室蘭女子高生失踪事件の概要!未だ分からない真相と現在の動きも

2001年3月6日、ある女子高生が姿を消しました。失踪前の防犯カメラには女子高生が万引きをした姿が写っていたですとか、容疑者は女子高生のバイト先のパン屋オーナーではないか?などの噂が多く飛び交っていました。事件の真相は?事件が解決する日は来るのでしょうか?

目次

未解決事件「室蘭女子高生失踪事件」について

Girl Sadness Loneliness - Free photo on Pixabay (450357)

2001年3月6日の午後1時ごろ、北海道室蘭市に住む当時16歳の女子高生が突然姿を消しました。アルバイト先のパン屋に向かっている途中に行方がわからなくなってしまったのです。

数々の目撃証言があったものの、立ち寄ったスーパーの防犯カメラに写っているのを最後に、女子高生の足取りは途絶えてしまいました。

懸命な捜索も空しく、女子高生は事件発生から18年経った現在も発見されていません。謎が残るこの事件の詳細をご紹介します。

室蘭女子高生失踪事件の概要

Light Non Rainwater - Free photo on Pixabay (450369)

2001年3月6日、北海道室蘭市で一人の女子高生が忽然と姿を消しました。この日女子高生が通う高校では入試テストがあり、休校となっています。

バイト先のパン屋でコーヒーの淹れ方の講習を受けるため、女子高生は正午前に「13時過ぎにお店に行く」という電話をし、店舗の従業員が受けています。

コーヒー講習に向かう途中で女子高生は姿を消してしまいました。しかし女子高生の行動を含め不可解な点が多くあり、捜査も進展することはなく未だに未解決なのです。

この美人女子高生の失踪事件は未解決でありながら、事件から18年経った現在でも世間の関心は衰えていません。

失踪したのは当時高校1年生だった千田麻未さん

Model Fashion Attractive - Free photo on Pixabay (450391)

失踪したのは当時高校一年生(16歳)だった千田麻未さんです。麻未さんは美人で成績も優秀、性格も明るくて優しいと評判の生徒でした。

几帳面で律儀なので無責任なことをするような人ではない。と、麻未さんを知る人物は口を揃えて言います。当時の友人は未だに麻未さんの情報提供を呼びかける活動をしている人もいるようです。

このことからも麻未さんが人から恨まれるようなことや、自発的に行方を晦ませるという可能性は低いと言えるのではないでしょうか。

発生現場は北海道室蘭市の繁華街

Blue Sky Green - Free photo on Pixabay (450384)

白昼で人通りもそれなりにある繁華街で千田麻未さんは突然姿を消してしまいました。数名の同級生の目撃証言はあるものの、同乗していたはずのバス乗客からの証言がないなど、不可解なことが数多くあります。

麻未さんが受信したPHSの基地局の情報などから『東町2丁目』ということがわかっており、その基地局から100m以内の場所にいたのではないか?と推察されているのです。

また繁華街でありながらも、人通りが少ない場所もあるとの情報もあります。

バイト先のパン屋の本店に行く予定だった

Bread Loaf Of Crust - Free photo on Pixabay (450397)

千田麻未さんは家から30mほどの距離にある大型スーパー内のパン屋で、事件の3ヶ月ほど前からアルバイトしていました。

コーヒー講習は普段のアルバイト先であるパン屋ではなく、パン屋の本店で行われるということでした。パン屋本店は麻未さんの自宅から7キロほどの距離にあり、麻未さんが通う高校の方向にパン屋本店があったことから、彼女は通学で利用している定期券を使用してバスに乗ったのではないか?とされています。

麻未さんは外出しコンビニに立ち寄った

Store Convenience Quick Shop - Free image on Pixabay (450407)

千田麻未さんは自宅を出てすぐ近くのバス停でバスに乗車しておらず、どこかに立ち寄ってからバスに乗ったのではないかと言われています。

麻未さんはパン屋に向かう前にコンビニで面接をしていたなどという話がまことしやかにされていますが、防犯カメラなどの情報もないことから、コンビニに立ち寄ったという話自体、噂の域を出ません。

ただし事件との関連性もないことから、この情報はあまり重要視されていないようです。

バスに乗車しパン屋本店最寄のバス停から3つ目のバス停で降りる

Bus Tram Omnibus - Free photo on Pixabay (450417)

12時56分、麻未さんを乗せたバスはパン屋本店の最寄停留所である『東通り』に到着しますが、麻未さんはそのバス停で降りず、そこから3つ先の停留所『東町2丁目』で降りたというのです。

東通りのバス停で降りれば、約束の時間である13時には間に合うはすです。しかし東町2丁目にバスが到着するのは13時3分頃。

約束の時間が迫っていたのにも関わらず、麻未さんはなぜ3つも先の停留所までバスに乗っていたのでしょうか?このことは現在でも謎とされており、ネット上でも様々な憶測が飛び交っています。

室蘭サティに入り化粧品売り場を歩く

Makeup Brush Make Up - Free photo on Pixabay (450422)

バスを降りた麻未さんは室蘭サティに入り、買い物をする様子もなく化粧品売り場をブラブラしながら過しています。

13時4分から13時26分頃までの22分の間、まるで時間を潰すような麻未さんの姿は防犯カメラの映像に残されているのです。

パン屋本店に行くのは13時過ぎの約束であり、約束の時間はとうに過ぎているのにも関わらず防犯カメラに映っている麻未さんに慌てた様子は見られません。

日頃から時間にルーズな人であるならそのような事もあるかもしれませんが、麻未さんは日頃から几帳面な性格であったため、麻未さんのこの行動は不可解な点の一つとされています。

市内を走る循環バスに乗車

Morning Golden Sun Yellow - Free photo on Pixabay (450428)

室蘭サティを出た麻未さんは室蘭サティ付近にある『東町2丁目』バス停付近で同級生2人と道路越しに挨拶をしています。

そしてその後パン屋本店に向かうために『東町2丁目』のバス停から13時30分頃に発車する循環バスに乗り、パン屋から近い『東通り』のバス停で13時41分頃に降車したとされています。

このバスには23人の乗客がいたものの麻未さんの目撃情報は一切得られていないため、推測の域を出ないということです。

バス会社によると、その時に通学定期券を利用していた人物が一人だけおり、それが麻未さんだったのではないかとみられています。

交際相手の男性が麻未さんにPHSで電話をかける

Backpack Iphone Smart Phone Cell - Free photo on Pixabay (450436)

1 / 8

関連する記事 こんな記事も人気です♪