健康診断の前日は性行為してもいい?男女別の注意点と影響の出る項目

健康診断の前日でもセックスしたい!そんな風に思ってしまう人も多いでしょう。ですが、実は健康診断の前日のセックスは診断結果に大きく影響してしまう場合があるのです。今回は健康診断の前日のセックスについて詳しく紹介していきます。

目次

健康診断の内容は既往歴、業務歴の調査・自覚症状、他覚症状の検査・身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査・胸部X線検査・血圧測定・貧血検査・肝機能検査・血中脂質検査・血糖検査・尿検査・心電図検査などがあります。

健康診断の前日に性行為!影響が出る可能性がある項目

Milky Way Starry Sky Night - Free photo on Pixabay (94687)

"健康診断の前日にセックスしちゃった"そんな時、健康診断ではどんな影響がでるのでしょうか?

影響がでる場所別に解説をしていきましょう。これから紹介するものについては健康診断の前日に性行為をする事で影響がでる"可能性がある"項目になります。あくまで可能性ですので、自己診断はやめましょう。

尿検査

Toilet Loo Wc Public - Free photo on Pixabay (94688)

尿検査では健康診断の前日、又は当日などの朝に取った尿を提出して行います。尿検査で分かる腎臓病は無症状のことがほとんどです。

尿は、腎臓で生成されているので、尿管・膀胱・尿道を通って出てくるのです。この通り道に問題があると、尿検査で異常が発覚するのです。

健康診断で行われる尿検査では、尿蛋白・尿潜血・尿糖がわかります。なんらかの問題があったときに尿からこれらが検出されるのです。

腎機能(血液検査)

Vaccination Impfspritze Medical - Free photo on Pixabay (94684)

血液検査では、腎機能について知る事が出来ます。血液を採取し、その血液の中に含まれる成分を調べるのです。尿素窒素 蛋白質の代謝物質のクレアチニンの値を確認することができるのです。

腎機能が低下しているとクレアチニンが排泄されずに、値が高くなるのです。

肝機能(血液検査)

Fatty Liver Duck Basque Country - Free photo on Pixabay (94689)

血液検査では、肝機能について知る事が出来ます。ALT・AST・γ-GTP・ALP・総ビリルビンの数値を見ることができ、基準値よりも数値が上回っていた場合、

ウイルス肝炎・脂肪肝・非アルコール性脂肪肝炎・肝硬変・肝細胞がんの可能性があるのです。疑いの段階でも数値が出る場合があるので事前に知り、改善する事が出来ます。

心機能(血液検査)

Heartache Chest Pain Hurt - Free photo on Pixabay (94690)

血液検査では、心機能についても知る事が出来るのです。BNP・NT-proBNP・ANP・CRPなどの数値をみる事ができ、基準値よりも数値が上回っていた場合、急性心不全・心不全が起こる可能性があるという結果になります。

女性は注意!婦人科検診の前日の性行為

Dr Doctor Women - Free photo on Pixabay (94692)

女性には婦人科で行う検診がいくつかあります。乳がん検診や子宮頸がん検診など。女性特有の病気を予防・早期発見する為に大切な検診です。

前日に性行為をする事で、大切な検診結果に影響がでてしまう場合があります。そのような事がないよう、どんな影響がでてしまうのかを理解していきましょう。

子宮頸がん検診がある場合は控えるのが無難

Doctor First Aid Profession - Free image on Pixabay (94697)

子宮がん検診とは、子宮の入り口の細胞を採取して行う"子宮頸部細胞診"と膣内に超音波器具を入れ、子宮・卵巣の様子を詳しく見る"超音波検査"の2つを行います。

前日にセックスをしていると、子宮内に精子が紛れ込んでいたりして検査に影響を及ぼす可能性があるので子宮頸がん検診がある前日は性行為を控えるのが無難と言えるのです。

性行為が原因で出血がある場合は再検査になることも

Laboratory Analysis Diagnostics - Free photo on Pixabay (94696)

性行為をしている時というのは、気づかず膣内を傷つけてしまい出血をしてしまってる場合が多くあります。

そのような状態で検査をしてしまうと"出血"が確認されます。身体から出血をするということは普通の出来事ではありません。その為、精密検査を進められる場合もあります。

また、生理の後と勘違いされてしまい「もう少し時間を置いてから再検査してくださいね」という場合も多いようです。

避妊をしていないと性行為をしたことがわかってしまう場合も

Drug Cure Medical - Free photo on Pixabay (94695)

性行為をする際には男性のペニスが女性の膣に出入りをします。きちんと避妊をしていれば、精液が女性の身体につく事はまずないでしょう。

ですが、避妊をしていないと膣内に精液が残ってる場合があるのです。少し恥ずかしい話ですが検診担当の先生に「昨晩私は避妊しないでセックスしました」と言っているようなものなのです。

下着を脱ぐため性行為でおりものが増えていると気になることも

Laboratory Medical Lab - Free photo on Pixabay (94693)

2 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪