世界各国の可愛い言葉24選!ヨーロッパ諸国からアジア圏まで!

世界中には可愛い言葉がたくさん存在します。特に女性の方が可愛い言葉を使っていると更に可愛さが増します。では、可愛い言葉とは、一体どのような言葉を言うのでしょうか。そこで、韓国語・フランス語・英語・日本語・イタリア語・中国語の可愛い言葉を紹介します。

世界の可愛い言葉【日本語編】

Hands Love Couple - Free photo on Pixabay (326787)

世界にはたくさんの言葉があります。私たちの言語でもある日本語のほかに、英語や中国語、韓国語やイタリア語など、たくさんの言葉が存在します。そして、世界にはたくさんの「可愛い言葉」があります。日本だけでなく、世界中に可愛い言葉が数多く存在します。

では、日本語の「可愛い言葉」とは、一体どのような言葉を言うのでしょうか。いくつかご紹介します。

にゃんこ

Cat Sweet Kitty - Free photo on Pixabay (326867)

よく猫を「にゃんこ」と言う人が周りにいませんか。猫を可愛く言うと「にゃんこ」と言ったり「猫ちゃん」と言ったり、猫の愛称はたくさんあります。猫を飼っている人や、猫が可愛すぎてついつい「にゃんこ」と言ってしまう人も多いのではないでしょうか。猫のことを親しみをこめて「にゃんこ」と言ったりもします。

例えば小さい子供であれば、犬を「わんわん」や「わんちゃん」と呼んだりします。動物は可愛い生き物で癒し効果もあり、ついつい可愛がりすぎて日本語が崩れてしまい、可愛い言葉になってしまいます。

さくらんぼ

Cherries Sour Morello - Free photo on Pixabay (331288)

さくらんぼは数ある果物の中で、人気の果物の一つでさくらんぼが有名な場所では「さくらんぼ狩り」などが行われており、全国からたくさんの観光客が訪れます。さくらんぼという言葉、そして赤くて丸みを帯びた見た目等全て含めてとても可愛らしい言葉と見た目をしています。

なぜ、さくらんぼという名前になったのかと言うと、一番有力な説が、さくらんぼは漢字で書くと「桜ん坊(さくらんぼう)」と書きます。桜ん坊から「う」が抜けたことが「さくらんぼ」という名前になったと言われています。

○○ちゃん

Children Siblings Brother - Free photo on Pixabay (331391)

小さい頃、良く友達のことを敬称で「○○ちゃん」と呼んだ経験はありますか。特に女性の方は小さい頃友達同士で名前+ちゃん付けで呼んでいたのではないでしょうか。親御さんでも自分の子供に親しみをこめて、子供の名前+ちゃん付けで呼んだりする家庭もいます。

特に「ちゃん」付けの呼び方は、高齢者に対して使われることが多く、「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼んだりします。○○さんよりも、ちゃん付けの敬称で呼んだほうが親しみがあり、呼びやすいことから数多くの日本人に使用されている呼び方の一つです。

「○○ちゃん」という今では浸透している呼び方ですが、語源は「○○様」が「○○さん」に、更にそこから言葉が崩れて行って「○○ちゃん」という風になっていったのが有力な説です。

ぽよぽよ

Hot Air Balloons Adventure - Free photo on Pixabay (331438)

現在はあまり耳にしませんが、一時期インターネット上で「あげぽよ」など語尾に「○○ぽよ」がついた言葉が流行りました。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。主に女子高生など10代の中で大流行しました。

「暇ぽよ」「あげぽよ」「さげぽよ」などがあり、特に「あげぽよ」はテンションが上がっている状態のときに使用する言葉です。では「ぽよ」という言葉に意味があるのかというと、特に意味は無く、ただ可愛いからという理由で付いている接続語です。

世界の可愛い言葉【韓国語編】

Nightlife Republic Of Korea Jongno - Free photo on Pixabay (331448)

日本の隣にある韓国ですが、韓国語にも実は可愛い言葉がありました。あまり韓国語を聞かない人や聞く機会が無い人、逆に韓国が好きで旅行に行ったり韓国語を勉強したりする人も中にはいます。

では韓国語で可愛い言葉とは一体どのような言葉があるのでしょうか。

オッパ

Men Women Apparel - Free photo on Pixabay (331453)

韓国語を勉強している人や、韓国ドラマを見たことがある人は一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。オッパを韓国語で書くと「오빠」となります。意味は日本語で「お兄さん」という意味で、実の兄や親しい男性や彼氏、応援している芸能人などの敬称として使われる言葉です。

オッパは女性のみが使える韓国語で、自分の兄弟以外でも親しい男性に親しみを混めて、年上男性のことを「オッパ」と呼びます。なので親しい関係でないのに「オッパ」と呼ぶのは馴れ馴れしい印象を与えてしまうので、親しい間柄になったら「オッパ」と呼ぶようにしましょう。

ポッコ

Republic Of Korea Traditional - Free photo on Pixabay (331474)

春になると、桜が満開になりお花見シーズンがやってきます。韓国語で桜はポッコ(벚꽃)と言います。日本語で「桜」という意味です。ポッコという表現が何とも可愛らしい表現をしていて、つい口ずさみたくなるような言葉です。

ちなみにお花見を韓国語で「ポッコンノリ(벚꽃놀이)」、桜の花びらを韓国語で「ポッコッニプ(벚꽃잎)」といいます。桜を現すポッコの「ポッ」は「桜」と言う意味を現し、「コッ」は「花」と言う意味を現す固有語です。

ポム

Spring Bird Tit - Free photo on Pixabay (332567)

ポム(봄)という韓国語があります。意味は「春」という意味です。こちらも日本語にはあまり無い可愛らしい言葉で、つい口に出したくなるような言葉です。「チョボム(초봄)」は初春、「ポモッ(봄옷)」は春服、「ポムナル(봄날)」は春の日、「ポンハンハク(봄방학)」は春休みと、春を使った韓国語はたくさんあります。

韓国には日本同様の四季があります。四季を現す韓国語があり、夏は「ヨルム(여름)」、秋は「カウル(가을)」、冬は「キョウル(겨울)」と言います。ちなみに四季は韓国語で「サケジョル(사계절)」と言います。

アンニョン

Hand Print Hieroglyph Language - Free photo on Pixabay (332736)

韓国語をあまり知らない人や詳しくない人でも、「アンニョン」という言葉は耳にしたことがあるのではないでしょうか。「アンニョン(안녕)」は韓国語の挨拶で、「おはよう、こんにちは、こんばんは」と朝から晩まで全部の時間帯に使える挨拶です。どこの場面でも使える便利な言葉です。

アンニョンは親しい間柄の関係である同士が使う挨拶の言葉で、韓国は上下関係にうるさい国なので目上や年上の方に対しては「アンニョン」ではなく「アンニョンハシムニカ」という言葉を使うようにしましょう。

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪

拝金主義の意味と資本主義との違い!日本の拝金主義は終焉するのか?

拝金主義の意味と資本主義との違い!日本の拝金主義は終焉するのか?

拝金主義という言葉を知っていますか?普段は意識していない人がほとんどですが、多くの日本人が実は拝金主義者なのです。アメリカの影響から浸透したと言われる拝金主義の本当の意味とは?また、資本主義との関係、拝金主義に終焉の有無について紹介します!
日本は生きづらいと感じる理由は?海外との比較と女性や若者の現状

日本は生きづらいと感じる理由は?海外との比較と女性や若者の現状

貴方は「日本は生きづらい国だ」と感じたことはありませんか?現在日本では若者や女性、発達障害のある人など、様々な人々が日本は生きづらいと感じています。この記事では、日本が生きづらい理由はどこにあるのか、海外から見た日本はどのような国であるのかを紹介していきます。
日本人の性格は陰湿で悪い?日本人の性格の特徴と海外の反応

日本人の性格は陰湿で悪い?日本人の性格の特徴と海外の反応

日本人は陰湿で性格が悪いという事を聞いた事はありませんか?海外交流が増えてきた今、海外の人達の反応も気になりますよね。日本人がどんな特徴を持っていてどんな性格が多いのかを紹介していきます。海外交流が上手くいく様に参考にしてみて下さい。
同調圧力が気持ち悪い?日本や海外の同調圧力の実例とその対策

同調圧力が気持ち悪い?日本や海外の同調圧力の実例とその対策

同調圧力の意味や対策、同調圧力をする理由について知りたい方に詳しく解説いたします。日本と海外の例を参考に、学校教育における同町圧力や、女性によくある同町圧力の実例に関しても触れながら、生きづらさや気持ち悪い感覚を抱く方に向けて、分かりやすく分析いたします。
韓国人は日本が嫌いなのになぜ来る?その理由と反日感情の薄れの関係

韓国人は日本が嫌いなのになぜ来る?その理由と反日感情の薄れの関係

日本が嫌いだと言いながら、韓国人は日本旅行を楽しんでいます。また、日本に対して高感度が上昇している韓国とは対象的に、日本人の韓国に対する高感度は下降傾向です。日本人と韓国人の心境が変化した理由とは、裏には何があったのか、逆転する日韓の背景を探ります。

この記事のキーワード