2019年12月19日 更新

目線で心理がまるわかり?男女の目線に隠された恋愛心理11選!

日常生活や恋愛で、「相手の心が読めたらな…」と思ったことはありませんか?実は、無意識に向けている「目線」や、自然にしている「仕草」から、その人の心理が読み取れるのです。この記事ではそうした、「目線や仕草に隠された心理」を、男女別に紹介していきます。

会話しているにかかわらず、相手の体がこちらを向いていなかったら、相手は「早くこの場を離れたい」と思っている可能性があります。なぜなら、人は相手に関心があればあるほど、体全体でそちらの方向を向くものだからです。

足先が別の方向を向き始めたら、相手の話に飽きてきている証拠であり、もし体ごと別の方向を向いていたのなら、それ以上会話をしたくないと暗に示されている状況です。この仕草に気づいたら、話題を変えるなどして対応する必要があるでしょう。

前のめりになって話を聞いている

Actress Model Young - Free photo on Pixabay (432023)

こちらに向かい前のめりになって話を聞いている人がいれば、その人はあなたの話に興味津々な状態です。こちらに体が向かない無関心状態の真逆であり、あなたともっと話したいと感じていることの表れなのです。

前のめりになるのは、楽しい会話で気分が高揚しており、あなたともっと近づいて話したいという心理からくる仕草です。また、好意を持っている相手であれば、会話すること自体が喜びのため、初めから前のめりになって話を聞くという場合も少なくありません。

机を指先でトントンたたく

Finger Indication Cursor - Free vector graphic on Pixabay (432114)

会話中に相手が、机などを指でトントンと叩きだしたら、相手はかなりストレスが溜まっている状態にあると言えます。会話の内容に不満があったり、退屈だと感じたときのイライラが、仕草として表に出てしまっているのです。先ほど紹介した、指先で何かをいじる仕草に通ずるものがありますね。

ですから、この仕草がでているシーンというのは、決してポジティブな状況ではありません。話題を変えるか、目の前の問題の即時解決を図るなど、対処が必要になります。

唇を舐める

Lick Lips Girl - Free photo on Pixabay (432135)

会話しながら唇を舐める仕草は、2通りの心理状態のときに表れるものです。ひとつは、その人が緊張している状態のとき。緊張から来る唇の渇きを無意識に潤すとともに、唇に刺激を与えることでストレスを解消しようとしているのです。

もうひとつは反対に、会話相手に心を許しているときです。実は唇を舐める仕草というのは、母親のお乳を飲んでいたころの名残であり、安心感の表れであると言われています。このように、相手に好印象を抱いているゆえに出る仕草でもあるのです。

2通りの正反対の意味を持つ仕草ですので、逆の意味で捉えないよう注意が必要です。

髪を触る

Beautiful Woman Beauty - Free photo on Pixabay (432177)

人は緊張や不安に襲われると、体の一部を触ろうとする習性があり、この「髪を触る」という仕草もそのひとつに分類されます。自分の体に触れることで、なんとか自分を落ち着かせようとしているのです。

ですので、感じるストレスが大きいと、髪をかきむしるなどの自傷行為に至ってしまう場合もあります。

また他にも、髪を触る仕草には男女で異なる心理状態を表している場合があり、男性の場合は照れ隠しをしている状態、女性の場合は退屈を感じて刺激を求めている状態だと言われています。

首をかしげる

Woman Girl Female - Free photo on Pixabay (432234)

会話中に首をかしげる仕草は、相手の話に納得がいっていないときによく見られます。自分とはまったく異なる主張をされたとき、みなさんも「うーん」と首をかしげてしまった経験があるのではないでしょうか?

また、返事に困っているという場面でも、この仕草が出ることがあります。いくつかの選択肢を提示されるなど、考えてから答えを出さなければならないとき、このポーズをとって悩む人は多いものです。

女性の場合は、自分をアピールするためにこの仕草をすることもあります。首をかしげるのは、かわいい「モテ仕草」として知られており、相手を魅了する手段になりうるからです。

ストローを噛んでいる

Beautiful Brick Wall Close-Up - Free photo on Pixabay (432305)

唇を舐める仕草と同様に、ストローを噛む仕草も、根底には母乳を吸っていた頃の名残があります。口でなにかに刺激を与えていると、赤ちゃん時代のような安心感を得ることができるのです。

ただし同時に、この仕草は欲求不満を表すとも言われています。物事がうまくいかずにストレスを溜めていると、イライラを何かにぶつけてしまいたくなるものです。そうした攻撃的な心理が、ストローを噛むという仕草に表れるというわけです。

目線やしぐさから相手の心理を読み取ろう

Friends Male Men - Free photo on Pixabay (432326)

いかがでしたでしょうか?同じような仕草でも異なる心理的要因が絡んでいる場合が多く、またそもそも人の気持ちは複雑であるため、誰もが簡単に相手の心を読み通すことはできません。

とはいえ、こうした目線や仕草の意味を知ることで、相手の気持ちを推し量る技量は間違いなく上がります。日常生活における、よりよい人間関係の構築に役立つことでしょう。恋愛でも同様です。気になる相手との距離感を掴んで、確実に詰めていくことができるようになるはずです。

ぜひこの記事で学んだ知識を活かして、人との会話や関係づくりをこれまで以上に楽しんでください。

4 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪