だらしない人の特徴8選!だらしない人になってしまう原因や改善方法

世の中には「きちんとした人」もいれば、考えられないくらい「だらしない人」もいます。だらしない人にはどのような特徴や原因があるのでしょうか。だらしないことのデメリットやメリット、だらしない性格を改善するための方法などを探りました。彼らとの付き合い方も解説します。

だらしないの意味とは?

Clutter Mess Untidy Garden - Free photo on Pixabay (417295)

「だらしない」という言葉を調べてみると、大辞林では「(外面的に)きちんとしていない。整っていない」「(内面的に)節度がない。毅然としていない。しっかりしていない」と書かれています。外面的に整っていないという意味と、内面的に整っていないという意味の、合計で2つ意味があるわけです。

世の中には「きちんとした人」もいれば、考えられないくらい「だらしない人」もいます。だらしない人には外面的にも内面的にも、どのような特徴や原因があるのでしょうか。だらしないことのデメリットやメリット、だらしない性格を改善するための方法などを探りました。彼らとの付き合い方も解説します。

なお、だらしない人の中には、そんな性格から早く脱却したいと考えている人もいるはずです。しかし「頑張りたいのに頑張れない」という場合には、ぜひこちらの記事も参考にしてみて下さい。

だらしない人のメリット

Man Fashion Model - Free photo on Pixabay (417296)

「だらしない」といえばネガティブな言葉だと言われています。「だらしない」という言葉が「褒め言葉」として使われるケースは無いと言っても良いのではないでしょうか。しかし、そんなネガティブなワードである「だらしない」にも、実はメリットがあるようです。

これから「だらしない人」の特徴や、「だらしない性格」の改善方法を探っていくわけですが、その前に「だらしない」ということのメリットから見ていくことにしましょう。

だらしないことにメリットがあると聞けば「信じられない」と言う人が多いでしょうが、そんな側面を見ることによって、だらしないということの本質が見えてくるかもしれません。

ストレスが少ない

Cat Tiger Tigerle - Free photo on Pixabay (417298)

だらしない人のメリットの1つ目は「ストレスが少ない」ということです。毎日しっかりと目標を立て、きっちりとした時間を決めて行動する人は、意外とストレスを抱えがちだと言われます。なぜなら目標や時間、業績の管理などに追われてしまうからです。

しかしだらしない人は、良い意味でそうしたことに無頓着です。そもそも毎日の行動管理は適当で、約束の時間や提出の締切についても強く意識することがないといいます。その結果として周りに迷惑をかけることもあるわけですが、本人は気にしません。それこそストレスフリーな状態なのかもしれません。

放置しておけない優しい人が集まってくる

Kids Girl Pencil - Free photo on Pixabay (417300)

だらしない人のメリットの2つ目は「放置しておけない優しい人が集まってくる」ということです。先ほど「周りに迷惑をかけることもある」と書きました。だらしがないので、作業に着手するのが遅く、締切にも無頓着だからです。

しかしその反面で、そんな人を支えようと、周りにサポーターがついてくるという傾向もあるようです。放置していたら大きなトラブルになることが予想されるため「助けてあげなきゃ」という動きが出るようなのです。

自由な時間が多い

Pair Luck Joy Of Life - Free photo on Pixabay (417302)

だらしない人のメリットの3つ目は「自由な時間が多い」ということです。これは、実際に自由時間が増えるということではなくて、本人が自由だと感じる時間が多いということです。

だらしない人には締切の感覚が薄く、約束を破っても大きな罪悪感を感じることがありません。そのため「時間に追われている」という感覚がなく、結果として自由に感じる時間が多くなるわけです。これは、前述した「ストレスフリー」という点の背景の一つとも言われています。

人の細かいことも気にならない

Girl Woman Female - Free photo on Pixabay (417304)

だらしない人のメリットの4つ目は「人の細かいことも気にならない」ということです。仕事でもプライベートでも何かにつけて、誰かが細かいところで注意をしてくることがあるかもしれません。中には気分を害するような忠告もあるでしょう。

しかし、だらしない人にはそれがあまり気にならないと言います。なぜなら基本的に「どうでもよい」という感覚があるからのようです。厳格な人なら落ち込むような小言であっても、だらしない人からすれば全く気にならないということすらあると言われています。

だらしないことのデメリット

Thumb Hand Down - Free image on Pixabay (417306)

だらしないことのメリットを概観してみました。だらしないと言えばデメリットしかないようにも思われがちですが、見方を変えればメリットもあるということです。注目されることのない「メリット」の側面を見ることで、だらしないということの意味が改めて浮き彫りになってきたのではないでしょうか。

これをふまえた上で、今度はだらしないことのデメリットを整理してみることにしましょう。よく指摘される3つのポイントを解説します。

何をどこに収納したのかわからなくなる

Luggage Trunk Storage - Free photo on Pixabay (417307)

だらしないことのデメリットの1つ目は「何をどこに収納したのかわからなくなる」ということです。だらしない人は何事も適当に感じることが多いため、モノの管理が苦手な傾向にあります。何かを使った後、元の場所に戻すという習慣もないため、使ったら使いっぱなしという人もいます。

そのため「何をどこに収納したのかわからなくなる」という現象が起きます。すると、いざという時に探しても見つからずに困ることになるわけですが、だらしない人からすれば「見つからないから、どうでもいいや」と投げやりになってしまうこともあるようです。

恋人や家族に迷惑をかける

Woman Loss Sadness - Free photo on Pixabay (417308)

だらしないことのデメリットの2つ目は「恋人や家族に迷惑をかける」ということです。外見においても内面においてもだらしがないと、それだけでも周りに様々な迷惑を与えます。

例えば身なりが無頓着であれば「一緒に歩くのが恥ずかしい」ということにもなるでしょう。内面においても「適当でいい」という心境があるため、デートの約束に遅れたり、友達との約束をすっぽかすなどは日常茶飯事です。

多くの人に迷惑をかけることになりますが、本人としてはそれほど罪悪感を感じない傾向にあるとも言われています。

信用されなくなる

Divorce Separation Marriage - Free photo on Pixabay (417311)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪