尼崎児童暴行事件の概要と経緯!加害者と被害者のその後と現在

「尼崎児童暴行事件」をご存知でしょうか。小学生の男児が起こした性犯罪。未成年が起こした驚くべき性犯罪はいまだ謎に包まれたまま・・。そこで、今回は「尼崎児童暴行事件」の全貌と裏側を徹底的に調べていきたいと思います。ご覧ください。

目次

尼崎児童暴行事件の概要

Classroom School Education - Free photo on Pixabay (336881)

皆さんはご存知でしょうか。「尼崎児童暴行」のことを。この事件は、2006年に兵庫県尼崎市で起こった悲しく衝撃的な事件です。当時、小学四年生の男児が同級生の女児に対して性的な暴力を行いました。小学四年生の「性的犯罪」は衝撃を与えました。

しかし、この「尼崎児童暴行事件」は発覚をしてから世間に拡散されるまでに時間がかかりました。加害者の少年家族と被害者の家族の話し合い、学校の対応、様々な裏側があったのが原因とも言われています。「いじめ」とも「性犯罪」ともいえる「尼崎児童暴行事件」。この記事では、事件の全貌と性犯罪についてご紹介していきたいと思います。

現場は加害男児の自宅

Roof Windows Attic Boy Stare Out - Free photo on Pixabay (336942)

事件は、2006年11月半ば兵庫県尼崎市で起こります。現場は加害男児と言われている尼崎市立の小学校に通っている小学四年生の男児児童の自宅でした。男児の自宅は、市営住宅の四階。

被害者となった女児は、同級生の男児に誘われ、加害者男児の家に行きました。この加害者男児の自宅で、性的暴行が行われたのです。

この事件は、加害者の男児(当時小学四年生)の他に、複数の男児児童も関係しています。加害者の男児がこの事件を提案し、実行されたと言われていますが、その場には複数の男児児童も居合わせたと言われています。

そして、事件後も加害者男児を含め複数の男児児童たちで、被害者女児に性的いじめを集団で行っていました。

加害者男児は性的暴行だけでなく口止めのための暴行も

Hands Trunk Creepy - Free photo on Pixabay (337177)

加害者男児は、被害者女児に対し、下半身を触る、舐める、指を入れるなどの行為を行いました。しかし、性交自体は行いませんでした。
加害者の男児らは、性的暴行を被害者女児に行ったあと、親にいうななどと口止めをし、被害者女児を足で蹴る、石を投げるなどのなどの暴行も行ったのです。

石を投げる、蹴るなどの暴行は事件が起こった後もしばらく続いたといいます。加害者男児の中で、この行為は、口止めのつもりだったのです。

被害女児の訴えにより事件発覚

Phone Dial Old - Free photo on Pixabay (337206)

この事件で、女児は大変怖い思いをし、たくさん一人で悩み苦しみました。しかし、耐え切れなくなった被害者女児は、親しかった女友達の児童に、加害者男児にされたことを相談します。

女友達の児童の家族が、内容を知り学校へ通報。こうして、被害者女児がされた暴行が発覚するのです。

尼崎児童暴行事件の詳細

Eyes Green Child - Free photo on Pixabay (337212)

先程「尼崎児童暴行事件」の概要についてご紹介しましたが、もっと詳しく「尼崎児童暴行事件」について掘り下げていきたいと思います。小学生の間で起こった事件。いじめなのか、性犯罪なのか、様々な意見があった「尼崎児童暴行事件」。

では、この「尼崎児童暴行事件」は、どのような経緯で起こってしまったのでしょうか。さらに詳しく事件の内容をご説明していきたいと思います。

事件のきっかけは親のアダルトビデオ

Children Tv Child - Free photo on Pixabay (338056)

今回起こった事件のきっかけは、加害者男児の親が所有していた【アダルトビデオ】を見た影響とされています。このアダルトビデオを見て、加害者男児は同じことをしてみたいという興味を抑えることができなかったのです。そして、実行に移しました。

事件発覚後、先生に問われた加害者男児は「AVと同じことをしてみたかった」そう言ったと言います。

2006年11月女子児童を誘い男児の家へ

Teddy Bear Stuffed Animals - Free photo on Pixabay (338097)

2006年11月半ば、被害者女児を同級生の男児が遊びに誘いました。被害者女児は、行き先を告げられませんでしたが同級生男児の誘いを疑うことなく承諾し、同級生男児の自転車の後ろに乗ったのです。

そして、付いた先は先程もご紹介した、加害者男児の自宅である市営住宅でした。

「ズボンとパンツを脱げ」と命令

Dark Moody Scary - Free photo on Pixabay (338223)

加害者男児の自宅に着いた同級生男児と被害者女児。そこで、しばらくテレビゲームをして、遊んでいたようです。テレビゲームが一通り終わったころ、加害者男児が被害者男児は立ち上がり、被害者女児を呼び隣の部屋に連れて行きました。その部屋にはベッドがあったと言います。

そこで加害者男児は、強い口調で「ズボンとパンツを脱いで」と被害者女児に命令したのです。

男児は女児の性器を舐め、指を入れる

Door Bad Luck 13 - Free photo on Pixabay (340182)

ベッドのある部屋で加害者男児に「パンツを脱いで」と言われた被害者女児は、その時の加害者男児の強い口調に恐怖を感じ、逆らえませんでした。被害者女児は言われた通り、上半身はそのままで、ズボンとパンツだけを脱ぎました。

そして、加害者男児はパンツを脱いだ被害者女児の下半身を触ったり、舐めたり、指を入れたりしました。しかし、性交自体はなかったと本人たちは言っています。

「絶対に親に言うな。言ったらしばく」と口止め

1 / 8

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本や世界の不思議な事件まとめ!中には未解決の事件も?

日本や世界の不思議な事件まとめ!中には未解決の事件も?

日本や世界では不思議な事件が多く起きています。未解決の事件もたくさんあり、発生理由がわからなかったり行方不明のまま見つからなかったりするものもあります。どのような事件が起きているのか日本編と世界編に分けて詳しくご紹介していきます。
光市母子殺害事件の詳細と判決!大月孝行の壮絶な生い立ちと現在は?

光市母子殺害事件の詳細と判決!大月孝行の壮絶な生い立ちと現在は?

1999年に発生した光市母子殺害事件の犯人は大月孝行(旧姓・福田)という男性でした。犯人の男は18歳という若さで主婦・乳幼児を殺害したのです。今回は光市母子殺害事件について詳細を紹介すると共に、死刑に至るまでの経緯、そして大月孝行の生い立ちを紹介して参ります。
ホモフォビアの意味と原因とは?同性愛の歴史と日本で起きた事件

ホモフォビアの意味と原因とは?同性愛の歴史と日本で起きた事件

性について寛容と言われる日本でも多く存在する『ホモフォビア』という思想をご存じでしょうか。同性愛などの性的思考と関係が深いその言葉が生まれた歴史的背景や、原因について、また世界での捉え方も同時に触れて、性的志向への議論に関しても考えて行きます。
アメリカの有名ギャング「アル・カポネ」の生涯!逮捕された理由とその後も

アメリカの有名ギャング「アル・カポネ」の生涯!逮捕された理由とその後も

アル・カポネは、20世紀のアメリカを代表するギャングです。アメリカで禁酒法が施行された時代に犯罪組織の近代化に成功し、絶大な権力を誇りました。その影響は現在まで続いています。今回は、アメリカ史上最も有名なギャング、アル・カポネの生涯に迫ります。
底なし沼は日本にも実在する?沼の仕組みや脱出法と死亡事故も

底なし沼は日本にも実在する?沼の仕組みや脱出法と死亡事故も

底なし沼は国外だけのものではなく、日本にも実在しています。ここでは、底なし沼の深さや仕組みについて解説、脱出方法・救助方法や悲しい死亡事故、また、底なし沼がある場所の特徴や底なし沼がでてくる映画や童話なども紹介していきます。

この記事のキーワード