友達として好きと異性として好きの違いは?脈なし?男女の心理とは

「友達として好き」と言われると、脈なしや振られた?付き合うことは出来る?恋愛に発展する?など様々な思いがあるものです。友達として好きの言葉の女性心理や男性心理、 「異性として好き」との違い、恋愛へと発展させる方法や復縁する方法などについてご紹介していきます。

目次

友達として好きという言葉には、相手を傷つけずに脈なしを伝えたいという意味もあります。このような場合には、好きな人がいたり、彼氏がいたりすることもあります。

そのため、脈なしを伝えたいけれど人としては好きだから、ハッキリ断って傷つけたくないため、そのことを包んで伝えようとします。

人として嫌いな場合にはハッキリと断ることが多いのですが、人として好きな場合には出来るだけ傷つけたくないという思いがあります。

気まずい関係になりたくない

Workplace Team Business Meeting - Free photo on Pixabay (541639)

友達として好きの言葉には、気まずい関係になりたくないという意味もあります。たとえば、同じ会社の人だったり、同じ学校の人だった場合、断った後も顔を合わせなければなりません。

また、グループでの友達だった場合には、これから先もグループで遊んだり集まったりします。このように、断った後でも顔を合わせたりすることが多い場合には、気まずい関係になりたくないため友達として好きという言葉で関係を壊さないようにします。

いい人でいたい

Beautiful Woman Face Young - Free photo on Pixabay (541641)

友達として好きの言葉には、いい人でいたいという意味もあります。この場合はそのままの意味になるのですが、自分が悪者になりたくないという思いがあります。

たとえ相手にたいして興味がまったくなく、脈なしを伝える相手だとしても、相手にとって自分がいい人であるという印象のままでいたいのです。

そのため、ハッキリと伝えて悪いイメージを持たれたくないため、友達として好きという言葉で濁して伝え、いい人という印象を与えたいという思いがあります。

「友達として好き」という言葉の意味【男性心理】

Tie Necktie Adjust - Free photo on Pixabay (541644)

「友達として好き」の言葉に隠された女性心理には、ハッキリとした拒絶や気まずい関係になりたくないなどの意味があります。

では、男性が友達として好きと言う言葉にはどのような意味が隠されているのでしょうか。友達として好きの言葉に隠されている男性心理についてご紹介していきます。

友人の1人

People Girls Women - Free photo on Pixabay (541646)

友達として好きの言葉には、友人の1人という意味があります。そのままの意味になるのですが、本当に友人としてみているということになります。

そこには恋愛感情はなく、これまでもそしてこれからも、友人の1人だからという思いがあります。また、恋愛感情がないことをハッキリと伝えればいいのでは?と思うかもしれませんが、今の友人としての関係を壊したくないという思いも隠されています。

友人としていい関係性でいる場合は、なおさら今の関係を壊したくないため、友達として好きと伝えることで友人関係を壊さないようにしています。

現段階で異性として好きではない

Canola Couple Field - Free photo on Pixabay (541648)

友達として好きの言葉には、現段階で異性として好きではないという意味もあります。友達としては好きだけれど、恋愛感情に発展していくかはわからない状態です。

もしかしたら、これから恋愛感情が芽生えるかもしれないけれど、今の時点では異性としては見ていないという意味が込められています。

また、現段階では異性として好きではなくこれから先のことはわからないけれど、今は誤解させて期待させる言葉は言いたくないため、友達として好きという言葉で包んで伝えています。

聞かれたから答えた

Para Total Meeting He And - Free photo on Pixabay (541655)

友達として好きの言葉には、聞かれたから答えたという意味もあります。この場合も、そのままの意味になるのですが、女性から聞かれたからそれに答えただけということです。

ただ答えたということですので、友達として好きというそのままの意味になり、傷つけたくないためや、これから恋愛感情に発展するかわからないため、などのように隠された意味をもっていません。

そのため、聞かれたから答えたという場合にはそのままの意味しかなく、友達として好きだと思っているということになります。

興味がない

Man Standing Looking - Free photo on Pixabay (541673)

友達として好きの言葉には、興味がないという意味もあります。異性として見ていないというハッキリとした思いがあり、これ以上の関係はムリだということを伝えています。

また、友達としての関係性の深さにもよりますが、友達としての関係のままでいたいため、ハッキリと言わない場合もあります。友達としては続きていきたいと思っているためです。

それとは違って、あまり深くない関係性の場合には、友達として好きと言うことで女性に距離を置いてもらうために伝えています。そのため、これ以上はムリだから引いてという意味が込められています。

「友達として好き」と「異性として好き」の違い

Sand Heart Wood - Free photo on Pixabay (541679)

友達と異性の何が違うの?と思う人もいるのではないでしょうか。「友達」と「異性」には、違いがあるからこそ「異性」を好きに想うのですが、どのような違いがあるのでしょうか。

「友達として好き」と「異性として好き」の違いについてご紹介していきます。

友達は性別を意識しない

Bonding Casual College - Free photo on Pixabay (541682)

友達は気軽に付き合える関係性です。そのため、異性として意識していないということが、「友達として好き」と「異性として好き」の違いになります。

友達はざっくばらんに付き合えるため、扱いも雑になったりします。異性を意識していると相手の反応が気になったりしますし、気に入ってもらいたいという思いがあります。
People Girls Women - Free photo on Pixabay (541985)

2 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪