2019年4月24日 更新

恥丘の腫れや痛みと痒みの原因は?恥丘の悩みの解決法とタトゥーの存在

恥丘に何かしらのトラブルを持つ女性は多くいます。トラブルの内容は腫れや痛み、痒みと多種にわたるのでその対処方法も悩むことが多いです。人によっては恥丘にタトゥーを入れる人も多いようですが、あなたは恥丘を大事にしていますか?

恥丘に痒みがある原因  

 (218490)

「痛み」や「腫れ」があると、何か病気のサインでは…と気にして治療への意識も高まるものです。しかし「痒み」となると、一時的なかぶれや蒸れなのでは、とあまり深刻に捉えないで放っておくという人も多いです。

しかし、デリケート部分においては通常とは違うということは他の身体の部位以上に注意して、早めの対応や治療を心がける必要があります。自分だけで判断せず、痒みがでたらどのような場合が考えられるのかの事例も確認しておきましょう。これらに当てはまる、当てはまらないに関わらず、「不快」と感じたら早めに医師の診療を受けたりといった行動い移すことをお勧めします。

清潔にされていないから

 (218494)

身体のどの部分においても、「痒み」が出てくる場合はそこが清潔に保たれいないことが原因となっているパターンが多いです。髪の毛や先の下、足などお風呂の時にしっかり洗えてなかったり洗い残しがあると、服を着てからも痒みが出てしまいます。

デリケートゾーンはなおさら、少しでも清潔な状態が崩れてしまうと、すぐに「痒み」となって身体に出てしまいます。一番多いのは、オリモノや尿失禁用につかっているナプキンが長時間変えられていなかったり、湿気がこもる状態が続いて菌で増えてしまうというパターンです。

肌質が敏感な人は、普段からナプキンの質を敏感肌に変えたり、通気性が良いものを選ぶなどして遅くても2時間に一度は交換するように心がけましょう。

 生理前でむくんだ  

 (218552)

毎月、生理という憂鬱な時期を迎える女性にとっては「生理=むくみ」のイメージはセットになっている人が多いでしょう。顔だけでなく、足やお腹、手までもパンパンに腫れたり、思い倦怠感を持つのは女性に生まれたから仕方ないと受け入れるにせよ、やはり気分が沈んでしまう者です。

恥丘もむくむ場所として例外ではありません。恥丘の中にも毛細血管が多く張り巡らされています。女性のホルモンバランスの変化によって、水分を取り込む度合いも変わってくるので、同じように浮腫むことはありません。普段とは違う厚みになるわけですから、当然向かい側の皮膚とも触れ合い痒みを感じることになります。

生理中はすぐに浮腫みと痒みをおさえることは難しいですが、前の日や夜は塩分を控えるなどして、普段以上に体内の浸透圧が急激に変化しにような食生活を心がけるようにしましょう。

菌が繁殖しているから

 (218495)

菌の繁殖が原因で起こる「痒み」には、カンジダ・雑菌・トリコモナスといった病原菌による感染やかぶれが挙げられます。カンジダや雑菌は体調が万全のときでも普段から皮膚の表面にいる微生物です。性行為がきっかけで痒みが起こる場合もありますが、性病とはまた違います。

体調が悪い時や、腟内の環境が変化したり、むれやすい服装を着ることが多い季節にはよく起こることがあります。感染を引きおこす病原菌の多くは、もともと腟や腸、皮膚にいるものなので、人間は免疫力によってこれらの病原菌が増えないように調整しています。この御するしくみが弱くなると感染しやすくなります。

恥丘の感染を防ぐためには「とりあえず洗う!」と考える人も多いようですが、同時に身体の中から免疫力を高ておくよう普段の生活から注意をしておく必要があります。

恥丘の悩みを解決する方法  

 (218497)

デリケートゾーンのことなだけに、なかなか悩みの相談先が見つかりにくい恥丘の問題。出来たらネットや情報誌で自分で情報を得て解決したいものですが、その情報量も多く、自分で大切なポイントを適切に取捨選択しようと思うと至難の技になります。またその情報も、少しでも誤って解釈してしまったら、大切な体を痛めつけかねません。

これからも付き合っていく、大事な自分の体。大切にケアしていくためにも、安全性のある解決方法を4つ、ご紹介します。

産婦人科へ通う

 (218499)

やはり何といっても、専門性の高い医師の診察を受けることを一番おススメします。産婦人科は、産科と婦人科の両方を兼ねているので、妊娠して出産する人のための検査や治療と、それ以外の女性特有の病気も診てもらえます。

産婦人科の医師の多くが懸念するのが、患者さんの殆どが最初は自己判断で「大丈夫」と思いこみ、初診に来るまでにやや時間がかかりがちということです。アレルギー、細菌性腟炎等の危険性もあるため、自己判断はせずに早めに受診するようにしましょう。「恥丘という場所を診察してもらうには抵抗を感じる」と言う人も、産婦人科であれば殆どの患者さんがその部位の診察を受けているので、躊躇も少なく感じるはずです。

そこで重要なのが、病院選びです。自分にあった、信頼できる病院、医師を見つけることが大切です。自分の体のことを素直にすべて相談できたら、医師もその気持ちを十分に汲み取ってくれて、今後の対策へと導いてくれます。もし男性の医師に相談するのに緊張するという人は、遠慮せずに自分が女医を希望することも伝えておきましょう。

日用品を見直す(生理用ナプキン)

 (218502)

デリケートゾーンの悩みは日々の習慣が大きく影響することも重要なポイントです。女性は男性と違い、何といっても月に一度は「生理」がくるので、どうしても恥丘部分は蒸れやすく、トラブルのもととなりやすい環境にあります。この時期に、トラブルの危険性を最小限に抑えられるよう日頃から注意をしておきましょう。

吸水性のよさを重視したナプキンが良しとされる傾向がありますが、肌の水分まで吸い取ってしまい、場合によっては逆に肌に張り付いてかゆみの原因となってしまうことがあります。最近は肌への優しさを重視したものが増えてきているので、多くの種類を試して自分に合ったナプキンを探すようにしましょう。布ナプキンやタンポンも重宝する人は増えています。

自分にあったナプキンが見つかったら、使用するときは、長時間変えずそのままにせず、小まめに交換するようにしましょう。忙しいからと言って変えるタイミングを逃してしまうと、雑菌が繁殖しやすくなり皮ふがかぶれてしまうことがあります。おりものシートは長時間つけっぱなしにせず、日中3回くらいは交換しましょう。

日用品を見直す(ソープと保湿)

 (218505)

恥丘のかゆみや腫れ、痛みの原因で最近増えているのが「こすりすぎと洗いすぎ」です。恥丘や外陰部は皮ふが非常に薄いので、トイレットペーパーで強くこすったり、トイレの洗浄機能を使いすぎると赤くただれてしまうことがあります。トイレットペーパーを使うときは紙で押さえるようにして、あまり強く動かさしたりはしないようにしましょう。

洗う時のソープは、間違っても他の部位を洗う時に使っているボディソープをそのまま使わないようにしましょう。刺激が強すぎるので、清潔に保つことを超えて強い刺激とダメージを与えてしまいます。デリケート部分専用のソープが販売されているので、弱酸性や殺菌性、保湿性など自分に合った効用の商品を選ぶようにしましょう。

なた、皮膚の乾燥は痒みや腫れのもとになってしまうので、デリケートゾーン専用の保湿剤、もしくはアレルギー症状の出ない(使い慣れている)ボディ用の保湿剤を使ってバリア機能を高めましょう。

常備する専用アイテムをそろえる

 (218511)

辛くても我慢しがちなデリケートゾーンの悩みですが、無意識にかいたりこすったりして皮膚を傷つけないためにも、症状を和らげるお薬を普段から用意しておくのもおススメです。最近ではほとんどのドラッグストアで購入できる商品が増えてきているので、忙しくて婦人科に行けないときの良いサポートにもなります。

選ぶときは、低刺激で肌にやさしく、非ステロイドであることも判断の基準にするとよいでしょう。

男性が好む恥丘  

 (218512)

セックスで挿入するときや愛撫のときに、直接男性の目に入ってしまう恥丘ですが、男性側にも好む恥丘の形、状態があると言われています。特に女性の股間のふっくらは女性らしさの象徴のようなものなので、女性の体の丸みの中でも胸と同じくらい魅力的という声もよく聞きます。

「恥丘 」は、ラテン語で「ビーナスの山 (mound of Venus) 」を意味すると言われ、ビーナスは知ってのとおり、ローマの「愛の女神」に与えられる名前でした。女性側も「自分は違った」と悲観的に想うのではなく、女性らしさを表現する部分という意識で、男性心理に寄り添いながら少しずつ取り入れていってみましょう。

2 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デリケートゾーンのにおいの原因と対策は?市販のクリームと病気の可能性

デリケートゾーンのにおいの原因と対策は?市販のクリームと病気の可能性

これから春本番!夏に向かって気温も更に上がってきますが、気になるのがデリケートゾーンの臭いや蒸れ。女性のうち8割近くが悩んだ経験があるそうですが、殆どが誰にも言えず一人で抱えています。今回はそんなデリケートゾーンの原因と解決方法を一緒に解明していきましょう。
チンカスが多い時や臭い時の原因は?包茎の注意点と性病の可能性も

チンカスが多い時や臭い時の原因は?包茎の注意点と性病の可能性も

チンカスが多いことが原因でフェラをしてもらえないという男性は多いです。さらに、チンカスが多いと性病や臭いやかゆい状態の原因にもなりやすいです。包茎の人は特にチンカスが多くなりやすいのですが、どうすればいいのかご紹介していきます。
ラブジュースの意味とは?愛液の役割と臭いの原因や改善法

ラブジュースの意味とは?愛液の役割と臭いの原因や改善法

皆さんは「ラブジュース」という言葉をきいたことがありますでしょうか。いわゆる、「愛液」のことをこのような呼び方をします。この記事では、ラブジュースの意味だけではなく、愛液の役割や臭いの改善方法についてご紹介していきます。
支配欲の心理や原因を心理学で診断!男女別の支配欲と性欲との関係も

支配欲の心理や原因を心理学で診断!男女別の支配欲と性欲との関係も

あなたは支配欲が強いですか?それとも支配欲の強い人に振り回されていますか?この記事では、支配欲を持つ人の特徴や心理を知りたい人のために、支配欲の心理や原因を心理学で分析し、男女別の支配欲について、そして性欲との関係についても、紐解いていきたいと思います。
【年代別】友達の作り方のコツ!友達ができない原因と必要な6ステップ

【年代別】友達の作り方のコツ!友達ができない原因と必要な6ステップ

どの年代でも友達の作り方が分からずに悩んでいる人は少なからずいるものです。高校生から大学生、社会人まで友達の作り方を解説していきます。男友達を作りたい場合も女友達を作りたい場合も、自分から積極的に動きましょう。飲み友達や外国人の友達も作れるようになります!

この記事のキーワード