2019年2月8日 更新

胸を小さくする方法17選!短期間で胸を小さく見せる方法も!

胸が大きいというのは一種のステータスでしょう。 しかし胸を小さくしたい!という女性も、たくさんいます。 ここでは、胸を小さくする方法をまとめてみました! ダイエット方法や短期間で胸を小さくする方法もあります! 是非是非 お目を通してみてください!

私の胸大きすぎ!小さくしたい!

Girl Sleep Female · Free photo on Pixabay (53304)

女性のステータスと言われる胸の大きさ
しかし、胸は大きければ大きいほど良いのでしょうか?

「なんてぜいたくな!」と思われるかもしれませんが、胸が大きいことにより、生じる悩みなどはたくさんあります。

どうしても嫌で嫌でたまらなくて、手術という方法を使ってバストダウンを図る人だって居ます。
かといって、無茶なダイエットや運動を行うと、胸が垂れる原因にもなります。

ここでは、そんな悩める方々のお助けになればと思い、胸に出来るだけ負担をかけない色々なバストが小さくなる方法や、バストが小さく見える方法を紹介していこうと思います!

胸が大きいと困る理由

Window View Sitting Indoors · Free photo on Pixabay (54900)

「胸を小さくすればどんなメリットが生じるか」ということは、「胸が大きいことによってどんなデメリット」が生じるか、と考えることが出来ます。

ここでは、胸が大きいと困る理由を、重点的に3つほどあげていこうと思います!

男性の目線が気になる

Woman Solitude Sadness · Free photo on Pixabay (50511)

「全ての男性が」と一括りにする気はありませんが、やはり多くの男性の方は胸に目線を向けてしまうのではないでしょうか。そしてまた、その様な目線を一度は向けられたことがあるのではないのでしょうか。
男性からの嫌な目線、生理的に無理な目線…。そういう目線ほど気付いてしまいますよね。

変なおじさんに絡まれるだけでなく、ストーカー被害、痴漢等のセクハラでは片づけられない犯罪行為の被害にあってしまった方だっているかもしれません、


People Women Talking · Free photo on Pixabay (54905)

そんな性欲と好奇心の目線が、少なくなったり無くなったりするって素敵なことだと思いませんか?

「何故被害者であるこちらが考慮しなければ!」とお怒りの方も出てくるかもしれませんが、
そのような厭らしい目線が無くなるのに越したことはないと思いませんか?

もちろん、女性側が変に気遣う必要はないとは思います。
しかし、こちらがしんどくならない程度に少し考慮をするだけで、目線が減ると思うと少し気が楽にはなるのではないのでしょうか。

可愛い下着がない

Underwear Lingerie Bra · Free photo on Pixabay (54907)

今でこそ、可愛い下着の選択肢は昔と比べたら増えました。
特にネット通販などは著しい進化を遂げており、今では胸が大きい人専用の下着販売しているネット販売店だってあります。

しかしそれでも、胸が小さい人の下着と比べたらまだまだ可愛い下着が少ないかもしれません。
「この下着可愛いのにサイズがない!」
ということも多々経験してこられたかもしれません。

また何も可愛さだけの問題ではなく胸が大きい下着選びには様々な害が生まれることもあります。
「適当に入ったお店に自分のサイズがない」「値段が高い」
等々ももはや「あるある」と言っていいかもしれません。

特に値段は重要です。
しかし「高い」からといって変に安い下着を買ってしまうと垂れてしまうかもしれないので、垂れさせないためには質の良い下着を買う必要が生まれます。
とすると、またお値段がかかってしまいますよね。

運動がつらい

Woman Pretty Girl · Free photo on Pixabay (54912)

皆さんは胸の重さがどれぐらいの重さか知っていますカ?
少なくとも、Eのサイズで梨2個分と言われています。Fでは小対玉メロン2個分、Gではパイナップル1個分、Hでは1/2大玉メロン1個分…

これだけの重さをぶら下げて運動する…と考えたら恐ろしいですよね。
胸が大きいといろいろと害が生じ、それによって運動がつらいものになっていきます。

例えば何気ないストレッチであっても、長座体前屈をすると胸が圧迫され辛いですよね。
ヨガのポーズであったりしても、ポーズにより重量感が煩わしくなったり、胸が邪魔になったりすることもあります。
Ballet Ballerina Tutu · Free photo on Pixabay (54913)

また胸が大きくて困る運動や競技の中に「バレエ」が含まれます。
バレエを習っていた方ややっていた方はご賛同出来るのではないのでしょうか。

バレエをしていて胸が邪魔になるのはもちろんの事。
そもそも胸が大きい、巨乳という状態はバレエ向きの体型ではないのです。
もちろん他にもいろいろ条件はあります。しかし大事な条件の一つという事実は変わりません。

海外のプロバレリーナーの方は手術して胸を小さくした方も少なくはないようです。
色々な対策方法はあります。
しかし、先生の指導を的確にするためには体のラインを出す必要がありますし、無意識に胸が目立つからという理由で肩を丸める癖がついてしまったりすることもあります。

なにしろ胸が気になってレッスンに集中できない!というのは大きな問題でしょう。
受けるのなら意識をバレエだけに向けてに受けたいですよね
People Woman Exercise · Free photo on Pixabay (54914)

何の違和感もなく、不快感もなく、快適に運動出来たらなぁと思いませんか?

何も重たい重量感に襲われることなく、のびのびと運動できるということは素晴らしいことではないでしょうか。

胸が大きくなる理由

Adult Body Bra · Free photo on Pixabay (54915)

どうしてそもそも胸は大きくなるのでしょうか。
根本的なところに目を向けていきましょう。
ここでは主に二つの項目に分けていこうと思います。

女性ホルモンの量

Woman Asleep Girl · Free photo on Pixabay (54918)

「女性ホルモンの分泌は、バストアップに欠かせない」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないのでしょうか?

これは本当の事です。
ではなぜ女性ホルモンの分泌が胸を大きくすることにどうかかわっているのでしょうか。

正確には2種類ある女性ホルモンのうちの1つ「エストロゲン」がバストアップに関わっています。

まず、バストアップには乳腺を発達させることがカギとなっています。
胸は脂肪と乳腺で出来ています。脂肪と乳腺の比は9:1なのですが、乳腺の数が増えることにより、乳腺を守るように周りの脂肪が増えていき、最終的に胸が大きくなるのです。

その乳腺はコラーゲンの束で出来ています。エストロゲンは乳腺の発達に関わっており、乳腺の発達を支配をしています。
なので、エストロゲンの分泌が低下すると、乳腺の発育も見込めなくなるのです。
そのまた逆で、エストロゲンが分泌されると、乳腺はその影響で発達します。
Pregnant Pregnancy Mom · Free photo on Pixabay (54919)

妊娠すると胸が大きくなる理由もここにあります。

妊娠するとホルモンバランスが大きく変わります。
前述のエストロゲンともう一種類のプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌量が増えるのです。
そしてこの2つの女性ホルモンの作用により、胸が大きくなります。

エストロゲンは乳腺を発達させ脂肪を蓄え、胸を大きくする直接的な要因なのですが、

もう片方のプロゲステロンは乳腺の先にある乳腺葉という組織に働きかけ、発達させます。(乳腺葉は母乳をつくる組織)。そして、乳腺葉の発達とともにその周りに脂肪がついていきます。

そして最終的に2~3カップぐらいバストが増える方が多いのです。
Strip Hygienic Female · Free photo on Pixabay (54920)

1 / 6

173 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪