2019年6月13日 更新

癒えない心の傷の癒し方!心の傷の診断方法や気分転換する方法も

一度心に深い傷を負ってしまうとなかなか癒やしているつもりでも言えないという人も多いです。特に心の傷でも恋愛面においての心の傷は深くなりやすいです。そのような心の傷でも診断方法や癒し方が存在します。心の傷の癒し方や気分転換の方法を含めご紹介します。

心の傷とは

Girl Sadness Loneliness - Free photo on Pixabay (364399)

心の傷は人によって入り具合が大きく異なりますが、辛い経験をした際などや、他の人から辛い言葉を投げかけられたことから心に傷を負う場合が多いです。

このような心の傷ですが、誰しも背負ってしまう可能性が存在し、心の傷が深くなってしまうほどうつ病になる可能性が極めて高くなりやすいです。

心の傷を癒そうとしても中々癒やすことができないという人も多いので、今回は心の傷の癒し方や、心の傷との向き合い方についてご紹介していきますので、心に傷を負っているという人はぜひご参考にしてください。

心の傷がある?簡易診断!

Checklist Check List - Free photo on Pixabay (364401)

まず最初は心の傷があるかどうかわかるチェック診断についてご紹介します。というのも、最初にも触れましたが、人によって心の傷を負っている状態は大きく異なり、様々なことが重なって、深く心に傷を追ってしまっている場合もあります。

次にご紹介するチェック診断で該当することが多ければ多いほど心に深い傷を負っている可能性が高いです。心の傷が深い場合は病んでしまう危険性もあるので、できればすぐにでも心を癒やしていくことがおすすめなので、みなさんも心に傷を負っていないかわかる、心の傷チェック診断をご紹介しますので、是非チェックしてみてください。

常に笑顔でいる

Girl Portrait Hair - Free photo on Pixabay (364402)

普段の日常生活の中で、常に笑顔でいるような人、笑顔で居続けるように意識しているような人は心に傷を負っている可能性が高いです。

もちろん普通に笑顔でいるように意識をしている人もいるのですが、笑顔で居続けるように意識しているような人は過去に失敗したことがあり、そのような様子を見破られないようにしている心理が働いている場合が多いです。

自然な笑顔であれば喜びや自然と作れている笑顔なので、心に傷を負っている可能性は少ないのですが、ぎこちない笑顔の場合は心に傷を負っている可能性が極めて高いと言えます。

人間不信気味

Doubt Portrait Doubts - Free photo on Pixabay (364403)

次に挙げられる点は人によって大きく異なりますが、人間不信気味であるという人は心に傷を負っている可能性があります。人間不信は人に裏切られたときなどや、陥れられた時などになってしまう人が多いのですが、人間不信になってしまっているだけでなくても、やや人間不信気味にあるという人も心に傷を負っている可能性が高いです。

人間不信はなかなか消えるものではなく、心の傷と共に深く残ってしまう可能性もあるので、人間不信気味の人はできれば心を癒やして人間不信でなくなるようにしていくのがおすすめです。

すぐに後悔する

Lonely Man Sitting - Free photo on Pixabay (364404)

普段過ごしているといろいろな物事がありますが、些細なことでもすぐに後悔してしまうような人も心に傷を負っている可能性が高いです。後悔だけでなく、考えすぎてしまう人にも該当しやすいのですが、後悔をすぐにしてしまうような人は過去に自らの考えによって失敗したことがある人である可能性が高く、このような辛い経験から後悔してしまうくせがついてしまっている状態にあります。

もちろん後悔や反省をして同じ轍を踏まないようにするのはいいことなのですが、すぐに物事に対して後悔をしていると前向きな気持ちにもなりにくいので、この状態の人は注意が必要です。

特定の相手に依存しがち

Female Alcoholism Woman Girl - Free photo on Pixabay (364409)

人によって心の傷の形は異なりますが、中には特定の相手に依存してしまう人もいます。このような特定の人物に依存してしまうという状態は家族であったり、親友・恋人に依存してしまうような事が多いです。

人に依存してしまうような状態は人間不信に近く、人に騙されて辛い経験をしたことがある人や、愛情を受けることがなく育ってきた状態の時に起きやすいです。

このような人に依存してしまうという状態は精神障害に陥っている状態でもあるので、心の傷が深いと言っても過言ではありません。

自己表現が苦手

Man Model Fashion - Free photo on Pixabay (364411)

特定の人に依存しているという点に似ているのですが、自己表現が苦手という人も心に傷を負っている人と言えます。これは何故かと言うと、元から自己表現が苦手で、恥ずかしいという人もいるのですが、自己表現が苦手な多くの人は過去に自分の自己表現をしようとした際に人から批判されたような経験がある人が多いです。

自己表現を認められることで人から認められているという気持ちになることが多いため、自己表現が苦手な人は心のうちに考えや気持ちをしまってしまいやすく、心に深い傷となって積み重なってしまいやすいです。

他人からどう思われるか気になる

Woman Look Wondering - Free photo on Pixabay (364412)

他人からどう思われるか気になるという人も心に傷を負っている可能性が高いと言えます。他人からどう思われているのか気になるという人は言葉からもわかるように、周囲の評価に対して常に気にしているような状態でもあるのですが、周りの人の様子を伺う状態は疑心暗鬼・人間不信になっているような状態に近いです。

人から常に好かれることによって自分というものを作っている状態でもあり、人から嫌われたことがある経験から来ている可能性が高いので、心に深い傷を負っている可能性が高いと言えます。

裏表が激しい

Yin Yang Asian Harmony - Free vector graphic on Pixabay (364413)

心の傷があるかどうか分かるチェック診断としては他にも裏表が激しいかどうかも挙げられます。これは何故かと言うと、裏表が激しい人は感情のON・OFFが得意な人でもあるのですが、素直な感情を押し殺しているような状態でもあります。

そのため、常に心を押し殺すように意識しているような状態であり、このような状態になっているのはやはり人に裏切られたり、辛い言葉を言われたことからもう二度とないように感情を押し殺している場合が多いです。

裏表が激しいような人は感情が爆発してしまった際に危険な行動を取ることも多いので要注意が必要です。

心の傷がなかなか癒えない理由

Bullying Child Finger - Free photo on Pixabay (364414)

1 / 4

115 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【診断】失恋うつの症状と克服方法は?復縁以外で克服する方法

【診断】失恋うつの症状と克服方法は?復縁以外で克服する方法

失恋をすると悲しみのあまり鬱になってしまう人が居ます。もしかして自分もそうかもと思い当たる人は診断でチェックしてみましょう。思ったよりも症状が重い人もいるので克服する方法も合わせて知ることが出来ます。またそんな失恋に復縁を願う人も必見です。
【診断】希死念慮の原因は?子供の頃から消えない希死念慮の消し方とは

【診断】希死念慮の原因は?子供の頃から消えない希死念慮の消し方とは

あなたは、「死にたい」と思ったことがありますか?昨今、うつ病などの気分障害や精神疾患が社会問題となっています。希死念慮が消えないときの対処法、消し方、診断、原因などについて解説していきます。子どもの頃から希死念慮に悩まされている方も是非ご一読ください。
【診断】無気力症候群は甘え?無気力症候群の症状や原因と治療方法

【診断】無気力症候群は甘え?無気力症候群の症状や原因と治療方法

無気力症候群という言葉を聞いたことがありますか?ただの甘えとも捉えられることも多い症状ですが、放置すると仕事に支障をきたします。まずは無気力症候群とはどのようなものなのか一度診断をしてみましょう。無気力症候群になる原因や改善するための治療方法をご紹介します。
【診断】心配性の原因と克服方法!過度な心配性は病気?

【診断】心配性の原因と克服方法!過度な心配性は病気?

人より不安な気持ちが大きく、恋人のことや仕事のことについて心配しやすい方はいませんか。実は心配性になる原因があったのです!更に、心配性かどうか診断するためのチェック項目や、「心配性は病気なのか」「治し方はあるのか」などの疑問や克服の仕方についても解説します。
【診断】ファザコンの特徴や心理と恋愛傾向!原因と克服方法は?

【診断】ファザコンの特徴や心理と恋愛傾向!原因と克服方法は?

ファザコンの人は増えていると言われているのですが、ファザコンには特徴や心理がわかりやすいです。しかし、ファザコンは結婚や恋愛にも影響があり、原因を把握していないと克服できません。今回はファザコンの原因や特徴、診断を含めてファザコンについてご紹介します。

この記事のキーワード