ピアスを開けてるのをバレない様に穴を隠す方法9選!学校も欺ける?

ピアスを早く開けたいけれど、学校や親にバレたくないという人も多いのではないでしょうか。ピアス自体をつけていなくても穴が空いていることでピアスを開けたことがバレてしまいます。今回はピアスを開けているのをバレない方法9選を紹介します。

ピアスを開けることで自分が強くなったかのように感じる人もいます。ピアスを開けることは多少の痛みを伴うため、痛みが怖くて開けられない人もいます。

女性の中には社会的に弱い立場に見られることに反発して自分を強く見せたいと感じる女性は少なくなく、男性も自分を強く見せるためにピアス多く開けたり穴を拡張したりする人はいますが、その心理は少し異なるようです。

また、ピアスを開けることで自分が強くなったかのように感じ、今までよりも自分に自信が持てる人もいます。

大人への憧れ

Piano Dry Flowers Antique - Free photo on Pixabay (538970)

ピアスを開けるのは高校を卒業してから許される人が多いため、ピアスを開けることが大人の女性に近づいた証だと感じる人も多いです。若い頃は自由な大人に憧れ、早く大人になりたいと、大人にしかできないことを真似たいと誰もが感じることでしょう。

ピアスを開けるだけで周りよりも大人になった感じがし、皆よりも一歩先を生きている優越感に浸れるようです。しかし実際には若い頃に開けたピアスを閉じたくても定着して閉じれず、開けた事を後悔している人もいます。

ピアスを開けるのは社会人になってからでも遅くない

Adult Mother Daughter - Free photo on Pixabay (538975)

ピアスを早いうちに開けたい、早く大人になりたいと急ぐのは珍しいことではありません。しかし、規則で許されていない時期にピアスを開けると、隠すこと自体がストレスとなって純粋にピアスを楽しめなくなってしまいます。

ピアスの規則から自由になるのは社会人からと言えます。こそこそするよりも、自由に楽しめる年齢まで待ってからピアスを開けても決して遅くはありません。

ピアスを開けられない時期はイヤリングをつける事で、穴を開けなくても規則の中でお洒落を楽しむことができるでしょう。

5 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪