吉田純子死刑囚の死刑執行の様子は?生い立ちや共犯者たちとの関係性

この事件は看護師4人の犯行であり、主犯格の吉田純子は死刑という判決を受けました。そして執行は朝日新聞によって伝えられました。この主犯格となった吉田純子とは子供のころからどのような生い立ちがあったのでしょうか。吉田純子の最後も含めて紹介します。

目次

吉田純子の最後の時

Girl Sitting Jetty - Free photo on Pixabay (551724)

久留米看護師連続保険金殺人事件の主犯格、吉田純子は最後まで反省の色が見られませんでした。吉田純子は言葉巧みな持ち主で、多くの人間をマインドコントロールできる程です。

そんな吉田純子は、共犯者である3人の女性をも上手く騙し、殺人に関与させます。そして殺させた相手は自分の夫達。そして、保険金は全て吉田純子の物になりました。

しかし、吉田純子は逮捕され、最後は死刑という判決で幕を閉じます。この事件は看護師である4人が起こした凶悪な事件として話題にもなり、国民にも恐怖を与えました。後に本やドラマにもなり、現在も多くの人の記憶に残っていることでしょう。

吉田純子とは?

Hijab Headscarf Portrait - Free photo on Pixabay (551726)

久留米看護師連続保険金殺人事件(福岡看護師連続保険金殺人事件)は吉田純子という人物が大きく鍵を握っていました。この事件は看護師であるからこその知識と技術で成り立つ殺人事件でした。

久留米看護師連続保険金殺人事件では、主犯格の吉田純子の他にも池上和子、石井仁美、堤美美由紀の3人が関与しています。

久留米看護師連続保険金殺人事件について詳しく話す前に、まずはどのような事件だったのか、主犯格の吉田純子の判決はどうなったのか簡単に説明します。

久留米看護師連続保険金殺人事件

Gold Ingots Golden - Free photo on Pixabay (551727)

久留米看護師連続保険金殺人事件は2001年に発覚した事件になり、看護師4人組が2人の夫を殺害し、保険金をもらうという、惨殺な事件です。

また、主犯格とされた女性が吉田純子になり、他3人の看護師は学生時代の知り合いでした。この事件は、まず犯人が看護師であるということに世界は震撼しました。本来ならば命を預かる看護師が殺人というのは、恐ろしいものです。

しかし、この保険金殺人事件は主犯格の吉田純子の手により3人もうまくコントロールされていたという尋常ではない事件でした。

2016年3月25日死刑執行

Gallows Hang Penalty Capital - Free photo on Pixabay (551728)

2001年8月に共犯者の石井ヒト美は警察に出頭します。その時に石井ヒト美は全てを警察に打ち明け、その翌年2002年4月に吉田純子含め3人の逮捕が決まりました。

その後、裁判が何度も行われますが吉田純子は自分が主犯格ということを認めず、それどころか自分は殺人を止めようとしたという訴えもありました。

しかし、第一審で吉田純子の訴えは通用せず、死刑判決を受け、2008年の最高裁判で死刑が確定し、2016年3月25日に、5人の女性を殺害した鎌田安利死刑囚と吉田純子の2人の死刑が午前に執行されました。

吉田純子の最後や死刑執行の様子は?

Sad Depressed Depression - Free photo on Pixabay (551763)

下記でも紹介しますが、吉田純子は、死刑判決が出た際にも反省の色は全く見られなかったと言います。そのことに関しては後に発売される「黒い看護師」という本を書いた森功さんも言っていました。

最後まで反省している様子はなく、吉田純子は2016年3月25日に執行されました。死刑執行の時には、暴れたという話もありますが、それは定かではなく噂でしかありません。

吉田純子はどう思っていたのか、何を考えていたのかということは最後まで分かることはありませんでした。

吉田純子の夫と子供

Baby Handle Tiny - Free photo on Pixabay (551764)

吉田純子は若くして結婚し、子供もいました。周囲から見れば普通の家族で幸せな日々を送っているように思えたでしょう。

しかし、吉田純子はそのようなものよりもお金の方が大切だったのだと分かります。この事件により、吉田純子の夫と、子供達はどのような気持ちを抱いたもでしょうか。

また、吉田純子はどのような結婚生活を過ごしていたのでしょうか。吉田純子が結婚し、子供をもうけ、その後事件を起こすまでを紹介します。

吉田純子の子供は?

Kid Child Portrait - Free photo on Pixabay (551765)

吉田純子には子供が3人います。1983年生まれの長女「紀子」と、1987年生まれの次女「エリ」、1989年生まれの三女「さやか」と3人の子供は全員女性です。

現在はみんな30代で自立しており、可能性としては、家族を持っている年齢でしょう。親子仲は良好と言えず、長女に至っては殺害計画段階まで持っていかれたとされています。

しかし、長女の紀子は自分が殺害された可能性があったにも関わらず、母親である吉田純子の保釈を賢明に求める活動をしていたようです。

親子仲が良好とも言えず、尚且つ自分が殺される可能性があったにも関わらず、母親のために動くというのは、やはり自分の母親ということが先に立った行動だったのでしょうか。

夫とは別居中だった

Family Divorce Separation - Free image on Pixabay (551767)

1981年、吉田純子が22歳の時に6歳年上の自衛官である吉田浩次さんと結婚します。その際に夫の自にて同居を始めますが、1992年、吉田純子が33歳の時に共犯者である堤美由紀が同居するようになり、夫である浩次さんと別居します。

この時には既に二人の関係は冷え切っていたということもあり、急な堤美由紀との同居により夫は出ていったのでしょう。

夫の浩次が出ていき、吉田純子と堤美由紀の共同生活が始まります。そして1996年吉田純子が37歳の年には夫浩次にローンを組ませ、高級マンションに引っ越しました。

夫の祖母の養子に

Granny Elder Flower - Free photo on Pixabay (551770)

夫浩次と結婚後、浩次の実家で結婚生活が始まりますが、普通の夫婦と違う考えが吉田純子にはありました。それは、吉田純子と浩次、二人で浩次の祖母の養子になるという普通では浮かばない行動です。

何故養子になろうとしたのか疑問ですが、これは恐らく祖母の遺産を狙ったものでしょう。この時、普通ならば浩次が断ると思うでしょうが、既に吉田純子の手に寄り洗脳されていたのか、吉田純子に従っていました。

そして、1990年、吉田純子が31歳の時に祖母が亡くなり、そのまま祖母の土地を相続し、この土地を担保に3000万円の多額な借金をして自由を堪能していたそうです。

子供たちの現在

Boys Playing Friends Children - Free photo on Pixabay (551772)

1 / 6

関連する記事 こんな記事も人気です♪