鍵っ子の性格や特徴とは?小学生の鍵っ子を持つ親が注意するべきこと

鍵っ子と言えば主に小学生の中学年からなり始めるのですが、性格や特徴にも傾向が表れるのはご存知ですか?鍵っ子にする場合は致し方ない場合もありますが、防犯対策や注意点をしっかりとしていないと危険です。近年では物騒なので、そのようなリスクを含めてご紹介します。

目次

鍵っ子とは

Doubt Portrait Doubts - Free photo on Pixabay (472691)

皆さんは鍵っ子という言葉をご存知ですか?鍵っ子になる機会がない場合は知らない人もいらっしゃるのですが、近年ではこの鍵っ子が増えているとされ、多くの人に知られている言葉となっています。

鍵っ子には性格などにも典型的な特徴が存在するのですが、やはり親や子供ともに気をつけるべき点も存在します。

致し方ない状況であることから鍵っ子になることが多いのですが、鍵っ子の特徴や注意点を含めてご紹介していきます。

鍵っ子とは何か

Book Hardcover Text - Free photo on Pixabay (472692)

鍵っ子を先程も触れたようにご存じない方もいらっしゃるのですが、鍵っ子とは「鍵を持たされ、一定時間帰宅後に一人になる時間がある子供」のことを指します。

そのため、小学校などから帰宅した際には親や親族が不在の時間が続き、家で一人になる時間があるような子供のことを言います。

今ではこの鍵っ子になる子供はかなり多くなっているのですが、やはり様々な点に注意して置く必要があります。

鍵っ子になる場合は今回ご紹介する注意点などをご参考いただき、危険に対して再度認識してください。

鍵っ子という言葉が生まれた背景

Urban People Crowd - Free photo on Pixabay (472693)

鍵っ子という言葉は近年では知られている言葉になっているのですが、この鍵っ子という言葉が登場したのは時代背景も関係しています。

というのも、鍵っ子が実際に増えたのは1960年代とされているのですが、1960年代には景気が悪い状態であることから家計が大変になり、共働きをする家庭が増えました。

共働きで夫婦二人の場合にはあまり問題ないのですが、共働きでも子供がいるようなご家庭ではやはり仕事の関係もあり、学校が終わる時間帯には帰ることが難しいので子供に鍵を持たせるという状況が生まれました。

鍵っ子と呼ばれるのは小学生のみ?

Child Boy Portrait - Free photo on Pixabay (472696)

鍵っ子が生まれたのはご紹介したことからもわかるように、時代背景が大きく関係しているのですが、このような鍵っ子は主に小学生のみ言われる場合が多いです。

共働きのご家庭でも仕事環境や家庭環境が異なるので、小学1年生でも鍵っ子になる場合があります。小学1年生の鍵っ子はやはり大きな不安が残るため、多くの物議が存在はするのですが、家計を支えるための仕事と考えると致し方ない部分がやはりあります。

しかし、中学生になるとある程度自立した精神を身につけることができるため鍵っ子ということは比較的少ないです。

そのため、鍵っ子は小学生のみの言い方として使われることが多い傾向があります。

我が子を鍵っ子にしたくない場合は?

Adult Mother Daughter - Free photo on Pixabay (472697)

時代背景の影響もあり鍵っ子になる子供は増えているのですが、近年では物騒な話も多く登場しています。

そのような話を耳にするとやはり我が子に対して心配になる人も多いのではないでしょうか。

我が子を鍵っ子にしたくない場合は自分の親や相手の両親に預けるのがベストですが、そのようなことができないような場合は近年では鍵っ子の増加影響もあり、学童や施設なども登場しているのでこのようなサービスを利用するのがおすすめです。

やはり学童や施設でもある程度のお金は必要ですが、我が子の安全のことを考えると安いものと考えることができやすいのではないでしょうか。

鍵っ子になる理由

Architecture Family House Front - Free photo on Pixabay (472698)

鍵っ子という言葉についてご紹介しましたが、次はそのような鍵っ子が生まれてしまう理由についてご紹介します。

というのも、やはり鍵っ子にしたくないと考える家庭は多いのですが、仕事の関係や家庭環境の関係で鍵っ子になってしまう場合もあります。

多くの人はどのような理由から鍵っ子になってしまっているのかご紹介しますので、我が子が鍵っ子になる可能性がある人は鍵っ子になる家庭の理由についてチェックしてみてください。

両親が共働きである

Office Business Colleagues - Free photo on Pixabay (472699)

鍵っ子になってしまう理由でまず最初に挙げられるのが「両親が共働き」という理由です。

時代背景のところでもご紹介しましたが、やはり近年では昔と比べて圧倒的に共働きの家庭が増えています。

さらに、日本は労働時間が海外と比べて長い傾向があるので、学校が終わるような時間帯に帰ることができない家庭も多いと言えます。

もちろん時代の景気の影響も存在しますが、子供を育てていくためにはやはりある程度の収支が必要なので、このような収支を見出すためにたくさん働いて鍵っ子が生まれてしまう状態が多くなっています。

母子家庭・父子家庭である

Girl Father Portrait - Free photo on Pixabay (472700)

共働きの家庭が増えた影響も関係しているのですが、他にも理由としてあげられるのが「母子家庭・父子家庭である」という理由です。

近年では共働きの家庭だけでなく、離婚をしてしまい母子家庭や父子家庭になってしまっている家庭も多くなっています。

このような母子家庭や父子家庭も国からの援助があると言ってもそのような援助金はかなり微量なので、共働きの家庭よりもさらに働く必要があります。

その影響で長時間労働になってしまい、学校が終わる時間には全く帰れないというような状態が生まれてしまっていることが多いです。

さらに家庭によっては稼がないといけないため子供を自宅において休日も仕事に出ている家庭もあるほどです。

鍵っ子の特徴

Children Siblings Brother - Free photo on Pixabay (472702)

鍵っ子が生まれてしまう理由についてご紹介しましたが、鍵っ子には他の子供とは違った特徴も存在します。

やはり育っている環境の違いからこのような特徴や性格の違いも出てしまうのですが、鍵っ子ならではの特徴も表れやすいので、鍵っ子になるご家庭の方や、現在も鍵っ子のお子さんがいるご家庭の方はどのような子供に育ちやすいのか、ご参考にしてください。

もちろんなりやすい傾向があるというもので、必ずしもこのような特徴になるというわけではありませんのでご注意ください。

同年代より大人びているところがある

Girl Gift Presents - Free photo on Pixabay (472703)

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪