2019年11月23日 更新

告白してくれない男性の心理8つ!男性を告白に導く方法も紹介!

「相手の好意は感じているのに告白してくれない」という男性はどのような心理でいるのでしょうか。デートに行っても告白されないと、だんだん不安になってきます。当記事では告白しない男性の心理や告白に導く方法を紹介しているので、告白されない際の参考にして下さい。

目次

学生時代や若い頃は「好きです付き合って下さい」と素直に言えていましたが、年を重ねると「好き」という事を素直に伝えるのが恥ずかしくなります。

告白するのが恥ずかしいと感じている男性は「2人で遊びに行く」「女性に尽くす」「将来について話す」など、態度や行動で好意を示します。中には告白をしていなくても、「自分達は付き合っている」と認識している男性もいます。

しかし、女性にとっては態度や行動で示されてもそれが「本気」なのか「遊び」なのかが分かりません。なので、付き合っているような関係であったとしても、ちゃんとした告白がないと不安になります。

タイミングを掴むことができない

People Man Woman Holding - Free photo on Pixabay (429419)

相手があまり恋愛経験のない男性の場合、告白のタイミングを掴めず想いを告げる事ができていないのかもしれません。男性からすると「相手も自分の事が好きだろう」という確信を持っていても、告白は緊張するものです。

タイミングを伺っていても、「会話が弾んでいる(告白の雰囲気ではない)」「いざ伝えようとすると言葉に詰まる」といった理由から、告白に踏み切れません。

相手があまり恋愛に慣れていない場合は、夜景のようなロマンチックな場所に誘って、告白の雰囲気作りを手伝ってあけましょう。

好きな気持ちまで持っていない

Entrepreneur Startup Start-Up - Free photo on Pixabay (429421)

「2人で過ごしていると楽しい」「他の人には話せないような事を話し合える」と思っていても、恋愛感情かと言われたらまだそこまでいっていないという場合は、告白には踏み切れません。

ただし脈ナシというわけではなく、むしろ良い感じです。と言うのも男性は友達として仲良くなった相手を好きになる事が多いので、まだ2人の時間が足りていないと考えてよいでしょう。

「早く告白して欲しい」という気持ちをぐっと抑えて、これまで通り2人で遊びに行く時間を作って、少しづつ距離を縮めて行きましょう。

実は他にも好きな人がいる

Concept Man Papers - Free photo on Pixabay (429424)

「2人でよく遊びに行く」「一緒にいる時に好意を示してくる」という脈アリな状況でも告白してくれないのは、相手の男性に他にも好きな人がいる可能性があります。

自分以外にも遊びに行くような女性がいて、男性もまだ誰が好きなのか分かっていないでしょう。ここで「私達どういう関係?」「他に遊んでる人ってどんな人?」のように聞くと、「付き合ったらめんどくさい女性だな」と思われる可能性があります。

他の女性と天秤にかけられて悔しい思いもあるでしょうが、相手の中で答えが出るまでは告白されません。自分を魅力的だと思ってもらえるように努力しましょう。

実は彼女がいる

Couple African Happy - Free photo on Pixabay (429426)

相手の男性に彼女がいる場合は、なかなか告白してもらえないのも当然です。しかし、「何度かデートに行っている」「やたらと自分の事を褒めてくれる」のはなぜなのでしょうか。

男性の心理としては、「彼女の事をあまり好きではないから他に彼女候補を探している」「彼女以上に気になる人を見つけたのでアプローチしている」などが挙げられます。

ポイントは「彼女がいる事を隠している」という点です。ただの女友達と遊びに行っているのであれば、普通は彼女の話をする事もあるでしょう。そうでない場合は上記のような心理になっている可能性が高いです。

彼女以上に好きな人を見つけてなおかつその人と上手く行きそうな場合は、今の彼女から新しい人に乗り換えるつもりなのでしょう。

告白してくれない男性に見切りをつけるには?

Woman Beautiful Girl - Free photo on Pixabay (429427)

いつまで待っても告白されない場合は、見切りをつける事を視野に入れましょう。告白してくれない男性に見切りをつけるべきタイミングを5つ紹介するので、参考にして下さい。

目的は「今の相手と付き合う事」ではなく、「自分と相手が同じ気持ちでいられる人と幸せになる事」なので、告白してくれない男性には早めに見切りをつけた方が賢明です。

体の関係を持っても告白してくれないとき

Worried Girl Woman Waiting - Free photo on Pixabay (429428)

多くの女性にとって「相手への好意」と「体の関係を持つこと」はイコールです。つまり好きな相手とのみ、体の関係を持ちたいと思います。また、好きでない相手とは体の関係は持ちたくないという人がほとんどです。

対して男性は必ずしもイコールではなく、好みの女性を目の前にすると「できれば体の関係を持ちたい」と思っています。なので、体の関係を持っているのであれば目的は果たしているので、他の女性への興味が強くなります。

女性は付き合うために体の関係を持とうとしますが、男性は体の関係を持つために付き合おうとします。付き合う前に体の関係を持ってしまった場合は、見切りをつけた方が賢明です。

他の男性の影に焦らないとき

Girl Bed Hair - Free photo on Pixabay (429430)

女性に他の男性の影があると、男性は取られまいと焦って告白に踏み切る可能性が高くなります。例えば「昨日は何してたの?」と聞かれた時に「○○君と水族館行ったよ」と答えたとします。

相手が自分に気があれば「その人とはどういう関係なの?」「何回くらい遊びに行ってるの?」と詮索してきたり、「君に彼氏が出来たらショックだな」「僕も水族館好きだし一緒に行こうよ」のように自分をアピールしてきます。

「君にもやっと春が訪れたか」「良い感じじゃん付き合いなよ」のように男性との関係発展をポジティブに捉えている、あるいはあまり興味を示さない場合、相手は自分に異性として興味のない可能性が高いです。なので、相手が他の男性の影に焦らないのなら見切りをつけましょう。

連絡がとれないことが頻繁にあるとき

Girl English Dictionary - Free photo on Pixabay (429431)

「メールやLINEの返事が遅い」「通話をかけても滅多に出てくれない」など、連絡がとれない事が頻繁にある場合は、脈ナシと判断されるので、相手が告白してくれない事を受け入れましょう。

ただし連絡を取る頻度は人によって違うので、自分の価値観で考えないようにしましょう。例えばLINEやメールをほとんどしない人が1日1回連絡をくれるのは、相手にとって多く連絡している方です。逆に常に携帯電話を触っている人が1日1回しか連絡をくれない場合は、あまり自分に興味が無いと考えられます。

また、知り合った頃との比較でも相手の脈を判断できます。初めと比べて連絡の頻度がどう変化したのかに注目しましょう。「相手の普段の連絡頻度」「出会った頃の連絡頻度」と比べて連絡がとれない事が頻繁にある場合は、告白してくれない男性に見切りをつけた方が賢明です。

他の女性とも連絡をとっていると気づいたとき

Email Business Smartphone - Free photo on Pixabay (429432)

相手の男性が他の女性とも連絡を取っていると気付いた場合は、見切りをつける事を視野に入れましょう。同時進行で複数の女性にアプローチしている男性は、保険をかけて恋活するタイプです。また、付き合うなら「自分だけに特別な感情を持ってくれる人」の方が良いのではないでしょうか。

ただし、連絡を取っている相手が「昔から仲良い女友達からの相談」や「共通の友達の結婚式や誕生日の企画のため」の可能性もあります。焦ってすぐ見切らないように注意しましょう。

付き合うことを促してもはぐらかされるとき

Young Woman Sea - Free photo on Pixabay (429434)

2 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪