2019年7月26日 更新

任天堂のゲームには暗い内容が隠されていた?黒い任天堂の内容を紹介!

貴方は黒い任天堂を知っていますか?任天堂はポケモンやピクミン、ゼルダなど、子供から大人まで幅広い世代に人気のゲームがありますが、実はその中には暗い内容が隠されています。この記事ではどうぶつの森のサイハテ村や隠された下ネタなど、黒い任天堂について紹介しています。

目次

楽しいゲームには秘密が隠されている?

Secret Lips Woman - Free photo on Pixabay (500446)

ポケモンやどうぶつの森など、幅広い世代に人気のあるゲームを制作している任天堂ですが、そのゲームには隠された秘密があることをご存知でしょうか?

任天堂のゲームと言えば、小さな子供から大人まで楽しむことが出来るゲームとして有名です。ゲーム好きであれば、誰でも1度は任天堂のゲーム作品に触れたことがあるのではないでしょうか?

しかし、任天堂のゲームはファンの間では「黒い任天堂」と呼ばれる一面もあります。この記事では、黒い任天堂と呼ばれているゲームを紹介していきます。

黒い任天堂とは

Children Win Success Video - Free photo on Pixabay (500447)

では、黒い任天堂とは、どういう意味なのでしょうか?任天堂のゲームには、大人にしか分からないようなブラックジョークや下ネタなどが、ゲーム内に組み込まれていることがあります。

明るく子供向けのイメージのある任天堂とは真逆であることから、この一面のことをファンの間では「黒い任天堂」と呼んでいます。この黒い任天堂の要素を、多くのファンはゲームを楽しむ要素の1つとして認識しています。

黒い任天堂の話は、公式が言及しているものから、ファンの考察によるものまであります。

黒い任天堂の例【ポケモン】

Pokemon Pikachu - Free image on Pixabay (500449)

黒い任天堂とはどういう意味なのかについて解説しました。任天堂のゲームには、明るい要素だけでなくブラックジョークや社会風刺など、様々な暗い要素も含まれていると言われています。

黒い任天堂の要素について、「大人になってもう一度やり直して気が付いた」という人も多いのではないでしょうか?では、黒い任天堂とはどのようなものがあるのでしょうか?

任天堂のゲームの中でも代表的な作品の1つとして、先ずはポケモンの黒い任天堂の要素について、それぞれ解説していきます。

マボロシじま

Bank Water Boat Rowing - Free photo on Pixabay (500450)

マボロシじまとは、ポケモンのルビー・サファイア・エメラルドに出現するダンジョンのことです。マボロシじまは、その名の通り幻のダンジョンであり、稀に出現するダンジョンとして知られています。

マボロシじまは、「130ばんすいどう」に低確率で出現し、その確率は色違いのポケモンよりも低いと言われています。マボロシじまでは野生のソーナノが生息しており、貴重なチイラのみが自生している唯一の場所でもあります。

出現確率の低さなどから話題になった場所になります。

もりのようかん

The Road Beams Path - Free photo on Pixabay (500451)

もりのようかんは、ポケモンダイヤモンド・パール・プラチナで登場するダンジョンです。これはホラー要素があるとされており、BGMの不気味さなどからトラウマになった人が多く、黒い任天堂として有名になっています。

もりのようかんは、ハクタイの森の出口付近にある洋館です。この洋館は不気味な雰囲気とBGMが流れており、少女と老人の幽霊が登場します。また、この2人は殺されたのではないかという噂もあり、事件性があると言われています。

このことからファンの間で様々な考察がなされています。

チラーミィ

Hiding Boy Girl - Free photo on Pixabay (500454)

チラーミィとは、ブラック・ホワイトから登場したチンチラのような姿をしたポケモンのことです。元々名前が「チラ見」から来ているのではないか?とファンの間でネタとして話題になっていたポケモンです。

しかし、実際にアララギ博士との登場シーンでは、チラーミィが博士のスカートの中を覗いているような描写があります。また、ポケモンセンターにはチラーミィパンツが販売されています。

このことから、完全に「チラ見」が名前の語源だとされ、黒い任天堂だと言われています。

ミミッキュ

Toy Small Cute - Free photo on Pixabay (500458)

ミミッキュはポケモンサン・ムーンで登場したポケモンです。ピカチュウに似たボロ布を被っていることが特徴です。このボロ布の中の本体がどのような姿をしているのかは謎に包まれています。

この中身を見た者はショック死したとされており、アローラ地方では中を見た者は呪われるとされています。また、ピカチュウのボロ布を被っているのは、「ピカチュウになれば仲良くなれる」と思ったからだと言われています。

中身を見てショック死した人がいるなど、ブラックな背景のあるポケモンです。

アンノーン

Castle Gate Goal - Free photo on Pixabay (500464)

アンノーンはポケモン金・銀から登場するポケモンです。文字のような姿をしたポケモンで、遺跡の中にある古代の文字と似ていることから関係があるとされています。このアンノーンの正体について、考察がなされています。

アンノーンがもしアルファベットを語源としている場合、アルファベットがポケモンの世界では古代の文字ということになります。その為「ポケモンの世界は私たちの現実の未来の世界ではないか」と言われています。

カントー地方など現実の地域名がある理由は、これが関係しているのではないかという説もあります。

黒い任天堂の例【ピクミン】

Sunrise Space Outer - Free image on Pixabay (500466)

ピクミンは2001年に第一作目が発売され、その後シリーズ化された作品です。主人公のキャプテン・オリマーが、ピクミンと呼ばれる不思議な生物を引き連れて冒険をするというゲームになります。

ピクミンの可愛らしい見た目や、能力の違うピクミンを駆使するゲーム性から人気のある作品です。このピクミンにも、黒い任天堂の要素があると言われています。

では、ピクミンにおける黒い任天堂の要素とは、どのようなものがあるのでしょうか?ピクミンの黒い任天堂要素を紹介します。

ピクミンのCM

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪