の付け方と痛い時のコツ

イヤーカフを最近よく目にしませんか?三角やリング、メンズ用と形も様々あり、さり気なく片耳につけてシンプルなおしゃれを楽しむことも。しかし、イヤーカフは正しい付け方をしなければ痛い思いをする羽目になります。この記事ではイヤーカフの付け方のコツ等も紹介します。

この記事のキーワード