テンガは再利用できる?使い捨てのテンガを再利用する方法とは?

男性にお馴染みの「テンガ」。「エッグ」など様々なシリーズがありますが基本的に使い捨てのもののため、もったいないと感じている男性は多いですよね。ここではテンガについて、再利用するための「分解して洗う」「コンドームをつける」方法について詳しくご紹介していきます。

テンガは再利用できる?

Recycle Reuse Recycling - Free photo on Pixabay (157878)

男性の一人エッチの道具として有名な「テンガ」、使ったことがある男性がほとんどではないでしょうか。ご存知の通り、テンガの商品の多くは一回きりの使い捨てのものになっています。そのため、使ったことのある男性のほとんどが「一回で捨てるのはもったいない…」「再利用できる方法はないのか。」と考えたこともあると思います。

正しい使い方としては一度使ったら捨てるというのが基本ですが、様々な方法で再利用している人もいるようです。また、正式に再利用できるテンガの商品もあるみたいなのでご紹介していきます。

まずはテンガについてよく知ろう

Child Reading Bible - Free photo on Pixabay (158837)

テンガとは男性にとってはお馴染みのものだとは思いますが、女性にとっては聞いたことはあってもあまり馴染みがなく、「テンガ」そのものについてあまりよく知らないという人も多いと思います。

ここでは「テンガ」とはどんな特徴があって、コストパフォーマンスはどのくらいなのかなどについて詳しくご紹介していきます。「テンガを使ったことがない。」という男性も、テンガについて知ることで「使ってみたい!」と感じること間違いナシです。

テンガの特徴

Magnifying Glass Flexibility - Free photo on Pixabay (158868)

テンガのコンセプトとして「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」ということを掲げているため、アダルトグッズではありますが見た目は非常にスタイリッシュとなっています。

このように性的なこと、性的な製品に対しての「うしろめたい、あやしい、いやらしい」というようなイメージを払拭させ、性に対しての人々の意識を変えてきました。今までのの類似品には無かった「一般性の獲得」や「機能とデザインの融合」を実現してきたと言えます。

テンガのコストパフォーマンス

Coins Banknotes Money - Free photo on Pixabay (158897)

テンガの商品は数えきれないほど様々なシリーズがあります。そのため、価格もピンキリとなっています。使い捨てのものであれば一般的には「約198円~750円」という価格設定になっています。また、再利用のものであれば「約6,800円」くらいが平均的な価格です。

このように比較してみると使い捨てのものと再利用できるもので、やはりそれぞれ大きく価格が違ってくると言えます。商品にもよりますが、使い捨てで750円だとあまりコストパフォーマンスは良いとは言えませんね。

使い捨てテンガを再利用する方法

Icon Clipart Recycle - Free image on Pixabay (158934)

テンガの商品は中には再利用可能なものもありますが、基本的には使い捨てのものが多くなっています。使い捨てのものを使っている人にとっては、やはりどうしても「もったいない…」と感じて一回きりで捨てるのをためらってしまいますよね。そのため、「どうにか再利用できる方法はないのか?」と思ったこともあるでしょう。

使い捨ての商品でも、試行錯誤をして「分解して洗う」「コンドームを使用する」などの方法で再利用している人もいるようです。

分解して洗う

Soap Dispenser Liquid - Free photo on Pixabay (158957)

先述したものを見るとお分かりの通り、1,000円以内の商品は通常使い捨てのものとなっています。 使ったその日であれば洗って2,3回くらいは使えそうという声もあります。

しかしテンガの構造上、一度使うと内部に黄色いものが溜まったり、洗おうとしてもケースがつっかかって指が奥まで届かず綺麗に洗えきれなかったりするため、そうそう何度も使えるというものではありません。一度テンガを分解するとわかりますが、普通のテンガは複雑な構造のため、うまく洗うことはできません。

コンドームを使用する

Red Condoms Contraception - Free photo on Pixabay (158978)

「ローションをこまめに足しているか」や「早漏・遅漏の程度」にもよりますが、早漏の人であればその分テンガも長持ちし、遅漏であればすぐに中がボロボロになって裂けてしまったりします。そのため、人によってはコンドームとテンガの合わせ使いと、ローションを足すことで10回程度再利用する人もいるようです。

しかし、こまめにローションを足すなどをしないとコンドームとテンガが擦れて、上手く再利用ができない事もあります。

テンガを再利用する危険性

Pirate Crossbones Skull - Free vector graphic on Pixabay (159012)

使い捨てのテンガを再利用するための方法として「分解して洗う方法」や「コンドームを使用する方法」をご紹介しました。一見、「この方法を試せば安価で何度も再利用することができるのでは」と感じますが、使い捨てのものを再利用することで大きなリスクを伴う可能性が高いと言われています。

再利用することで一番の危険性と考えられているのが、「尿道炎などの病気になるリスク」があるということです。使い捨てのテンガを再利用することの危険性についてご紹介していきます。

尿道炎などの病気リスク

Thermometer Headache Pain - Free photo on Pixabay (159050)

使い捨てテンガを再利用する方法を少し紹介しましたが、うかつに再利用すると健康上に大きなリスクがあるかもしれません。特に生や外出しの再利用は、やめておいたほうがいいでしょう。なぜかと言うと、テンガの利用中は必ずガマン汁が出ていますし、よっぽど性器を清潔に保って使わない事には、テンガの中は多くの雑菌が繁殖していきます。

そのため、雑菌だらけのテンガに再度性器を挿入するということになり、いつ病気になってもおかしくありません。

複雑な構造なのでしっかり洗うのは難しい

Shower Head Water Drop Of - Free photo on Pixabay (159064)

テンガに限らず、いわゆる「オナホ」というものはご存知の通り女性の性器を再現しているものです。そのため、女性の性器と同じように「テンガ」の中も非常に複雑で細かい構造になっています。また、周りは固いプラスチック製のものとなっており思うように指が届かなかったり、細かいところまで洗うのは難しくなっています。

細かいところまでしっかり洗えないと雑菌が隙間に溜まった状態になってしまいますが、このように構造上うまくは洗えません。

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪

乳首でイク方法とは?男女別のコツと乳首でイクことのメリット

乳首でイク方法とは?男女別のコツと乳首でイクことのメリット

「乳首」と聞くと自然と女性を思い浮かべるものですが、実は男女問わず乳首でイケるということをご存知でしょうか。普段はオナニー自体も恥ずかしいと思っている人も、ぜひ乳首イキの開発をきわめて、セックスを楽しめるようになりましょう!
バター犬の意味と語源は?バター犬の魅力と育てる方法は?

バター犬の意味と語源は?バター犬の魅力と育てる方法は?

みなさんバター犬という言葉を耳にしたことがありますか?言葉だけは知っていても、意味や語源などについて詳しく知っている方は少ないです。本当に犬にしてもらうと下手をすれば病気にもなります。今回は具体的にバター犬の意味や魅力・注意点についてご紹介したいと思います。
ネカフェでオナニーはしても良い?ネカフェでするメリットと方法も

ネカフェでオナニーはしても良い?ネカフェでするメリットと方法も

ネカフェでのオナニーに憧れたことはありませんか?家でのオナニーでは味わえないスリルや興奮が魅力のネカフェオナニーですが、方法や注意点を知っている人は少ないはずです。この記事では、メリットやデメリットも合わせてネカフェオナニーについてじっくり解説していきます。
膣圧の測定方法と平均値は?膣圧のトレーニング法とおすすめグッズも

膣圧の測定方法と平均値は?膣圧のトレーニング法とおすすめグッズも

握力のように膣の圧にも平均的な数値があります。膣圧を高めるトレーニングすると膣の力でバナナをちぎることもできるのだとか。測定できるバイブや膣トレをしながらオナニーを楽しめるアイテムもあるので、体の中から自分磨きを始めてみてはいかがでしょうか。
アナルは気持ちいい?男女の本音とアナルプレイの方法や注意点

アナルは気持ちいい?男女の本音とアナルプレイの方法や注意点

アナルプレイって敷居が高くて挑戦したことがないひとが多いのではないでしょうか?アナルプレイは女性でも男性でも楽しめるプレイとなっています。今回はオナニーでも使えるディルドやバイブ、プラグなどのおもちゃの紹介も含めてアナルプレイの流れを紹介します!

この記事のキーワード