2019年7月12日 更新

不幸な結婚式とは?様々なエピソードとその後の幸せとの関係

誰もが幸せを感じるであろう結婚式。招待される側も幸せを分けてもらえ、温かい気持ちになります。しかし、中には不幸な結婚式となってしまったものも少なくありません。今回は、様々なエピソードを紹介するとともに、自分がそうならないための対策方法を紹介します。

目次

幸せの絶頂である結婚式で起こった悲劇

First Aug 1944 Warsaw - Free photo on Pixabay (460386)

結婚式といえば、大好きな人との結婚を友達や家族に認めてもらう、大切な儀式であり、一生に一度の晴れ舞台でもあります。しかし、全ての結婚式が幸せいっぱいであるとは限りません。

幸せの絶頂であるはずの結婚式が、一瞬にして人生最悪の瞬間を迎えることもあります。今回は、実際に起こった結婚式での悲劇について、立場別に紹介します。また、悲劇を起こさないための対策方法も解説します。

不幸な結婚式実体験【新郎編】

Bride Ceremony Champagne - Free photo on Pixabay (460387)

結婚式と言えば新婦が主役になることも少なくありません。しかし、結婚式準備には少なからず関わっており、思い入れもあるはずです。そして一生を今後共に歩んでいくであろう新婦の綺麗な花嫁姿を見て、思わず泣いてしまう新郎もいます。

しかし、中には想像を絶するような結婚式を体験した新郎もいます。ここでは新郎が経験した不幸な結婚式の実体験を紹介していきます。どれも酷い内容なのでドラマや漫画の世界のように感じられますが、実際に起こったことを元にしています。

不倫の末の結婚式で当然参列者はまばら

Rose Wine Red - Free photo on Pixabay (460504)

結婚した後にもっと好きな人が出来てしまった、運命の人に出会ってしまったなどの理由から不倫に走ってしまう人もいます。また、ほんの出来心で不倫し始めてしまい、いつの間にか本気になってしまう人もいます。

人それぞれ事情は異なりますが、不倫がきっかけで結婚したとしても、それを祝福してくれる人は少ないです。実際に不倫の末結婚した人はこっそりと入籍を済ませるだけで、結婚式を挙げた場合は事情を知っている人はほぼ参列してくれません。

お祝いする場だからこそ、心から祝う気持ちがなければ参列してくれないと考えておきましょう。

新婦妹が可愛すぎて主役は完全に妹

Sad Status Nice Picture Beautiful - Free photo on Pixabay (460507)

結婚式の中で新婦の家族にスポットが浴びることもあるでしょう。規模が小さな結婚式では、参列者全員が顔見知りになることも少なくありません。その中で、新婦の妹がアイドル並みに可愛いあまり、主役のような扱いになってしまったようです。

本来は花嫁が主役となるところですが、花嫁の妹が可愛すぎて、新郎の友人たちが盛り上がりすぎてしまい、式の雰囲気を壊してしまいました。小さいころから容姿で姉妹で比べられることも多かったため、花嫁はそれから笑顔が一切見られなかったようです。

酔いがまわってお互いの母親が式場で大乱闘

Fist Bump Anger Hand - Free photo on Pixabay (460515)

結婚式の式自体は荘厳な雰囲気の中行われることが多く、飲食もありません。しかし、披露宴になるとお酒が出てくることがほとんどです。新郎新婦が緊張しているのはもちろんですが、両家の両親も子供の一生に一度の晴れ舞台に緊張していることでしょう。

その緊張をほぐすためにお酒を飲んでいる内に、理性を保てなくなるくらい酔っ払ってしまったようです。元々、両家の母親同士が仲が悪かったため、少しの口論がきっかけで大乱闘へと発展してしまいました。

もちろんお祝いムードは無くなり、会場は騒然としました。そして新郎新婦は自分たちの母親のそのような姿を友人たちに見られ、恥ずかしくなりました。

新婦の浮気相手が乱入し新婦と浮気相手が口論を始める

Lace Clothing Woman - Free photo on Pixabay (460523)

ドラマでは、どうしても好きな人の結婚が諦められず、結婚式に乱入して花嫁を連れ去るというシーンもあります。現実に起こると考えただけでも恐ろしい出来事ですが、それに似た出来事が起こりました。

新婦は一途なタイプではなく、今までも何度か浮気が問題になっていました。しかし、プロポーズしたら心を入れ替えるだろうと思っていたにも関わらず、新郎に隠れて浮気を続けていました。当日、結婚を受け入れられない新婦の浮気相手が乗り込んで来たのです。

そしてその場で新婦と浮気相手が口論を始め、会場はヒソヒソと噂話が聞こえ、新郎は居づらさを感じる結果となりました。

不幸な結婚式実体験【新婦編】

Bride Strauss Wedding - Free photo on Pixabay (460388)

結婚式は本来2人のものですが、やはり新婦が主役となる場合が多いです。幸せの絶頂であり、みんなからの注目の的であるはずの新婦が、悲劇がきっかけで全く感動する結婚式にならなかったと感じることがあるようです。

ここでは、新婦が感じた不幸な結婚式について紹介します。

夫側の出席者が全員便利屋

Wedding Marriage Buttonhole - Free photo on Pixabay (460494)

結婚式は新郎も新婦も友人を招待することが多いです。招待客の数は同じくらいか少し新郎側が多い方が適切であるとされています。しかし、この新郎は友人を大切にしない性格のため、結婚式に呼べるような仲の良い友人がいませんでした。

数の差を埋めようと、あまり仲良くない同級生にも声をかけましたがことごとく断られてしまいました。しかしプライドが高い新郎は新婦の友人の数に負けるのが悔しく、便利屋を雇って友人の振りをしてもらったのです。

結婚式当日に「我が家のルール」と義母からマニュアルを渡される

Books Old Book - Free photo on Pixabay (460502)

姑との関係は、今後の結婚生活を左右するとても重要なものです。姑と嫁の関係が悪化した結果、絶縁状態になるところもあります。このケースでは、結婚当日にいきなり義母にマニュアルを渡されたようです。

自由恋愛が主流となった今でも、嫁は夫側の家に嫁ぐという意識が残っていることは少なくありません。伝統を重んじる家庭であれば、なおさら結婚した後は夫側の家のルールに従ってもらいたい気持ちがあるでしょう。

このケースでは結婚式当日にそれが発覚しましたが、結婚式が終わって結婚生活がスタートしたと同時に夫側の家のルールに従わなければいけなくなるケースもあります。

夫側の参列者の品性に欠けるファッションで親族が興覚め

Textile Laundry Love - Free photo on Pixabay (460501)

1 / 4

112 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

汚嫁と結婚したのは自業自得?汚嫁をめっとた後悔談と復讐体験談

汚嫁と結婚したのは自業自得?汚嫁をめっとた後悔談と復讐体験談

あなたは汚嫁の実態を知っていますか?汚嫁は不倫など不貞行為を繰り返します。後悔することもある汚嫁をめとった男の末路、自業自得という声がある中で汚嫁になめられないために復讐するにはどうすればいいのか、離婚せず復縁はあり得るのか一緒に考えていきましょう。
恐妻家になる奥さんの特徴とは?恐妻家で有名な芸能人と離婚の危険性

恐妻家になる奥さんの特徴とは?恐妻家で有名な芸能人と離婚の危険性

最近では当たり前のように耳にする「恐妻家」とはどんな奥さんのことを指すのか?「恐妻家=怖い奥さん」と言った簡単な理由だけではない?有名な芸能人夫婦にもいる「恐妻家」の特徴とエピソードについて。恐妻家が原因で離婚になってしまわないようにするには?
ダメ嫁の特徴となってしまう理由は?離婚しないためのダメ嫁脱却方法

ダメ嫁の特徴となってしまう理由は?離婚しないためのダメ嫁脱却方法

あなたの周りにダメ嫁はいますか?ダメ嫁は最近増えつつあると言われており、ダメ嫁ならではの特徴が存在します。さらに、ダメ嫁では離婚率がどうしても高くなってしまい、家庭円満の危機に関係します。今回はダメ嫁の特徴やダメ嫁を脱却する方法についてご紹介します。
不倫相手に本気になってしまった?忘れられない気持ちを整理する方法

不倫相手に本気になってしまった?忘れられない気持ちを整理する方法

不倫相手に本気になって、離婚してもらいたいと思っている人もいるのではないでしょうか。連絡を頻繁に取り合いたいし、気持ちが抑えきれなくなることもあります。不倫相手と結婚するメリットやデメリット、不倫相手を忘れられない時の対処法もご紹介します。
子供が欲しいと思う心理は?独身や彼氏がいる人が考えたいこと

子供が欲しいと思う心理は?独身や彼氏がいる人が考えたいこと

子供が欲しいと思う心理とは?独身の人や彼氏がいるけど未来が見えない人は子供をつくるための婚活をした方がいいのかどうかや、既婚だけれどお互いの子供への想いが異なる場合は離婚をするべきか、40代女性のリミットの心配など、様々な事例と対処法をご紹介していきます。

この記事のキーワード