2019年11月23日 更新

告白してくれない男性の心理8つ!男性を告白に導く方法も紹介!

「相手の好意は感じているのに告白してくれない」という男性はどのような心理でいるのでしょうか。デートに行っても告白されないと、だんだん不安になってきます。当記事では告白しない男性の心理や告白に導く方法を紹介しているので、告白されない際の参考にして下さい。

目次

当然ですが、告白する際は周りに誰もいない状況がほとんどです。なので二人きりになる状況をたくさん作る事で、相手の男性が告白する機会を増やせます。

「二人きりになったけど告白されなかった」という場合もあるでしょうが、男性側の気持ちの整理がついていなかった可能性があります。

告白は緊張するものなので、好きな女性と二人きりになったからといって告白に踏み切れるものではありません。二人きりになる状況を出来るだけ多く作って、相手の男性が告白しやすい雰囲気を女性側も用意してあげましょう。

「私のことどう思う?」と聞く

Woman Date Coffee - Free photo on Pixabay (429455)

相手への好意を伝えたり、告白しやすいシチュエーションを用意しても告白してもらえない場合は、「私のことどう思う?」と聞いてみてはいかがでしょうか。

上記のセリフで自分の相手への好意は伝わります。男性は「この人は自分の事が好きだ」という確信を得られるので、告白に踏み切る勇気が湧くでしょう。

ただし、はぐらかされたり社交辞令を言われた場合は恋愛感情を持っていない可能性が高いので、見切りをつける事を視野に入れましょう。

他の人から告白されたと相談する

Cup Restaurant Drinks - Free photo on Pixabay (429457)

意中の女性が他の男性に告白されたと知ると、突然のライバル出現に男性は女性を自分の彼女にしようとして、告白する可能性が高いです。なので実際には告白されていなくても、告白されたと伝えるのは効果的です。

注意点として、「告白されちゃった」のようにうかれていると男性側は気分が悪いのです。「会社の人に告白されたんだけど、断り方が分からない」のように相談する形で相手に伝えましょう。

ただし相手の男性消極的な人の場合、「自分よりも魅力的な人なんだろうな」「告白したら女性を困らしてしまうのか」といった心理になるので、相手の性格を踏まえた上で他の男性から告白された事を相談しましょう。

男性が告白しやすい場所

Married Couple Romantic - Free photo on Pixabay (429462)

「この女性は自分に好意がある」と確信した男性は告白に踏み切ろうとします。しかし場所や状況が悪い場合は、話を切り出しにくいです。

男性がなかなか告白に踏み切れない場合は、告白しやすい場所や状況作りを手伝ってあげましょう。男性が告白しやすい場所を4つ紹介するので、相手が告白してくれない時の参考にして下さい。

車の中

Legs Window Car Dirt - Free photo on Pixabay (429464)

二人きりの空間である車の中は男性が告白しやすいです。また、他の誰にも阻害されないので、男性が気持ちを整理して自分のペースで思いを伝えられます。大抵は男性が運転しているでしょうが、運転している人の方が心理的に大きくいられるので、男性に運転してもらう事を推奨します。

また、車から見える景色が綺麗な方が、ロマンチックな雰囲気から話を切り出しやすいです。なので「そろそろ告白かな」と思ったら、「夜景を見に行ってみたい」「夜の海ってどんなんだろうね」のように伝えて、相手が車デートに誘いやすいようにしましょう。

公園

Girl Boy Woman - Free photo on Pixabay (429477)

自然に囲まれていてリラックスした気持ちになる公園は、告白に向いている場所です。また、「誘いやすい事」「時間に縛られない事」もポイントとなります。

昼頃から集まって一緒にお弁当を食べる。夕方頃までは談笑したり、「バドミントン」「キャッチボール」などをして、人気の少なくなった夕方~夜はベンチに座ってのんびりとした時間を過ごして告白を待ってみてはいかがでしょうか。

雰囲気が良い方が男性も告白がしやすいので、「自然がライトアップされている公園」「車や人の声が聞こえにくい静かな場所」など、ムードも意識しましょう。

Man Woman Couple - Free photo on Pixabay (429485)

夏の海は気分を開放的にし、冬の海はロマンチックな雰囲気が漂っています。非日常的なシチュエーションから、奥手な男性も気持ちが高ぶって思わず告白してしまうでしょう。

ただし、「大学生が海沿いで花火をしている」「砂浜や海がやたらと汚い」などはせっかくの雰囲気が台無しなので、人のあまりいない海がおすすめです。

また海へは車で行く事が多い思うので、「告白して振られたら帰りの車内が気まずくなる」と思って、海での告白ではなく、別れ際に車の中で告白する人も多いです。

2人で歩いてるとき

Person Woman Man - Free photo on Pixabay (429493)

座っている時よりも歩いている時の方が脳が活性化するので、気持ちが前向きになります。なので、2人で歩いている時は「話を切り出す勇気が湧く」「緊張していても言葉を紡げる」などの理由から、告白に適したシチュエーションです。

また、「静か落ち着いている」「周囲に人が少ない」「ロマンチックな雰囲気」を意識した場所の方が告白してくれる可能性が高くなります。上で紹介した「公園」や「海」など雰囲気の良い場所を二人で散歩して、相手からの告白を待ちましょう。

告白してこない時は自分から動いてみて

Girl Woman Joy Of Life - Free photo on Pixabay (429494)

「何度も二人で遊びに行っている」「周りからも良い感じと言われている」「相手に好意を伝えている」にも関わらず、相手の男性が告白してくれない場合は、自分から動いてみましょう。

まず考えたいのが、相手に好意が伝わっているかどうかです。男性はプライドが高い生き物なので、振られる事を避けようとします。自分では好意を伝えているつもりでも、案外相手に伝わっていない可能性があるので、もう少しアピールしてみましょう。具体的には「自分からも連絡をする」「デートに行きたい場所を言ってみる」「一緒にいると楽しい事を伝える」などがおすすめです。

また、心に決めていてもいざ告白するという状況では、緊張してなかなか切り出しにくいものです。「早く告白してよ」と思っているだけでなく、相手が告白しやすいように、会う場所を工夫したり、シチュエーションを考えましょう。

4 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪