2019年5月27日 更新

世界三大獣害事件!動物に襲撃された世界の死亡事件まとめ

動物に襲われて亡くなってしまう事件は意外と多く、山や動物園でも起こっています。その中でも、世界三大獣害事件は被害が大きいことで知られています。動物の力強さや、彼らに勝てない私達人間のか弱さを感じられることでしょう。今回は世界や日本の獣害事件をまとめました。

世界三大獣害事件認定!

Killer Horror Jimmy - Free photo on Pixabay (306252)

獣が人間を襲うケースは世界各地で見られます。人間に危害を与える獣は敵として多くが殺される運命になります。しかしその中には未だに獣の正体が分かっていないものや、解決しないまま人間の前に姿を現さなくなったものもあります。

私達人間は自分たちが1番強くて他の動物を支配できると感じている人もいます。武器を作るだけの頭脳はあるにしても、人間の力では到底勝てない動物はこの世界にたくさんいます。また、人間を襲う獣の中には、人間による餌の乱獲によって食べるものが無くなったためと考えられるケースも少なくありません。

今回は、世界三大獣害事件を中心に、世界や日本で起きた獣害事件について詳しく紹介していきます。動物の前では人間がいかに非力なのかを感じられるでしょう。

ジェヴォーダンの獣

Buzzard King Bird Common - Free photo on Pixabay (305951)

獣に関する事件の中でも、1番有名だとされ「世界三大獣害事件」だとされているものに、「ジェヴォーダンの獣」があります。2012年にはフランスで、この事件を元に作った映画も公開されています。

では、この事件は一体なぜ今でも語り継がれ、世界一有名な獣害事件として認識されているのでしょうか。

ジェヴォーダンの獣事件

Forest Hack Blade - Free photo on Pixabay (305957)

ジェヴォーダンの獣事件は1764年、フランス南部のジェヴォーダンで発生しました。初めは14歳の女の子が襲われ、それから次々に子供や女性ばかり狙っては襲っていき、60人~100人の被害者が出たとされています。

当時はオオカミの襲撃は珍しくありませんでしたが、目撃証言から獣の正体はオオカミではない何かだとされ、「ベート」と呼ばれました。現在でもその獣が何だったのかは特定されず、未確認生物の一種ではないのかという噂をされています。

また、あれだけ捕らえるのに苦労したのに、ある男性がいとも簡単に射殺できたことから、その男性が普段から飼いならしていた獣に人間を襲わせたのではないかという陰謀説も一部でささやかれています。

獣の討伐

Landscape Autumn Twilight - Free photo on Pixabay (306007)

人々を襲ったこの獣を討伐しようと、当時の国王ルイ15世はこの地に軍を送りました。その中の1人、アントワーヌ・ドゥ・ボーテルヌが無事に仕留め、その大きさが体長1.7m、体重60kgだったため、この獣に間違いないと国民は安心しました。

捕まえられたのはユーラシアオオカミでした。これは剥製にされ、ベルサイユ宮殿に送られました。事件は無事解決したと思えた3か月後、またベートとみられる獣によって襲撃は再開したのです。

再び人々は討伐に挑み、ついに地元の猟師ジャン・シャストルによって獣は退治されました。それからはベートによる襲撃はぴったりと止みました。

ジェヴォーダンの獣の正体

Wolf Wild Animal World - Free photo on Pixabay (306060)

獣は倒されましたが、未だにその正体は判明していません。ハイエナや野犬の群れ、大きいオオカミではないかという噂はありますが、どれも証拠はありません。

色々な説が出始め、当時の人々も何が事実で何が噂なのか混乱していたようです。現在でもこの謎を解こうとする研究者もいるようです。

チャンパーワットの人喰い虎

Tiger Animals Bengal - Free photo on Pixabay (306081)

チャンパーワットの人喰い虎も世界三大獣害事件として有名な事件です。他の獣害事件とは比べられないほど死者も多く、その被害者数はトラによる被害として世界最大であり、ギネスブックにも記載されているほどです。

人々がトラを獰猛な動物として認識し始めたきっかけにもなっています。それではこのチャンパーワットの人喰い虎について、詳しく見ていきましょう。

ネパールで事件発生

Mountain Nature Landscape - Free photo on Pixabay (306087)

19世紀後半、ネパールのヒマラヤ山脈のほど近くで、ジャングルに向かう人々が次々に殺される事件が発生しました。当初人々はそれを悪魔の化身や祟りであると信じていました。しかし後にそれが一頭のベンガルトラのメスであることが判明します。

気づいた頃には被害者は200人を超えていました。ネパール政府は軍をこの地方に送り込み、このトラを退治しようと試みました。結果、退治はできなかったものの、ネパールから追い出すことに成功しました。

インドに被害が拡大

Taj Mahal India Building - Free photo on Pixabay (306089)

ネパールの縄張りから無事追い出せたため、これで一件落着かと思えました。しかし、被害は更に拡大してしまうのです。ネパールから追い出されたトラは、ネパールとインドの国境になっているシャールダー川を渡り、インドのクマーウーン地方で更に人を襲うようになりました。

以前は警戒しながらだったものの、インドに渡ってからは昼間でも堂々と行動するようになり、人々を怯えさせました。被害はどんどん拡大していき、ついに被害者は確認されているだけでも436人に。

人々はいつ襲われるか分からない恐怖に怯え、仕事を放っぽり出すなど、日常生活もままならない状態でした。

人喰い虎の射殺

Animal Bird Catch - Free photo on Pixabay (306090)

1907年、ついにイギリス人のジム・コーベットによって、世界最大の被害を出したトラは射殺されました。最後の被害者の血痕やトラの足跡をたどることでトラを発見し、銃で仕留めることができました。

この射殺は、300人以上の住民によって見守られたとのことです。彼はこの村を救った英雄としてとても敬われました。このトラは右側の犬歯が上下折れており、野生動物を襲えなくなり食べ物に困った結果、人間を襲うようになったと見られています。

ギュースターヴのナイルワニ

Alligator Animal Close-Up - Free photo on Pixabay (306136)

ナイルワニは気性が荒く、中・大型哺乳類をも食べると言われています。その中でも、ギュースターヴは特に大きい個体で人間を襲うとして伝説のようになっています。

ギュースターヴとはナイルワニの固有名詞で、ブルンジのタンガニーカ湖およびルジジ川に生息する生き物です。ナイルワニの中でも大きいことが特徴です。

通常のナイルワニは5mを超えると大物と言われる中、推定されるギュースターヴは6mを超えるとされています。顎の力も強く、軽く1トンは超えると見られ、犠牲者も多いです。

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本や世界の不思議な事件まとめ!中には未解決の事件も?

日本や世界の不思議な事件まとめ!中には未解決の事件も?

日本や世界では不思議な事件が多く起きています。未解決の事件もたくさんあり、発生理由がわからなかったり行方不明のまま見つからなかったりするものもあります。どのような事件が起きているのか日本編と世界編に分けて詳しくご紹介していきます。
光市母子殺害事件の詳細と判決!大月孝行の壮絶な生い立ちと現在は?

光市母子殺害事件の詳細と判決!大月孝行の壮絶な生い立ちと現在は?

1999年に発生した光市母子殺害事件の犯人は大月孝行(旧姓・福田)という男性でした。犯人の男は18歳という若さで主婦・乳幼児を殺害したのです。今回は光市母子殺害事件について詳細を紹介すると共に、死刑に至るまでの経緯、そして大月孝行の生い立ちを紹介して参ります。
ホモフォビアの意味と原因とは?同性愛の歴史と日本で起きた事件

ホモフォビアの意味と原因とは?同性愛の歴史と日本で起きた事件

性について寛容と言われる日本でも多く存在する『ホモフォビア』という思想をご存じでしょうか。同性愛などの性的思考と関係が深いその言葉が生まれた歴史的背景や、原因について、また世界での捉え方も同時に触れて、性的志向への議論に関しても考えて行きます。
アメリカの有名ギャング「アル・カポネ」の生涯!逮捕された理由とその後も

アメリカの有名ギャング「アル・カポネ」の生涯!逮捕された理由とその後も

アル・カポネは、20世紀のアメリカを代表するギャングです。アメリカで禁酒法が施行された時代に犯罪組織の近代化に成功し、絶大な権力を誇りました。その影響は現在まで続いています。今回は、アメリカ史上最も有名なギャング、アル・カポネの生涯に迫ります。
底なし沼は日本にも実在する?沼の仕組みや脱出法と死亡事故も

底なし沼は日本にも実在する?沼の仕組みや脱出法と死亡事故も

底なし沼は国外だけのものではなく、日本にも実在しています。ここでは、底なし沼の深さや仕組みについて解説、脱出方法・救助方法や悲しい死亡事故、また、底なし沼がある場所の特徴や底なし沼がでてくる映画や童話なども紹介していきます。

この記事のキーワード