2019年5月16日 更新

朝活は何をする?勉強?朝活のおすすめスケジュール!

朝活を取り入れている人は時間を有効的に使っています。英会話や資格取得の勉強やカフェ巡りなど、好きな時間を過ごしているようです。朝活を続けるためには、何するのかスケジュールに組み込むのが大切。朝活のメリットやデメリット、おすすめの内容なども合わせて紹介します。

仕事に家事に追われていると、読書をする時間が確保できないものです。そんな時はいつもより早く起きて、15~30分ほど読書をしましょう。読む本は何でも構いません。ビジネスホンや自己啓発本、小説など自身が気になるものをどんどん読みましょう。

活字で入ってくる情報は、思わぬところで役立つことがあります。どんな文章でも教養となったり自身が知らなかった世界を知れたりと、人間力を高めることに繋がるのです。

また読書はストレス発散のツールとしても役立つので、心が疲れている時にも良いでしょう。

資格取得の為の勉強

Notebook Workplace Desk - Free photo on Pixabay (272398)

1日で脳が記憶できる量は決まっていると言われています。寝ている間に海馬に溜まった情報を整理して、次の日に向けてスペースを空けています。その空いたスペースに新しい情報を取り入れるため、朝に勉強した内容は吸収しやすいのです。

逆に夜はスペースが埋まっている状態なので、新しい情報が取り入れにくくなります。この脳の働きを活かせば、資格取得のための勉強も効率良く進められるはずです。限られた時間内に勉強するので、集中力も高められます。

朝食にこだわる

Breakfast Orange Juice Bread Whole - Free photo on Pixabay (272401)

出勤時間ギリギリまで寝ていると、しっかりと朝食を摂る人も少ないのではないでしょうか。朝食は大切なエネルギー源です。仕事に集中するためにも大切なので、できる限りしっかりと摂りましょう。

朝活に特別なことはしなくても、朝食にこだわってみるのもおすすめです。豆を挽いてコーヒーを淹れたり、出汁をとってから味噌汁を作ってみたりと、これだけでも有意義な時間を過ごせます。

また朝食をたくさん食べて夕食を控えめにすると、日中にカロリーを消費できるので痩せやすい体になるリズムを作れるようになります。

朝カフェ

Coffee Cup Drink - Free photo on Pixabay (272421)

実はいま朝食ブーム到来中です。朝食にこだわったカフェやお店も充実しています。出勤前に美味しいコーヒーを飲みながら、おしゃれな朝食を食べられる朝カフェもおすすめです。

お気に入りのカフェを見つけて癒やしの場所にしたり、どんどん新規開拓をしてみたりと気分によっても楽しみ方を変えられます。

朝カフェは出張先などの、いつもと違う場所でも行えます。見知らぬ土地の新しい味に出会えることもできるので、充実した気持ちで1日のスタートを切れそうです。

効率的に!朝活に最適な勉強法

Laptop Woman Education - Free photo on Pixabay (272429)

出勤前の朝の時間は、どんなに早起きをしても使える時間が限られています。その限られた時間をどれだけ有効的に使えるかも、朝活のポイントです。

すっきりとした脳にたくさんの情報を取り入れるための、最適な勉強方法を紹介します。

音声教材

Music Headphones Wireless - Free photo on Pixabay (272443)

いつでもどこでも使える音声教材は、無駄をなるべく減らしたい朝活に最適です。音声教材は暗記するものや、発音が重要視される英会話の勉強などにとても効果的。繰り返し聞くだけで、自然と頭に入ってきます。

特に英会話などは、どんなに筆記ができても実際に聞き取り発音ができなければ意味がありません。ネイティブな発音を繰り返し聞くことで、実用的な英会話を身につけましょう。

暗記物に関しては、苦手とする項目を自身の声で録音し繰り返し聞くだけでも効果的です。

アーミーメゾット

Study School Learn Education - Free photo on Pixabay (272436)

アーミーメゾットという勉強方法を知っていますか?これは体を動かしながら、学ぶ方法のことを指します。運動をすることで脳が活性化し、より情報を吸収しやすくなると言われています。

体の動かし方は何でもOKです。ジョギングしたりウォーキングしたりしながら、耳で聞いて学んでいきましょう。スキルアップをしながら、運動不足も解消できます。

小テスト形式

Board School Uni - Free image on Pixabay (272447)

短時間を有効的に使う勉強方法のひとつに、小テスト方式もおすすめです。朝に行うことで集中力が高まり、本当に覚えているかもチェクできます。

問題集を繰り返し解くことで、自身の苦手分野も見えてくるでしょう。朝活は日々のルーティンにしやすいので、復習が必要となる勉強にはとても最適です。

試験などが近づいてきたら、時間を計って本番さながらのシチュエーションでのぞむと自信に繋がります。

挫折しない!朝活で勉強をする時のコツ

Coffee Cafe Table - Free photo on Pixabay (272452)

決意をしてみたものの、生活習慣を急に変えるのはとても大変なことです。とりあえず起きてみたものの、結局頭が働かないままボーっとした状態で過ごしてしまい、早起きした意味が無かったということが無いようにしたいものです。

眠気が残っていても、次に紹介するコツを取り入れるだけで目覚めが良くなり、頭が活性化します。特に朝が苦手と感じている人は要チェックです。

起床をしたら水を飲む

Water Glass Of Cup - Free photo on Pixabay (272459)

朝起きたらまずはコップ1杯の水を飲みましょう。睡眠中は体だけでは無く、脳も休んでいます。コップ1杯の水を飲むだけで、自律神経が刺激されて脳が活性化することに繋がるのです。

起床後は水分不足の状態になっています。カラカラになった体を潤すためにも、起きてすぐ水を飲むのはとても大切なことのひとつです。

日光を浴びる

Jungle Pathway Steps - Free photo on Pixabay (272472)

2 / 5

130 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪