2020年3月24日 更新

チンカスが多い時や臭い時の原因は?包茎の注意点と性病の可能性も

チンカスが多いことが原因でフェラをしてもらえないという男性は多いです。さらに、チンカスが多いと性病や臭いやかゆい状態の原因にもなりやすいです。包茎の人は特にチンカスが多くなりやすいのですが、どうすればいいのかご紹介していきます。

自分の性器がただれてしまった場合は驚いて病院に行く方が多いのですが、その状態でもさらに病気が進行してしまうと「小膿疱」を引き起こす可能性もあります。小膿疱は「しょうのうほう」と読むのですが、漢字からもイメージができやすいように、病原菌による感染が進行して粘り気のある膿ができ、集合している状態のことを指します。

もちろん小膿疱ができた場合はチンカスよりも気になってしまうのですが、カンジダ症に感染している場合はチンカスが溜まりやすいだけでなく、小膿疱ができる可能性もあるので注意しましょう。

尿道炎になる可能性も…

People Portrait Adult - Free photo on Pixabay (211456)

小膿疱も大きな問題ですが、小膿疱だけでなく、尿道炎になってしまう危険性もあります。尿道は一見関係なさそうに感じやすいのですが、途中でも挙げているようにチンカスが溜まっている状態は菌の温床と言っても過言ではないので、これが尿道部分についてずっと時間が経っている場合は尿道部分に真菌が移ってしまう可能性があります。

このような真菌が尿道に移ることによって尿道炎になってしまう可能性があります。そのため、チンカスが溜まっている状態、カンジダ症になっている状態は大変危険と言えます。

包皮から分泌物が出る

Man Sitting Back - Free photo on Pixabay (211457)

チンカスももちろん不衛生の証拠ではあるのですが、カンジダ症が進行してしまうとチンカスが溜まりやすいだけでなく、包皮の部分から分泌物が出てしまう可能性があります。この分泌物はチンカスを含め、膿である可能性もあります。

さらに、注意していただきたい点がカンジダは性病でもあり、真菌が原因での感染症なので、人に移ってしまう可能性があります。最初にもご紹介したように、男性には普段見られない性病ではあるのですが、女性から男性に移ってなるということもあるので気をつけましょう。

治療は抗菌剤やクリーム

Desktop Pill Abstract - Free photo on Pixabay (212006)

カンジダの症状についてたくさんご紹介しましたが、カンジダの症状を治すためにはまず病院に行くことがおすすめです。病院に行くと症状の進行具合を見てくれると共に、治療薬をもらうことができます。

治療方法としてはこの診断の際にもらうことができる抗菌剤やクリームを使用して治療を行っています。何度も触れましたがカンジダは人に移ってしまう危険性があるので、早めに治療薬で治療を行うのが好ましいと言えます。

チンカスが異様に溜まる場合はカンジダの可能性があるので、病院に行きましょう。

亀頭包皮炎の症状と治療法

Poor Black Poverty - Free photo on Pixabay (211459)

カンジダによる症状や治療法についてご紹介しましたが、次は亀頭包皮炎による症状や治療法についてご紹介します。カンジダは女性もなりうる性病ではあるのですが、途中でも触れたように亀頭包皮炎は男性特有の病気です。

さらに、亀頭包皮炎は性病ではないにしても不衛生な状態が原因でなってしまう病気でもあるので、多くの男性でもなってしまう可能性は十分高いと言えます。亀頭包皮炎になったらどのような状態になるのかご紹介しますので、ぜひご参考ください。

亀頭から包皮にかけての炎症

Banana Breakfast Colorful - Free photo on Pixabay (211460)

亀頭包皮炎は言葉からもわかるように、亀頭から包皮にかけての炎症が起こる場合が多いです。この炎症が起きてしまった状態から自分が病気なのではないのかと考える可能性が多いのですが、炎症は亀頭包皮炎の第一歩と言っても過言ではありません。

亀頭部分から包皮にかけて炎症が起きている場合はあまり気づきにくいのですが、炎症が起きた場合は違和感を感じやすい人が多いので、チンカスが溜まりやすい方や亀頭から包皮にかけて違和感を感じる方は病院に行きましょう。

亀頭の腫れ

Venereal Diseases Penis Testicles - Free photo on Pixabay (211462)

亀頭包皮炎は亀頭部分から包皮にかけて炎症を起こすことが多いのですが、炎症が起きているだけでなく、亀頭部分が腫れてしまう可能性があります。もちろん亀頭部分が腫れていると異常に感じて病院に行く方が多いのですが、この亀頭が腫れてしまうのもチンカスが溜まり、不衛生な状態が続いたがゆえに起こる亀頭包皮炎から起こる可能性があります。

亀頭部分が腫れている状態でも気にしない方もいるのですが、この状態で女性との性的関係を持った際には痛みを感じる可能性もあるので気をつけましょう。

ただれ

Sad Man Depressed - Free photo on Pixabay (211477)

亀頭包皮炎が原因で亀頭部分が腫れてしまったり、炎症を起こしてしまう可能性があるのですが、亀頭包皮炎はカンジダ同様に男性の性器がただれてしまう可能性があります。もちろんこちらもチンカスが溜まり、不衛生な状態が続いてしまったがゆえに起こりうる症状です。

ただれてしまった状態でも何事もなく過ごす方もいらっしゃるのですが、やはりただれるという状態はかなり異常な状態でもあるので、早めに病院に行くのがおすすめです。

かゆみ

Person Human Male - Free photo on Pixabay (211475)

亀頭包皮炎が亀頭の腫れや炎症を引き起こすのですが、亀頭包皮炎は腫れや炎症だけでなく、かゆみも引き起こします。チンカスが溜まって不衛生な状態からかゆみが引き起こると感じやすいのですが、これはあながち間違いではありません。

チンカスが溜まり、不衛生な状態が続いて菌が繁殖する可能性があるので、チンカスが多く出る上にかゆみという症状が出る人は亀頭包皮炎の可能性があるので、気をつけましょう。特にチンカスが出ることで悩み、綺麗にしたのにもかかわらずまだかゆみがある場合は要注意です。

赤い発疹

Rash Red Inflamed - Free photo on Pixabay (211466)

さらに、亀頭包皮炎はかゆみが出るだけでなく、赤い発疹が出てしまう可能性があります。このような状態の症状が出た場合はさすがに病院に行く人が多いのですが、上記の画像のような発疹が男性の性器にもできます。赤い発疹ができてしまった場合は当然かゆみを感じることが多いと共に、腫れ上がることが多いです。

そのため、赤い発疹が出てしまった場合は亀頭包皮炎の可能性が十分考えられるので、病院に行って診察してもらうのがおすすめです。

膿や水ぶくれ

Person Homeless Bullied - Free photo on Pixabay (211485)

2 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デリケートゾーンのにおいの原因と対策は?市販のクリームと病気の可能性

デリケートゾーンのにおいの原因と対策は?市販のクリームと病気の可能性

これから春本番!夏に向かって気温も更に上がってきますが、気になるのがデリケートゾーンの臭いや蒸れ。女性のうち8割近くが悩んだ経験があるそうですが、殆どが誰にも言えず一人で抱えています。今回はそんなデリケートゾーンの原因と解決方法を一緒に解明していきましょう。
ラブジュースの意味とは?愛液の役割と臭いの原因や改善法

ラブジュースの意味とは?愛液の役割と臭いの原因や改善法

皆さんは「ラブジュース」という言葉をきいたことがありますでしょうか。いわゆる、「愛液」のことをこのような呼び方をします。この記事では、ラブジュースの意味だけではなく、愛液の役割や臭いの改善方法についてご紹介していきます。
恥丘の腫れや痛みと痒みの原因は?恥丘の悩みの解決法とタトゥーの存在

恥丘の腫れや痛みと痒みの原因は?恥丘の悩みの解決法とタトゥーの存在

恥丘に何かしらのトラブルを持つ女性は多くいます。トラブルの内容は腫れや痛み、痒みと多種にわたるのでその対処方法も悩むことが多いです。人によっては恥丘にタトゥーを入れる人も多いようですが、あなたは恥丘を大事にしていますか?
支配欲の心理や原因を心理学で診断!男女別の支配欲と性欲との関係も

支配欲の心理や原因を心理学で診断!男女別の支配欲と性欲との関係も

あなたは支配欲が強いですか?それとも支配欲の強い人に振り回されていますか?この記事では、支配欲を持つ人の特徴や心理を知りたい人のために、支配欲の心理や原因を心理学で分析し、男女別の支配欲について、そして性欲との関係についても、紐解いていきたいと思います。
【年代別】友達の作り方のコツ!友達ができない原因と必要な6ステップ

【年代別】友達の作り方のコツ!友達ができない原因と必要な6ステップ

どの年代でも友達の作り方が分からずに悩んでいる人は少なからずいるものです。高校生から大学生、社会人まで友達の作り方を解説していきます。男友達を作りたい場合も女友達を作りたい場合も、自分から積極的に動きましょう。飲み友達や外国人の友達も作れるようになります!

この記事のキーワード