2019年4月27日 更新

大麻を吸ってる人の特徴10選!手を出してしまう原因と大麻の効果も

世間一般的には「違法な薬物」として認識され、麻薬やドラッグなどと同じ扱いをされる「大麻」ですが、なぜ大麻が違法になっているかご存知ですか?今回は「大麻」について、違法となった理由や大麻の効果、合法とされている国、大麻を使用している人の特徴などをご紹介します。

大麻吸っている人は危険

Cannabis Marihuana Drugs - Free vector graphic on Pixabay (149125)

まず初めにお伝えしたことは、「大麻を吸っている人はとても危険」だということです。大麻には依存性や毒性が非常に高く、そして覚せい剤やドラッグ、麻薬などよりも安く手に入るということです。

大麻にはタバコと同じような有害物質が含まれていますが、タバコより大麻には有害な物質は少ないと言われています。極端に言うならば、タバコよりも依存性が少なく、有害性は少ないという報告もあります。

しかし、大麻は「麻薬」です。少なからず身体・脳・神経に支障をきたす有害な物質が入っていることは事実です。なので、長く使うことで精神的・肉体的な依存性も強くなり、「止めたくても…止められない」というジレンマに陥ります。それがドラッグ・大麻の恐ろしいところです。

大麻を吸っている人の特徴10選

Leaf Nature Flora - Free photo on Pixabay (148868)

大麻と使用することがいかに危険なことか、お伝えしましたが、ここからは代表的に言われている「大麻を吸っている人の特徴10選」をご紹介いたします。

もしかしたら身近の人に当てはまるような特徴があるかもしれません。そんな時は、ぜひその相手を気にかけてあげてくださいね。

目が虚ろ

Man Destruction Double Exposure - Free image on Pixabay (148701)

大麻を吸っている人の特徴1つ目は、「目が虚ろ」というところです。どこか空虚な雰囲気になり、「いつもと全く違う人という印象になります。

大麻を吸引している人の目はとても赤ともいわれています。そのせいか目が乾きやすくなるため、頻繁に目薬をさしている姿もよく見られる特徴です。

テンションの上がり下がりが激しい

Crowd Of People - Free photo on Pixabay (148710)

大麻を吸っている人の特徴2つ目は、「テンションの上がり下がりが激しい」ことです。これは大麻初心者の方に特に多くみられる特徴として知られています。

なぜかはわからないけど、急に楽しくなり、おかしくなり笑いが止まらなくなりハイテンションになります。何をしてもどんなことでも、とにかくノリがよくなりテンションが上がりまくるのです。

そうかと思うと、今度は急に落ち込んだかのように暗くなり、どんよりとして生気がなくなったかのようなテンションの低い姿になると言われています。

テンションが上がっている時は大麻が効いている時で、テンションが下がりだした時は、大麻が切れはじめたという基準にもなります。

普段はテンションが低い

Boy Child Sad - Free photo on Pixabay (148731)

大麻を吸っている人の特徴3つ目は、「普段はテンションが低い」人が多いということです。普段はとても大人しく、あまり目立たない方や、精神的に安定しているように見える方が多いようです。

そんな人がなぜ大麻に手を出してしまうのか、それは好奇心からということもありますし、テンションを上げたいから、明るくなりたいからなど、理由は様々です。ですが一番の理由はやはり「手に入りやすい薬物だから」という点があります。

気軽に手に入れられるドラッグとして「大麻」を選び、最初は少しのつもりでもどんどん量が増えていき、最終的に常習犯になってしまうという、とても悲しい流れになってしまいます。

視線が合わない

Girl Sad Portrait - Free photo on Pixabay (151039)

大麻を吸っている人の特徴4つ目は、「視線が合わない」人が多いです。どちらかというと「なんだか夢見心地っぽい目になっている」といってもいいです。

どこを見ているのかよくわからず、他人と目線を合わせようとしない。人によってはサングラスをして他人からの目線をそらそうとしていることもあります。

知人や友達、家族が急に目線を合わせたがらなくなったら、「もしかして…」という疑問を持つことも早期発見の鍵です。

同じことを何度も言う

Freelancer Businessman Man - Free photo on Pixabay (148741)

大麻を吸っている人の特徴5つ目は、「同じことを何度も言う」です。自分が言ったことを覚えていなくて、何度も何度も同じことを繰り返してしまうのです。

大麻を吸った後は頭がもうろうな状態になり、記憶や時間の認知に変化が生じている状態になります。昨日何をしたかも思い出せない状態になったり、自分が言ったことを忘れたりすることが多くなります。

これまでは記憶力も、発言力も、言語力も正常だった人が、突然または徐々におかしなことを繰り返し始めたら、マリファナの使用を疑ってもいいかもしれません。

ニヤニヤしている

Grin Smile Laugh - Free vector graphic on Pixabay (148753)

大麻を吸っている人の特徴6つ目は、「ニヤニヤしている」人が多いです。特に何もないのに、なんだか気味が悪いくらいニヤニヤして、とても不気味で近づきたくないような人になります。

人によってはヘラヘラしていたり、ニタニタしていたり、突然病的な奇声を上げて笑いだしたりと人によって症状は様々です。

妙にヘラヘラしたり、ニヤニヤしてたり、その場にそぐわない表情をしている人がいたら、もしかしたら大麻常習犯かもしれませんね。

挙動不審

Boy Man Person - Free vector graphic on Pixabay (148781)

大麻を吸っている人の特徴7つ目は、「挙動不審」です。なんだかビクビクしているとか、周りをキョロキョロ気にし過ぎているとか、普通の人がしないような不審な行動をとります。

大麻を吸引したことによって脳に依存作用がおき、落ち着きがなくなったり、ソワソワしたりと何かと挙動不審になります。誰が見てもおかしい行動をとっているのが一目瞭然です。

常に何かを気にしてる

Eyes Evil Faceless - Free photo on Pixabay (151060)

大麻を吸っている人の特徴8つ目は、「常に何かを気にしてる」様子が伺えます。常に誰かに追われている、いつも誰かが自分を見張っている、何かが自分を狙っているように感じる、よく分からないけど誰かに尾行されている気がするなど、ありもしないことが頭をよぎり、それに心も思考もとらわれてしまいます。

それはすべて幻覚です。そのため行動は的外れになり、外にも出られなくなったり、友人とも交友がなくなり、人間関係もガラリと変わります。

幻覚に脳がのっとられて、周りの意見や言葉などが聞ける精神状態ではなくなります。自分の身なりにも無関心になるなど、まるで人が変わったようになってしまうのが「大麻」依存症です。

1 / 4

111 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【診断】妄想癖の原因は病気?虚言癖との違いや妄想癖の特徴と治し方

【診断】妄想癖の原因は病気?虚言癖との違いや妄想癖の特徴と治し方

自分の妄想が止まらないけどこれって病気?と不安になる事があります。当記事では、妄想癖診断や妄想癖の特徴や原因、治す方法について紹介しています。虚言癖との違いについても記載しています。妄想が深刻だと精神病の可能性があるので、状態を把握する際の参考にして下さい。
酒乱の特徴や症状は?酒乱の原因や治し方と遺伝の可能性も

酒乱の特徴や症状は?酒乱の原因や治し方と遺伝の可能性も

あなたは酒乱ですか?酒乱の原因は遺伝的だと言われることもありますが、決して直らないものではなく直し方があります!この記事では酒乱の症状や特徴、直し方、また酒乱の人への対処法について紹介します!女性も男性も今一度、自分のお酒との付き合い方を見直していきましょう!
【診断】真面目系クズの原因とは?真面目系クズに向いてる仕事と治し方

【診断】真面目系クズの原因とは?真面目系クズに向いてる仕事と治し方

真面目系クズという言葉を知っていますか。一緒に仕事をしている同僚に違和感を感じたことがあるなら、もしかしたらその人は真面目系クズかもしれません。真面目系クズの女性と男性の特徴、原因や治し方、更には真面目系クズ診断と向いてる仕事などをご紹介します。
【診断】女性不信の原因はトラウマ?女性不信になる人の心理と克服法

【診断】女性不信の原因はトラウマ?女性不信になる人の心理と克服法

女性不信で悩みを抱える男性が増えています。その原因はトラウマ?悩んでいる男性の特徴・心理は?今日本は少子化が進んでおり、女性不信の男性が増えている事が一因となっています。自分もそうかも?と思っている人へ、女性不信診断と克服方法を一緒にチェックしていきましょう!
【診断】短気な人の特徴と治し方!短気になる原因と病気の可能性も

【診断】短気な人の特徴と治し方!短気になる原因と病気の可能性も

短気な人の原因や特徴、治し方についてご紹介します。短気診断もあるので恋人や友人、もしくは自分がどれくらい短気なのか診断してみましょう。もしかしたらただ短気なだけではなく病気の可能性もあるので短気はあなどれません。病気についてもまとめています。

この記事のキーワード