鼻をほじる癖で鼻の形が広がる?鼻ほじりをやめる方法と掃除の仕方

鼻をほじるという行動は危険なのは皆さんご存知ですか?何気なく鼻をほじる人も存在し、癖になっている人もいます。鼻が広がる原因もあり、鼻の形が変わってしまっている人もいます。鼻のゴミには正しい掃除の仕方があるので、掃除の仕方を含めて危険な理由をご紹介します。

鼻をほじる癖をなんとかしたい!

Girls Blue Sky White - Free photo on Pixabay (331712)

皆さんは鼻をほじったことがありますか?鼻をほじるという行為は多くの人が想像するようにやはり衛生面が良くないとされ、衛生面だけでなく見栄えも悪いです。もちろん人の体内にできる鼻のゴミでもある鼻くそをとるために鼻をほじる人が多いのですが、周りに不衛生な印象を与えます。

そのような鼻をほじるという行為ですが、鼻をほじるのは癖になっている人がいるほどで、気がついたら鼻に指を突っ込んでいたという人もいるほどです。しかし、本来は鼻の正しい掃除の仕方が存在します。

今回はそのような鼻の掃除の仕方についてご紹介して行きます。

鼻をほじる癖をやめたほうがいい理由

Girl Water Spin - Free photo on Pixabay (331714)

先ほども挙げたように鼻をほじる人はかなり多く、日本人でも多く見受けられます。海外では鼻をすするとマナー違反になるほどの国もあるのですが、日本でも鼻をほじるという点はあまりいい印象を与えません。

そのような鼻をほじるという行為ですが、印象が悪くなるだけでなく、止めたほうがいいとされる理由が存在します。まず最初は鼻をほじるという行為を止めたほうがいい理由についてご紹介しますので、是非ご参考にしてください。

癖になっている人は案外多い

Men Women Apparel - Free photo on Pixabay (331715)

鼻をほじるのを止めたほうがいいのですが、実はこの鼻をほじるという行動が癖になっている人はかなり多いとされています。ほとんどの人が鼻をかんで処理をするようなイメージですが、なかなか取れないような鼻くそはやはり鼻をほじって鼻くそを取る人が多いです。

特に女性の場合は自身のイメージを保つためにも人がいないような場所で鼻をほじるのですが、このように鼻をほじるのが習慣化して癖になっている人がいます。もちろんなかなかとれないという鼻くそなどは後ほど詳しく紹介はしますが綿棒などを使用してとることができるのですが、やはり簡単で直ぐにできるということから鼻をほじる人が多いと言われています。

鼻血の原因になる

Blood Donation Donations - Free image on Pixabay (331716)

鼻をほじるという行動はやはり多くの人がイメージするように鼻血の原因になります。特に子供の頃などは鼻を激しくいじるので、鼻血を出しやすいのですが、鼻血の原因でははなをほじることによって出たという点が多くを占めています。

鼻は人が思っているよりもとても繊細で、鼻の中の粘膜や鼻の中が傷つくことによって鼻血が出ます。女性に多いのですが、爪が伸びているような人はより鼻の中を傷つけてしまう可能性が高いので、鼻血を出さないためにも鼻をほじるのは止めるようにしましょう。

感染症の接触感染の危険

Virus Microscope Infection - Free image on Pixabay (331717)

鼻血が出る原因にもなるのですが、他には感染症にかかってしまう危険性があります。というのも、この点において知っている人は意外と少ないのですが、鼻も病気を引き起こす重要な部分で、鼻をしっかりと守っていないことによって起こる病気も存在します。

さらに、鼻は口と繋がっているように鼻から入って口を通り、体内に入っていくので、感染菌などが鼻から入って感染症になったという人はかなり多いです。鼻をほじることによって手に付着している雑菌や感染菌を体内に入れるような行為なので、鼻をほじるという行為はかなり危険と言えます。

人に見られているかも

Binoculars Looking Man - Free photo on Pixabay (331718)

鼻をほじるという行動は癖となっている人も多く、感染症や鼻血の原因にもなるのですが、他にも止めたほうがいい理由として人に見られている可能性があるという点が挙げられます。最初にも触れましたが、やはり鼻をほじるという行動は不衛生な印象を与え、いくらイケメン・美女の人であっても鼻をほじっている姿を目撃してしまうと幻滅してしまうことがほとんどです。

自分が思っているよりも他の人が見ている可能性は高く、自分は見ていないと考えていても自分の死角から見えている可能性もあります。そのため、鼻をほじるというのは極力止めるのが好ましいです。

ついつい鼻をほじってしまう理由

Doubt Portrait Doubts - Free photo on Pixabay (331720)

鼻をほじるという行為を止めた方がいい理由についてご紹介しましたが、次はなぜ鼻をほじってしまう人が多いのか、鼻をほじる多くの人の理由についてご紹介します。

鼻をほじるのを止めた方がいい理由が存在するように、鼻をほじってしまう理由も存在します。多くの人があるあると感じやすい点でもあるのですが、鼻をほじったことがある人や鼻をほじっている人をやめさせたい場合にはなぜ鼻をほじるのか理由をチェックしてみてください。

ティッシュがなくて

Tissues Box Of Hygiene - Free photo on Pixabay (331721)

ついつい鼻をほじってしまう理由として最も挙げられるのがやはり近くにティッシュがないという理由です。最近の人はあまりポケットティッシュを持ち歩く人は少なく、男性はほとんど持ち歩かないと言っても過言ではありません。女性の場合はカバンに忍ばせている人もいるのですが、カバンから出すのにも時間がかかるのですぐに鼻をほじりたい場合には出すのを惜しむ人が多いです。

このように、ティッシュが近くにないため自分の指を使って鼻を掃除するため、ついついほじってしまう人が多い傾向があります。

みんなやっている

Urban People Crowd - Free photo on Pixabay (331723)

鼻をほじるのがやめられない理由としては周りの人がやっているからやめられないという理由も挙げられます。もちろんこの点については男性に多いのですが、集団心理から周りがやっているので自分もやって大丈夫と考えてしまう人が多いようです。

さらに、鼻をほじっていないと言っても実際に一人の時にほじっている可能性も十分なるので、必ずしもほじっていないという保証がありません。このような実際にほじっているのかどうかがわからない点を感じることが多いので周りの人がやっているのだから自分もやっても大丈夫という意識になり、鼻をほじる人がいます。

鼻くそがたまりやすい

Garbage Can Bucket - Free photo on Pixabay (331725)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ネトストの意味とは?ネトストをする方法や心理とやめたい時にすべきこと

ネトストの意味とは?ネトストをする方法や心理とやめたい時にすべきこと

ネトストの意味とはなんなのか、ばれるとどんな危険があるのか、ネトストをやめたい時に実践する方法やネトスト度診断など。ネトストをしてしまう心理には一体どんなものがあるのかネット社会の今だからこそ知っておきたいSNS事情についてまとめました。
セルフコンパッションを鍛えるべき理由と鍛える方法!驚きの効果とは

セルフコンパッションを鍛えるべき理由と鍛える方法!驚きの効果とは

ネガティブ思考を無理にポジティブ思考に変えようとして疲れてしまう人が多い為、近年では、セルフコンパッションが注目されています。自分への思いやりを意味するセルフコンパッションの鍛え方の方法や、専門的な短縮版セルフコンパッション尺度も分かりやすく解説します。
自分を許すのは甘えではない!自分を許すことの効果と楽になる言葉も

自分を許すのは甘えではない!自分を許すことの効果と楽になる言葉も

自分を許すことは甘えだと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、そうすることでスピリチュアル的にも良い効果が期待できます。アファメーション、潜在意識に言葉をかけるように自分を肯定していきましょう。方法は簡単なのでぜひ試してみてください。
【男女別】パーソナルスペースが狭い人の心理と特徴!印象と改善方法も

【男女別】パーソナルスペースが狭い人の心理と特徴!印象と改善方法も

パーソナルスペースが狭い人の心理や特徴とは、一体どのようなものなのでしょうか?場合によっては、気持ち悪いと思われてしまう可能性のあります。そんなパーソナルスペースが狭い人との上手な距離を取る方法など、わかりやすく解説いたします。
好きな人と緊張して話せない!緊張する心理と緊張しないようにする方法

好きな人と緊張して話せない!緊張する心理と緊張しないようにする方法

好きな人と話したいのに、緊張して話せない。今回はそんなお悩みをお持ちの方に、好きな人の前で緊張してしまう心理や、男性が緊張する女性に抱いている印象、食事デートや、電話やlineで緊張しない方法をご紹介!緊張をほぐして、好きな彼との距離を縮めましょう。

この記事のキーワード