ラッコ抱きは赤ちゃんが突然死する?やめる方法7つ

新生児がぐっすり寝てくれるラッコ抱きですが、ラッコ抱きは、赤ちゃんが突然死する可能性があると言われています。ラッコ抱き以外で寝てくれなくて、ラッコ抱きをやめたいと悩んでいるママもいるのではないでしょうか。ラッコ抱きをやめる方法などをご紹介します。

赤ちゃんを抱っこする時に注意が必要?

Mother Baby Happy - Free photo on Pixabay (486146)

赤ちゃんを抱っこする時、どういう抱き方をしていますか?新生児でも横抱きだけではなく、縦抱きをすることもあるでしょう。体が密着して赤ちゃんが安心しやすいのが、ラッコ抱きと言われる抱き方です。ラッコ抱きをすると、赤ちゃんがぐっすり寝てくれるため、ついついラッコ抱きをして寝せてしまうママも多いのではないでしょうか。

でもラッコ抱きで赤ちゃんを寝せることで、ママが動けなくて体が痛くなってしまったり、家事ができなかったりという状態になります。また、ラッコ抱きで赤ちゃんを寝せる時には注意が必要です。

今回POUCHSは、ラッコ抱きと突然死の関係、ラッコ抱きをついついしてしまう理由、ラッコ抱きをやめる方法などをご紹介していくので、ラッコ抱きに悩んでいるママは参考にしてみてください。

また、POUCHSは女性の恋愛やライフスタイルを応援する記事を多数取り扱っています。こちらの記事も、ぜひ一緒にお読みください。

ラッコ抱きとは

Indian Woman Dancer - Free photo on Pixabay (486139)

赤ちゃんを抱っこする時には、横抱き、縦抱きなど様々な抱き方があります。その中にラッコ抱きというのがありますが、ラッコ抱きとはどういう抱き方を言うのでしょうか?ラッコ抱きについてご紹介します。

新生児の赤ちゃんに多くする

Baby Sleeping Girl - Free photo on Pixabay (486149)

ラッコ抱きは、新生児の赤ちゃんに多くする抱き方です。ママが仰向けに寝て、その上に赤ちゃんをうつ伏せにして乗せる抱き方です。ママと体が密着して、ママの心臓の音を聞くことで安心して、ぐっすり眠ってくれるのです。

ぐっすり眠ってくれるなら、ラッコ抱きを試してみたいと思っているけど、新生児だと首も座っていないし心配だと思っているママもいるのではないでしょうか。ラッコ抱きのやり方は簡単です。まずはママが座った状態で、赤ちゃんの頭を支えながら、縦抱きで抱っこをしましょう。

その状態から、ママが仰向けに寝っ転がります。これでラッコ抱きの完成です。新生児の赤ちゃんがなかなか寝付いてくれないと悩んでいるママは、試してみてください。

ラッコ抱きは赤ちゃんの突然死を招く

Girl Sitting Jetty - Free photo on Pixabay (486151)

赤ちゃんがぐっすり眠ってくれるラッコ抱きですが、ラッコ抱きする時に気を付けなくてはいけないことがあります。状態によっては、突然死を招く危険性もあるのです。どうして突然死を招く危険性があるのか見ていきましょう。

乳幼児突然死症候群

Baby Feet Bed - Free photo on Pixabay (486157)

1歳未満の赤ちゃんは、乳幼児突然死症候群になる可能性があると言われています。乳幼児突然死症候群は、睡眠中に何の前触れもないままに原因不明の病気で突然死することです。乳幼児突然死症候群は赤ちゃんが息ができなくて、窒息してしまう事故とはまた別物です。乳幼児突然死症候群は、文字の通り突然起こるものなので、完全に防ぎきれるものではありません。

しかし母乳で育てている場合、赤ちゃんの乳幼児突然死症候群になっている確率が低いということがわかっています。母乳が出る場合は、できるだけ母乳で育てた方が良いようです。

また、妊娠中はもちろんのこと、出産してからも赤ちゃんの前でタバコを吸うということは避けましょう。赤ちゃんの呼吸にも影響を及ぼすようです。完全には防ぎきれないけれど、予防法を知っておくことで、乳幼児突然死症候群を減らすことができます。

うつぶせ寝に近い状態になる

Baby Girl Sleeping - Free photo on Pixabay (486159)

赤ちゃんをラッコ抱きにすると、うつぶせ寝に近い状態になります。乳幼児突然死症候群は、睡眠中に起こると前述しました。うつぶせ寝に近い状態になると、赤ちゃんの鼻と口が塞がってしまって、窒息してしまう危険性があります。

ラッコ抱きにして赤ちゃんを寝せていると、ママも疲れが溜まっていて、そのまま熟睡してしまうこともあることでしょう。しかし、熟睡してしまったら赤ちゃんが窒息していても気づかないということになってしまいます。ラッコ抱きにして寝せる場合は、ママは熟睡しないように気を付けることが大事です。

このまま熟睡しそうだと思う時は、そっと赤ちゃんを起こさないように、布団に仰向けに寝せてみることを試してみましょう。

首がすわっていない赤ちゃんは危険

Ad Baby Photography - Free photo on Pixabay (486167)

ラッコ抱きは、首がすわっていない赤ちゃんは危険だと言われています。ラッコ抱きは、赤ちゃんがうつぶせ寝に近い状態になります。首がすわっている赤ちゃんなら、もし鼻と口が塞がっていて苦しいと思ったら、顔の向きを変えることができるでしょう。

しかし首がすわっていない赤ちゃんは、鼻と口が塞がってしまったら、そのままの状態で顔の向きを変えることができません。気付かないでいたら、窒息してしまう危険性があります。ですから、ラッコ抱きする時は、赤ちゃんの顔を横向きにして息ができていることを確認するようにしましょう。

ラッコ抱きをしてしまう理由

Why Text Question - Free image on Pixabay (486168)

赤ちゃんを抱っこする時、ついついラッコ抱きをしてしまうというママもいるのではないでしょうか。なぜラッコ抱きをしてしまうのでしょう。ラッコ抱きをしてしまう理由をご紹介します。

可愛い

People Bed Baby - Free photo on Pixabay (486169)

ラッコ抱きをしてしまう理由は、可愛いからです。ラッコ抱きしていると、赤ちゃんのぬくもりを感じることができます。赤ちゃんはだんだん成長して、体重も重くなってくるから、ラッコ抱きは今のうちしかできないと思い、ついついラッコ抱きしてしまうのです。

自分の上でスヤスヤ寝てくれる赤ちゃん、いろいろな表情を見せてくれる赤ちゃんを見ていると、何て可愛いんだろうと思うことで、ラッコ抱きが赤ちゃんが可愛いと思える抱き方で一番だと感じるのです。

安心できる

Newborn Kid Newburn - Free photo on Pixabay (486171)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪