ピアスを開けてるのをバレない様に穴を隠す方法9選!学校も欺ける?

ピアスを早く開けたいけれど、学校や親にバレたくないという人も多いのではないでしょうか。ピアス自体をつけていなくても穴が空いていることでピアスを開けたことがバレてしまいます。今回はピアスを開けているのをバレない方法9選を紹介します。

ファーストピアスを清潔に保つことで1番大切なのは洗浄を怠らないことです。ピアスを開けたての頃は怖くてついついそっとしてしまいますが、洗わないことで雑菌が中に入り込んでしまうこともあります。

お風呂のたびにシャワーでピアスの穴の周辺をきれいに洗い流し、ピアスを前後に動かしてピアスと穴の間に雑菌が溜まらないように気をつけましょう。毎日ピアスを動かしながら洗うことで、穴の中の皮膚がどれくらい乾いて定着してきたかを知ることができます。

プールなどに入らない

Pool Swimming - Free photo on Pixabay (538949)

ピアスを開けたての頃は傷になっている状態であり、そこからばい菌が入る事で炎症が起こります。プールや海水浴は目には見えない雑菌が多く、炎症の元となることが多いのでできるだけ控えることをおすすめします。

海は塩水のため、ピアスに使われている金属によっては錆びてしまい、使えなくなるものもあります。また、汗などによっても炎症が起こりやすいので、開けるのであれば夏の季節は避けた方が無難でしょう。

少なくともファーストピアスを着けている時期は雑菌の多い場所は避け、予めそのような予定が数ヶ月ない時期を選んでピアスを開けましょう。

シャンプーなどきちんと洗い流す

Hairdresser Shampoo Massage - Free photo on Pixabay (538950)

シャンプーやコンディショナーをきちんと洗い流せていない人は意外と多く、これがピアスの穴に入り込むと炎症を起こす場合があります。石鹸などは皮膚に害が少ないものがほとんどですが、皮膚が完成していないピアスの穴はとても敏感であり、すぐに炎症を起こしてしまいます。

自分でも気づかずうちに石鹸類が付いていることがあるため、お風呂から上がる際にはピアスの穴の周辺を重点的に洗い流し、洗い残しがないようにしましょう。

開けたてであっても、水がしみることはほとんどないため、怖がらずにしっかりとシャワーを当てましょう。

定期的に消毒をする

Spray Bottle Cleaning Supplies - Free photo on Pixabay (538951)

定期的に消毒する事もファーストピアスを清潔に保つためには必要な事です。消毒することでばい菌が入ってしまっても、その菌を殺し炎症を起こらないようにしてくれる作用があります。

医療機関でピアスを開けた場合は、その場所によって消毒について指導されることは異なるため、基本的には医師の指示に従いましょう。毎日消毒するように指導するところもあれば、違和感を感じた時だけ消毒するように指導するところもあります。

それでもピアスを開けて間も無くは皮膚が敏感になっています。少しでも異変を感じたら皮膚科などの医療機関を受診し、重症化する前に診てもらいましょう。

ピアスが学校側にバレてしまった時の言い訳

Man Sitting Folded Arms - Free photo on Pixabay (538955)

ピアスの穴を隠してもバレてしまう事もあります。特に学校の規則の場合、先生たちも生徒が服装指導の時にピアスの穴を隠すことを知っているため、それを見つけるのに関してはプロです。

バレてしまっては生徒指導の対象になったり部活ができなくなってしまうこともあります。ではどのような言い訳をしたらいいのでしょうか。

「中東の文化で・・・」

Desert Sand Dune - Free photo on Pixabay (538957)

海外にルーツを持つ場合には、それを言い訳にすることで許してもらえる事もあります。中東を始めとするイスラム圏の女性は女の子であれば生まれてすぐにピアスを開けることが普通であり、日本に住んでいたとしてもその文化の影響で親が子供にピアスを開けるケースもあります。

しかし、純日本人で中東とは縁もゆかりもない場合、怪しまれることは避けられません。言い訳をして事を大きくして怒られるよりも素直にピアスを開けた事を認めて謝る方が怒られなくて済む事もあります。

「規則を知らなかった」

Referee Sports Fair - Free photo on Pixabay (538959)

規則自体を知らなかったと言い訳する方法もあります。この方法は普段から真面目な生活態度をしている場合は、1度であれば見逃してもらえ、穴がふさがるまでピアスを着けないように指導されるだけで済む場合もあるようです。

また、高校に入りたてで開けてしまった場合は本当に規則を知らなかった生徒もいるため、そこまできつくは怒られないようです。しかし、学校に長くいたり全体にピアスを開けないように指導された場合はこの言い訳は使えず、言い訳したこと自体を怒られる事もあるので注意が必要です。

「小さい頃に開けて塞がらない」

Siblings Brother Sister - Free photo on Pixabay (538961)

日本では高校を卒業してからおしゃれの一環としてピアスを開けることが普通ですが、外国では生まれてすぐに女の子はピアスを開けられることがあります。

小さい頃に外国に住んでいた場合には、小さい頃にピアスを開けたため今は着けていなくても穴が定着して塞がらないという言い訳が通用するかもしれません。

しかし、保護者に連絡が入った場合にはすぐに嘘だとバレてしまいます。本当に小さい頃に開けた場合には塞がらないため、それ以降は指導されなくなった人もいます。

女の子は今すぐにピアスを開けたいもの?

Woman Female Beauty - Free photo on Pixabay (538964)

ピアスを開けたいと願う女性や実際にピアスを開けている女性は少なくありません。少し昔はピアスを開けるのはギャルややんちゃなイメージでしたが、時代とともに受け入れられるようになり、今では女性がピアスを付けていても許容範囲であれば変な目で見られることはありません。

では、なぜ女性は今すぐにでもピアスを開けたいと思うのでしょうか。

ファッションの一環

Fashion Beautiful Woman - Free photo on Pixabay (538967)

日本人女性がピアスを開けるのは、ほとんどがファッションの一環であります。海外の文化ではピアス が儀式の一部になっているところや女性を示すものであるところもありますが、日本ではこれらの意味を持たず、単にピアスをつけたほうがおしゃれの幅が広がるからと開ける人が多いです。

女性用のピアスは色や形もバラエティーに富んだものが多く、ピアスに意味を込めるよりも単に見た目がおしゃれなものを選ぶ傾向にあります。

自分を強く見せたい

Word Encourage Scrabble Tiles - Free photo on Pixabay (538968)

4 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪