恋愛に関する英語の名言10選!言えたらカッコいいとっさの一言も

世界にはたくさんの名言が残されていますが、恋愛に関する名言はやはり西欧に勝るものはないのではないでしょうか。ことに英語は簡潔な表現で短文のものが多く、一言一言に深い意味が隠されているものが多いようです。今回はそういった英語のお洒落な名言を紹介していきます。

目次

これは、近現代日本文学を代表する作家、坂口安吾(1906~1955)が彼の著書「恋愛論」の中で書いている一文です。坂口安吾は、先に、「ああ、孤独。それをいいたもうなかれ。孤独は、人のふるさとだ。」と言った後で、この言葉をつなげています。それもこの文章だけ、「である調」から突然に「ですます調」に変えて書いています。

つまり、坂口安吾は、どのような恋愛であっても、それは人生の花なのだ、と、恋愛に対して膝を正すような思いでこの一文を宣言しているのです。人生は恋愛なくしてはあり得ない、という彼の恋愛に対する定義がこの一文で如実に表されていると考えていいでしょう。

恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである。少なくとも詩的表現を受けない性欲は恋愛と呼ぶに値しない。

Persian Poems Hafez Poet - Free photo on Pixabay (535946)

これは、「鼻」、「蜘蛛の糸」、「羅生門」などの短編小説を数多く残して最後は35歳の若さで自殺してこの世を去った芥川龍之介(1892~1927)の残した文章です。

まず、「恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである。」という一文ですが、これは、芥川龍之介が、いかに恋愛について美辞麗句を連ねても、その正体は性欲に過ぎないのだ、と言っている言葉です。恋愛をすると人は詩人になると言うけれど、結局は求めているものはセックスなのだ、というわけです。

しかし、だからといって、性欲を満たすものはすべて恋愛か、というと、芥川龍之介は「少なくとも詩的表現を受けない性欲は恋愛と呼ぶに値しない」と言っています。つまり、恋愛は性欲を伴うものだが、性欲は恋愛を伴わなうということでしょうか。

恋愛は性欲と質を異にするものではなく、より高き形における性欲である。

Feet Bed Sleep In - Free photo on Pixabay (535963)

これは、劇作家であり評論家でもあった倉田百三(1891~1943)がその代表的な作品「出家とその弟子」で書いている一文です。これもまた、上記の芥川龍之介の言葉のように、恋愛と性欲とは切り離すことはできないと言っている言葉です。

つまり、恋愛と性欲は本質は同じであり、恋愛はその一線上にセックスを伴うものであるとしています。しかし、性欲は恋愛と同じかというと、そうではなく、恋愛を伴わなくてもセックスはできると言っています。「より高き形における性欲である」からうかがわれるのは、恋愛と性欲の根本的な違いは精神性だということなのでしょうか。

恋愛は、 チャンスではないと思う。 私はそれを意志だと思う。

Cycling Rider Sport - Free photo on Pixabay (544541)

これは、「斜陽」、「人間失格」、「走れメロス」などの作品を数多く残した太宰治(1909~1948)が「チャンス」という作品の中で語っている言葉です。この作品の中で、太宰治は、何事もチャンスだ、チャンスだという風潮に対して、チャンスだけでなく意志も必要だ、ことに恋愛はそうだと言っています。

確かに恋愛が芽生えるようなチャンスがやってきても、本人にその気がなければ恋愛には発展していきません。また、この一文の後に、太宰治は、「しからば、恋愛とは何か。私は言う。それは非常に恥かしいものである。」と書いています。「恋愛をしている人間の胸中には、一体になろうとあがく性的煩悶だけしかない」、だから恋愛は恥ずかしいものだというわけです。

さらに太宰治は、恋愛においては、チャンスなどなくても意志さえあれば、恋愛に発展させることができる、と言っています。いかにも太宰治らしい考え方だと言えます。

男女の間では、 憎しみは愛の裏返しです。 嫉妬もまた 愛のバロメーターです。

Heart Love Fire - Free image on Pixabay (545790)

これは、作家であり天台宗の尼僧である瀬戸内寂聴(1922~)の、女性ならではの心理をついた言葉です。男女の関係において、何とも思っていない相手に対して憎しみは抱かないものです。「嫌いは好きの裏返し」という言葉があるように、気になる相手だからこそ、ちょっとしたことでも心が揺れ動いて「もう、大嫌い!」と思ってしまうのです。

嫉妬も同様です。好きな相手だからこそ、その人がほかの女性(男性)と親しくしている姿を見ると、嫉妬を覚えるのです。好きだという気持ちが強ければ強いほど、嫉妬も深いものになります。つまり、嫉妬は愛のバロメーターだということです。

短文だからこそのメリット

Girl Woman Smile - Free photo on Pixabay (545824)

今回紹介した英語の名言は短文です。昔は、恋人や好きな人に思いを告げるには、長い恋文を書いたものでしたが、それとはまた別に、こういった短文だからこそのメリットというものもあります。ここでは、短文のメッセージにどのようなメリットがあるのか、考察していきます。

メールやLINEで使える

Girl Teen Smartphone - Free photo on Pixabay (546799)

最近は、LINEやSlackなどでチャット形式の会話を行うことが増えてきているようです。その理由は、余計なことを書いた長々とした文章はわずらわしく、用件や言いたいことだけを伝えたい、伝えてほしい、といったユーザーの思いにあるようです。

LINEやその他のチャット形式では、1行、長くても2行くらいのメッセージがやりとりされるので、テンポのよい会話が成立します。この英語の名言は、そういった意味でも、LINEやその他のチャット形式のやりとりで便利に使うことができると言えるでしょう。

気取りすぎていない

Shoes Girls Sneaker - Free photo on Pixabay (546801)

日本語で同じ意味の言葉を書くと、ちょっと気取っているように思われたり、あるいは、こんなキザな文章を臆面もなく言うなんて…、と思われたりすることがあります。

それが英語だと、同じ意味の文章でも嫌味にならないのが不思議です。それどころか、英語だと、スマートでお洒落だと思われることが多いようです。

これは、外国語を読んで、その言葉を頭の中で日本語に置き換えるという作業において、ほとんどの人がアバウトな意味でとらえるからだと言えます。

相手に伝わりやすい

Phone Technology Pin - Free photo on Pixabay (546911)

英語が堪能な人は、英文を読む際に、単語を1つずつ読んでいくのではなく、その文章全体を視覚でとらえることで瞬時にアバウトな意味を理解すると言われています。また、主語と述語が先に来るので、英文を読みはじめたとたんに、何を言っているのかおおざっぱに把握することができます。

これに対して日本語は、主語と述語が離れていて、1語1語読み進めていかねば、何を言っている文章なのか最後までわかりません。したがって、日本語で書いたメッセージを送るよりも、英語で書いたメッセージを送る方が、その文章の意味が相手に伝わりやすいと言えるでしょう。

英語の恋愛名言の使いどころ

Valentine Heart Love - Free photo on Pixabay (546920)

ここでは、英語の名言をどのような時に使うと効果があるのか、考えてみます。

恋愛相談

Business Deal Laptop - Free photo on Pixabay (546936)

3 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪