恋愛に関する英語の名言10選!言えたらカッコいいとっさの一言も

世界にはたくさんの名言が残されていますが、恋愛に関する名言はやはり西欧に勝るものはないのではないでしょうか。ことに英語は簡潔な表現で短文のものが多く、一言一言に深い意味が隠されているものが多いようです。今回はそういった英語のお洒落な名言を紹介していきます。

目次

恋愛相談を受けた場合などに、じっくりと話を聞いてあげてアドバイスをしてあげたうえで、最後にとっておきの方法として、英語の名言を使う手もあることを教えてあげると喜ばれるのではないでしょうか。

相談の内容を聞いて、その人が抱えている恋愛の悩みや状況に応じて、選ぶ名言も異なってきます。深刻な悩みであればあるほど、英語でさらりとメッセージを送ると、意外性も手伝って、相手の心に何かを投げかけることができるかもしれません。

狙っている相手を落とす時

I Beg Your Pardon Marriage - Free photo on Pixabay (553791)

ずっと気になっていて、いつかそのハートを射止めたいと思っている相手がいるならば、この英語の名言を使う絶好のチャンスかもしれません。本格的なアプローチをする前に、LINEなどで意味深な英語の名言を送ってみてはどうでしょう。

英語のメッセージだけでも「あれ?」と思って、スルーせずに読んでしまうものですが、それが偉人や有名人の残した名言ともなれば、送られた相手は興味をそそられていろいろと調べたくなるはずです。

そして、そんな名言を知っているあなたに対する見方が変わったりあなたに関心を抱きはじめたりすれば、しめたものです。ただし、あくまでもさりげなく、さらりとスマートにいきましょう。

BARなどお洒落なデート

Bar Beverage Cocktail - Free photo on Pixabay (553864)

お洒落な英語の名言が似合うシーンは、お洒落な大人のデートです。例えば、雰囲気のある隠れ家的な静かなバーのカウンター席とか、ホテルの最上階にある夜景が見渡せるラウンジとかがぴったりです。

BGMでジャズなど洋楽が流れていれば、自然に会話はその曲の話から英語の話になり、そこからさりげなく英語の名言を持ち出すというのはいかがでしょう。ペンと紙があればなおさら2人の会話ははずむはずです。この場合、名言は1つだけではなく、同じ意味合いのものを3つ4つ用意しておくとよいでしょう。

手紙で気持ちを伝える時

Fountain Pen Letter Handwriting - Free photo on Pixabay (553904)

好きな相手に気持ちを伝る場合、最もオーソドックスな方法が手紙です。その手紙の中に英語の名言を使うのも効果的かもしれません。その際、使い方や使うポイントに工夫をする必要があります。

相手に打ち明けたい本心を英語の名言に秘めるというのはどうでしょう。ありきたりのラブレターだと、読んでそれっきり、ということも多々ありますが、英語のメッセージ付きの手紙だと、相手は興味をそそられて、その意味を調べようとするはずです。そしてあなたのインテリジェンスとスマートな告白に胸ときめかしてくれるかもしれません。

誕生日などのプレゼントのメッセージカード

Gift Pack Give - Free photo on Pixabay (553934)

好きな人へのプレゼントの中に、英語の名言を書いたメッセージカードをしのばせるのもお勧めです。プレゼントだけでも会話ははずみますが、さらにカードが入っていれば、そしてそこに英語の名言が書かれていれば、2人の間の距離感はぐっと縮まることでしょう。

カードをはさんで2人でカードに書かれている英語を声に出して読んだり、あなたが説明するその名言の意味に関して相手が質問してきたり、と、名言を介して豊富な会話が交わされて2人の親密度は急激に増すことでしょう。

ペアリングなどの刻印

Wedding Rings Gold Marriage - Free photo on Pixabay (553950)

ペアリングなどに英語の名言を刻印するという方法も素敵です。ペアリングを贈る相手は恋人かフィアンセか、それなりの相手のはずです。思い切って永遠の愛を誓うような名言を刻んでもらうのもいいのではないでしょうか。

あるいは、いつまでも今の思いを忘れないための戒めの意味を込めた言葉でもいいでしょう。夫婦に関する言葉でもいいかもしれません。今の恋愛の思いは、いっしょに時を過ごすうちにその色合いは変わっていきますが、いつまでもお互いがお互いを必要とし、相手への感謝の思いを抱き続けられるような、そんな言葉を探してみましょう。

英語で言えたらかっこいいとっさの一言

Book Bezel Read - Free photo on Pixabay (555479)

日常の会話でさり気なく使うととてもかっこいい英語のフレーズがあります。ここではそういったフレーズをいくつか紹介します。

After you./お先にどうぞ

Woman Girl Bike - Free photo on Pixabay (555527)

部屋の出入りを行う時やエレベーターに乗る時、食事の時に何かを取ろうとした時など、「お先にどうぞ」という言い方はよく使います。これを英語にした表現が「After you.」です。これは、「I will go after you.」とか「I will do after you.」などの省略形です。つまり「あなたの後から行きますよ(やりますよ)」と言っている言葉です。

これと同じ意味の言葉で、もっとラフで直接的な表現に「Go ahead.」があります。親しい間柄、例えば家族や友達同士などでよく使われます。「ほら、先にやって」とか「先に行って」みたいなニュアンスの表現です。この場合は、前後に「please」をつけることも多々あります。

It’s up to you./お任せします

Puppy Dog Pet - Free photo on Pixabay (555564)

何かを決めようと相手に相談した時によく返ってくる言葉です。例えば、「今度の日曜日、海に行く?それとも映画に行く?」と相手に尋ねたときに「It's up to you.」と言われたりします。これは、「君が決めていいよ」、つまり「任せるよ」と言っている言い回しです。

「ランチ、どこに行く?中華にする?それともパスタにする?」に対して、「どちらでもいいから君に任せるよ」といったニュアンスで返事をする場合なども、「It's up to you.」または「Up to you.」と答えましょう。

これよりもちょっとシビアな意味でも使われることがあります。例えば、「~することを決断したり解決したりする責任は…にある」、という意味で使われる場合です。「It's up to you to pay for a trip.」は、「旅行の費用はあなたが責任をもって支払ってください」といった意味になります。

You made my day!/すばらしい一日だったよ

Clouds Sky Blue Cumulus - Free photo on Pixabay (555635)

英語のフレーズは、短いものに深い意味があったりするものです。この「You made my day!」も同じです。直訳すると、「君はわたしの1日を作った」という意味になりますが、このフレーズはそんな文字面の意味だけで終わるようなものではありません。

これは、例えば、デートをして帰ってから、外出先で誰かに助けてもらったり親切にしてもらって帰宅した後に、忘れ物を届けてもらったりした後に、その相手に電話やLINEなどで伝える、「あなたのおかげで今日はすばらしい1日になりました」といった感謝の言葉なのです。

わたしたち人間は、誰かによくしてもらったら、その日は1日中心がホカホカして幸せな気分でいられるものですが、おまさしくこのフレーズは、そういった心情を巧みに表していると言えるでしょう。

It’s a piece of cake!/朝飯前さ

Plum Cake Tarte - Free photo on Pixabay (555669)

4 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪