ブルーマンデー症候群とは?引き起こさないための対策方法とは

月曜日は憂鬱な気持ちになりませんか。日曜日にゆっくりと休んでいても、なぜか月曜日になると憂鬱で仕事や学校に行きたくないという気持ちになってしまいます。こうした気持ちになるのは、まさにブルーマンデー症候群なのです。詳しく解説しますので確認してみましょう。

ブルーマンデーを引き起こさないように対策をしましょう!

 (465629)

ブルーマンデーは、ほとんどの人が経験をしていることです。反対に経験をしたことがないという人はほとんどいないのです。

ブルーマンデーを一度経験してしまうと、その感情はまた次の週にも起こってしまう可能性があります。できる限りこのブルーマンデーは引き起こさないようにするべきです。

酷い状態になると、深刻なことにもなり兼ねないので、ブルーマンデーは早めに改善策をとっておく必要があります。

ブルーマンデーとは

 (465630)

ブルーマンデーとは、どのような症状でしょうか。名前は聞いたことがあるという人でも、実際にどのような症状がブルーマンデーなのか理解をしている人は少ないでしょう。

ブルーマンデーの症状は人それぞれですが、共通して言えることは同じです。まずは、ブルーマンデーについて詳しく理解を深めていきましょう。

そうすれば、今自分が抱えているブルーマンデーについても改善しやすくなります。

ブルーマンデー症候群

 (465631)

ブルーマンデーとは、正式にはブルーマンデー症候群という名称がつけられています。ブルーマンデー症候群の症状はさまざまですが、共通して言えることは日曜日を迎えると次の日に仕事や学校に行きたくないと強く感じてしまうことです。

その症状が現れるのは、平日に仕事や学校に行っている人であり、休みが終わる日曜日の夕方や夜になると気持ちがブルーになってしまうのです。自分でその気持ちをコントロールすることは難しく、酷い状況になれば明日になるのが嫌で死にたくなるという人もいるほどです。

 (465632)

また、ブルーマンデー症候群はある特定のことが起こることで発症してしまうこともあります。その代表とされるのが日曜日のある時間に必ず見ているテレビ番組や、そのテレビ番組の曲です。

そのテレビ番組や曲を聞いてしまうことで、ブルーマンデー症候群が発症してしまうのです。そのテレビを見たり、曲を聴いたりすれば明日から仕事や学校に行かなければならないと感じてしまい、気持ちが極端に落ち込んでしまうのです。

深刻な状況になる人もいるほどです。

カクテル

 (465633)

ブルーマンデーと聞けば、カクテルをイメージする人もいるかもしれません。ブルーマンデーと呼ばれているカクテルは、その名の通り月曜日の憂鬱なという意味を持っているカクテルなのです。

日曜日の休みが楽しければ楽しいほど、月曜日を向ける気持ちはブルーになってしまいます。つまりは憂鬱の気持ちになってしまうという意味ですが、カクテルを飲みながらその楽しかった休みを思い出すためのお酒なのです。

また、ブルーマンデーを飲んで、また一週間頑張るという意味も含まれています。

ブルーマンデー症候群の類語

 (465634)

ブルマンデー症候群と聞いても、いまいち理解できない人は、次にご紹介する類語を確認してみましょう。ブルーマンデー症候群と同じような意味を含んでいますので、次にご紹介する類語を確認すれば、よりその意味を理解しやすいでしょう。

これからご紹介する内容は、全てこのブルーマンデーと同じような意味を持っています。聞いたことがある言葉もあると思いますので、ブルーマンデー症候群と照らし合わせてみてください。

サンデーナイトブルー

 (465635)

ブルーマンデー症候群の類語として、サンデーナイトブルーがあります。サンデーナイトブルーも同じような意味を含んでいますが、サンデーナイトブルーよりもより、意味が分かりやすいと思います。

サンデーナイトブルーとは、そのままの意味で日曜日の夜が憂鬱になるということです。日曜日の休みが終わり夜になると、次の日が仕事や学校だと考えてしまい、憂鬱な気分になってしまいます。

こうした感情を意味する言葉なので、サンデーナイトブルーはとても分かりやすい言葉です。

サザエさん症候群

 (465636)

サザエさん症候群という言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。サザエさん症候群とは、ブルーマンデー症候群と同じ意味で、サザエさんを見ているときや、そのエンディングテーマを聞いたときに、日曜日が終わる、つまりは休みが終わるという強い気持ちになり、憂鬱になってしまうことを意味しています。

サザエさんを見ると、日曜日の休みが終わったと強く感じてしまい、次の日からの仕事や学校に行きたくなくなるという意味を含んでいます。

ブルーマンデー症候群を引き起こしやすい人

 (465637)

それでは、ブルーマンデー症候群になりやすい人をご紹介します。ブルーマンデー症候群は、多くの人がなってしまう症状ですが、とくに次にご紹介する人はより深刻なブルーマンデー症候群になりやすい人なのです。

ブルーマンデー症候群になりやすい人は、自分ではそうした症状になりやすいタイプであるという実感が薄いです。大切なことは、自分はブルーマンデー症候群にかかっていると理解することなのです。

次にブルーマンデー症候群になりやすい人に自分が当てはまるのかどうかを必ず確認しておきましょう。

ストレスが溜まっている

 (465638)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪