キャプテンシーの意味とは?リーダーシップとの違いやある人の特徴

キャプテンシーという言葉の意味がわからないという人も多いでしょう。よくリーダーシップという言葉と混同されますが、この記事ではキャプテンシーの意味とともに、キャプテンシーがある人の特徴や行動、キャプテンシーを身につける方法について解説していきます。

キャプテンシーとは

Student Typing Keyboard - Free photo on Pixabay (477635)

キャプテンシーとは、リーダーやキャプテン、つまりはそのチームの統率者がチーム全体をまとめる力を指す言葉です。言ってみれば、キャプテンとしての能力を示す言葉となります。

言葉の使い方としては「あのリーダーはキャプテンシーがある」「キャプテンにキャプテンシーがないからチームがまとまらない」というような使い方をします。

キャプテンシーはサッカーでよく使われる言葉です。しかし職場のチームのリーダーや会社の社長、上司などに対しても最近はよく使われるため、幅広い状況で使える言葉なのです。

リーダーシップとキャプテンシーの違いは?

Office Business Colleagues - Free photo on Pixabay (477637)

キャプテンシーと似たような意味のある言葉として、リーダーシップという言葉が存在します。この2つの言葉は同じ意味を持つ言葉として誤認されることがありますが、両者には明確な違いがあります。

リーダーシップとは、統率力がある人に対して使われる言葉です。この点ではキャプテンシーと同じですが、リーダーシップという言葉は実際にリーダーという役職に就いていない人にも使われる言葉です。

しかしキャプテンシーはチームのトップにいる人にしか使いません。そのため、この二つの言葉は相手の立場によって使い分ける必要があるということになります。

キャプテンシーがある人の行動

Tie Necktie Adjust - Free photo on Pixabay (477638)

実際にキャプテンシーがある人はどのような行動を取り、統率力を発揮するのでしょうか。そこでここからはキャプテンシーがある人がどのような行動を取るのか紹介していきます。

あなたがキャプテンやリーダーになったとき、これから紹介するような行動を取れば、しっかり統率力を発揮できるということです。それができれば上司からの評価にも繋がるでしょう。

キャプテンシーを発揮するためのノウハウを身につけるためにも、キャプテンシーがある人はどのような行動を取るものなのか、しっかり理解しておいてください。

自ら率先して声を出しチームを盛り上げる

Men Employees Suit - Free photo on Pixabay (477639)

キャプテンシーがある人は自ら率先して声を出し、チームを盛り上げます。これはスポーツにおける行動となりますが、統率力がある人は声出しというベンチの仕事を自ら行うものです。

キャプテンシーがある人は自分の仕事ではなくても、チームに必要なものがあると感じれば、自ら率先して行動します。これはチーム全体のことをしっかり考えているからこそできる行動でしょう。

その姿を後輩や年下の人間が見れば、「リーダーがやっているのだから自分もやらなければ」という気持ちになります。その結果、みんなが同じ意志を持つようになり、チームがまとまるのです。

部下のミスをフォローする

Writing Pen Man - Free photo on Pixabay (477640)

部下のミスをフォローするというのもキャプテンシーがある人の行動です。仕事をしていると部下がミスをしてしまい、それが大きなトラブルへ繋がってしまうことがあります。

キャプテンシーがある人はそのようなリスクを常に想定していますし、周りのことをしっかりと見ているため、部下のミスにいち早く気付くものです。そしてただ単に怒るのではなく、しっかりとフォローします。

ミスを怒ることもリーダーとして大切なことですが、キャプテンシーがある人はそれを良い機会とばかりに、しっかり教育を行います。だからこそ部下からも慕われるのです。

的確な指示でチーム全体の仕事の効率を上げる

Handshake Hand Give - Free photo on Pixabay (477642)

キャプテンシーがある人は的確な指示をしてチーム全体の仕事の効率を上げます。チームとして仕事をする場合、仕事を効率良く行うためにはどのような役割分担をするかが大切です。

もしもキャプテンシーがない人間の場合、部下に指示を出さず、自分の仕事だけをこなします。自分の仕事さえ間違いなくやっておけば、ミスが起きたとしても自分の責任ではないと考えるのです。

しかしこのような考えで仕事をしていれば、その場を指揮するものがいなくなってしまうため、ミスも発生しやすくなってしまいます。その結果、仕事が効率良く行われず、ミスも増えてしまうのです。
Computer Pc Workplace Home - Free photo on Pixabay (477643)

キャプテンシーがある人は自分の仕事もしっかりやりながら、周囲にもしっかり目を配っているものです。仕事の振り分けをしっかり行い、誰をフォローするべきか瞬時に見分けます。

その結果、全体の仕事がうまく回るようになり、スピードも品質も上昇するのです。優秀な上司がいると、このようにして部下の潜在能力を最大限に活かすことができます。

自分のことだけを考えるのではなく、チームのことを考え、そのために行動できる人こそがキャプテンシーがある人です。そのため、単純な仕事の能力があるからといって、キャプテンシーがある人とは限らないのです。

自分のミスをしっかり認める

Young Woman Girl - Free photo on Pixabay (477644)

自分のミスをしっかり認めるというのもキャプテンシーがある人の行動です。みんなに慕われるためには統率力があるだけでは足りません。人間的に好かれなければ良いリーダーにはなれないのです。

上司の中には自分のミスを部下に押し付けたり、責任を認めなかったりする人がいます。このようなことではどれだけ優秀でも、心の底から慕われることはないでしょう。

自分のミスをしっかりと認めることで、周りにいる人は心の底からその人を尊敬するようになり、指示にも従おうと思います。そのため、キャプテンシーがある人は人間性も優れている人ということになるのです。

キャプテンシーがない人の行動

Office Desk Laptop - Free photo on Pixabay (477646)

キャプテンシーがある人の行動は理解できたと思いますが、では逆にキャプテンシーがない人はどのような行動を取るのでしょうか。

キャプテンシーがない人の行動は、いわば嫌われる上司の特徴ということにもなります。そのため上の立場にいる人はこのような行動をやってしまうと、キャプテンシーがないと判断され嫌われてしまうことになるでしょう。

キャプテンシーを発揮して仕事を成功させるためにも、キャプテンシーがない人の行動をしっかり理解し、同じ行動を取ってしまわないように注意しておいてください。

自分は暇なくせに部下に仕事を押し付ける

Blogging Blogger Office - Free photo on Pixabay (477647)

キャプテンシーがない人は自分は暇なくせに、部下に仕事を押し付けるという最低なことをします。部下も仕事をたくさん抱えているにも関わらず、それでも自分では行動しようとしないのです。

キャプテンシーがない人は権力を持つ立場になった途端、それを利用して楽しようとします。チームのことなど考えず、いかに自分が楽するかということに対して頭を使うのです。

当然このようなことをすれば部下からも信頼されませんし、チームの結束力も培われないでしょう。絶対にリーダーや上司になって欲しくないタイプの人間と言うことができます。

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪