セカンドパートナーはどんな関係?作り方と肉体関係の有無

セカンドパートナーとはキスまではするけれど、肉体関係のないプラトニックな恋人です。不倫と何が違うのか、法律的に問題がないのか、セカンドパートナーの作り方など、色々な方向から解説します!気持ち悪いと思う人も、欲しいと思う人も必見です。

目次

セカンドパートナーを持っている人は、家庭を壊すつもりは毛頭ありません。配偶者を傷つけたり嫌な思いをさせたりはしたくないのです。

でも若い時のようなときめき、恋愛感情は楽しみたい、なにも失わず大好きな異性と時間を共有したいという気持ちがあります。

その二つの感情が合わさった結果、選択するのが不倫ではなくセカンドパートナーという関係性になります。法律的に不貞行為は行っていないという言い訳を用意して、家庭と配偶者を守りつつ、恋愛を大いに楽しむのが理想なのです。

友達の延長線上

 (402856)

セカンドパートナーを求める心理として、「恋愛をしていたい」の次にでてくるのが、この「友達」というワードです。セカンドパートナーは親友、配偶者とは違う意味で欠かせない存在という考え方です。

性別を超えた親友というのは確かに世の中に存在するのでしょう。決して裏切ることのない、絶対の信頼関係で結ばれた異性の友達というのはとても素敵な関係性です。

しかしセカンドパートナーはその素敵な関係とは少し違い、恋人ではない、でも友達よりは近いという「恋人になるちょっと前の甘い空気の漂った関係」という意味合いなのです。

配偶者のストレスを発散したい

 (402891)

一緒に生活をしていれば、ある程度はお互いストレスを感じるものでしょう。配偶者に感じるそのストレスをセカンドパートナーと一緒にいることで解消したいというのが、セカンドパートナーを求める心理の一つです。

配偶者しかパートナーがいない場合、相手に感じたストレスは自分の中で解消するしかありません。セカンドパートナーがいれば、配偶者の愚痴を聞いてもらったり、時には癒してもらったりができます。

またセカンドパートナーをもっているという罪悪感から、配偶者に優しくすることができるのでその存在のおかげで家庭が上手くいくということも少なくありません。

セカンドパートナーのメリット

 (402904)

セカンドパートナーという特殊な存在を解説してきました。恋人でも友達でもないセカンドパートナーは決して世間で推奨されるようなものではありません。

ですが世の中の男性、女性の中にはセカンドパートナーがいなければ、自分の人生が色褪せてしまうと感じ、配偶者と同等まではいかなくても、セカンドパートナーのことを大切に思っている人達がいるのです。

家庭という安定した生活を送りながらも、セカンドパートナーを持つということはどのようなメリットがあるのでしょうか。

気持ちが若返る

 (402917)

仕事をして家事をして、時々自分の趣味を少しして・・・そんな生活の繰り返しをしているうちに老け込んでしまう人は少なくありません。人間は毎日同じことを繰り返していると、どうしても空しくなってしまう生き物なのです。

そこにセカンドパートナーがいたらどうでしょう。これまで作り上げてきた家庭、家族を壊すことなく、ウキウキした感情を得ることができます。沈んでいた気持ちが急上昇し、毎日に活力が生まれるに違いありません。

セカンドパートナーを持つことによって、老け込んでしまっていた自分が若々しい気持ちを取り戻し、人生を楽しむことができるようになったと実感したらセカンドパートナーを手放すことはないでしょう。

ストレス発散

 (402935)

現代はストレス社会です。家族といることで会社や、人間関係のストレスを解消できる人ももちろんいるでしょう。しかしすべての人が家庭でストレスを発散できるわけではありません。

家族にはぶつけられない場合や家族そのものにストレスを感じている場合、セカンドパートナーは癒しの存在です。相談を聞いてもらえるというのもストレス発散法のひとつでしょう。

また、セカンドパートナーといる「非日常感」もストレス解消に一役買っています。「日常」から離れ、「非日常」に一時的に現実逃避することで、心が癒されストレスが発散されるのです。

結婚生活の潤滑油となり得る

 (402946)

セカンドパートナーとの逢瀬を楽しみ、ストレスも発散している状態は心に余裕が生まれます。余裕があると配偶者に優しくできますし、少しのことでイライラすることもありません。

肉体関係がある不倫と違い、セカンドパートナーは配偶者を裏切っているという感覚が薄くなりますので、背徳感や罪悪感が希薄です。そのため態度が怪しくなることも少なく、配偶者に無駄なストレスを与えることはないでしょう。

なにもなければギスギスしていたかもしれない結婚生活が、セカンドパートナーの存在によって優しく朗らかなものに変わるのです。これはセカンドパートナーが、潤滑油の役割をしていると言っても過言ではありません。

セカンドパートナーのデメリット

 (408496)

セカンドパートナーを求める人にとって、その存在のメリットが非常に魅力的であろうことは大体伝わったでしょうか。もしかしてセカンドパートナーってちょっといいかも・・・と思った人もいるかもしれません。

しかしメリットがあればもちろんデメリットもあります。セカンドパートナーを作ろうとするのであればデメリットもしっかり把握しておかないと、後から取り返しのつかないことになる可能性もでてきます。ここからはそのデメリットについて解説していきましょう。

配偶者・家族に理解されにくい

 (408500)

家族の中で「父」「母」の役割を持っている人にセカンドパートナーがいることは、すべての人が受け入れられることではありません。配偶者にとっては例え肉体関係がなくても、恋愛感情がある時点で浮気と認識される可能性もあります。いくら説明しても、理解してもらえないことも想定しておかなければいけません。

また子供に至っては、自分の親が家庭の外に好きな人を作ったということを受け入れるというのはかなり難しいことでしょう。幼ければ話を理解することすら難しいでしょうし、思春期であれば嫌悪感を抱かれても仕方ありません。

結婚生活を破綻させるきっかけになり得る

 (408511)

片方が結婚生活にストレスを抱えセカンドパートナーを作ったとしても、もう片方も同様に結婚生活に不満を持っているとは限りません。もし円満な家庭だと思っていて相手にセカンドパートナーがいると知ったとき、不倫と同じくらい衝撃的に感じる人もいるでしょう。

不倫ではなくとも配偶者を裏切っていないとは言い難い存在のセカンドパートナーですので、もしその存在が明かるみに出た場合は結婚生活の破たんもあり得るというデメリットがあります。

世間体

 (408539)

3 / 6

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「妻より大切な人」は本気?本気度を確かめる方法と注意点

「妻より大切な人」は本気?本気度を確かめる方法と注意点

「妻より大切な人」不倫男性の言葉を信じられますか?不倫は複雑な気持ちがいろいろと湧いてきます。そこで、今回は不倫男性が妻より大切な人だけにとる言動について詳しく探っていきます。彼が本気か知りたい人はぜひ参考にしてください。
夫の浮気は許す?離婚する?本気の浮気の兆候を見抜く方法と浮気の心理

夫の浮気は許す?離婚する?本気の浮気の兆候を見抜く方法と浮気の心理

結論から言えば、夫の浮気は見抜くことができます。簡単な方法で見抜くことができますので、その方法を確認してみましょう。しかし大切なことは浮気が発覚した後の対処方法なのです。浮気が発覚してからの適正な対処方法もご紹介しますので確認してみましょう。
旦那の風俗通いは許す?許さない?浮気との違いと離婚事由との関係

旦那の風俗通いは許す?許さない?浮気との違いと離婚事由との関係

旦那の風俗通いを許す妻もいれば、許さない妻もいるでしょう。風俗通いをすることで、性病をもらってくるのではないかと不安にもなりますし、離婚を考えた場合の慰謝料はどうなるのかという問題も出てきます。旦那の風俗通いを許すか許さないか、風俗と浮気の違いもご紹介します。
愛妻家の意味と特徴は?夫を愛妻家に育てる方法と愛妻家の芸能人

愛妻家の意味と特徴は?夫を愛妻家に育てる方法と愛妻家の芸能人

あなたの夫は愛妻家ですか?夫から愛されていると実感があると、嬉しく感じるものです。愛妻家はよく聞きますが、どういう意味や特徴があるのでしょうか?夫を愛妻家にしたいという妻は必見です!まだ間に合います!夫を愛妻家に育てる方法をご紹介します。
好きだけど別れたい?その恋愛が辛い理由と不条理な恋愛の打開方法

好きだけど別れたい?その恋愛が辛い理由と不条理な恋愛の打開方法

好きだけど別れたい。こんな不条理な恋愛をしている人は意外と多いのではないでしょうか。好きだけど別れなければならない理由がある、不倫をしているけどやめたい、結婚への迷いがある人のために、不条理な恋愛を打開する方法についてご紹介します。

この記事のキーワード