2019年7月31日 更新

唇の日焼け対策は重要!日焼けした時の症状や日焼けした時の対処法も

日焼け止めが必要な季節。唇の日焼け対策を忘れていませんか?唇の日焼けは、ひどい場合には水ぶくれや腫れ、黒ずみなどの症状を引き起こします。うっかりケアを怠ると、取り返しのつかないことになってしまうかも知れません。今回は、対策や治し方についてご紹介します。

白色ワセリンとは、石油を原料とした保湿剤のことです。刺激が極めて少ないことから、顔や体はもちろん、唇にも安心して使用することができます。通販で簡単に手に入るほか、薬局でも販売されています。

刺激が少ないことから、敏感肌の人や赤ちゃんにも使用されており、日焼けでダメージを受けた唇にも安心して使うことができます。油分が多く含まれているため、水分の蒸発を防ぐバリアの役目を果たし、乾燥から肌を守ってくれるという効果が期待できます。

指で優しくマッサージ

Massage Recovery Relaxation - Free photo on Pixabay (507088)

日焼けのヒリヒリした痛みが引いてきた頃から徐々に唇の皮が剥がれてくることがあります。このタイミングで優しく指でマッサージを行うことで、古くなった皮が少しずつ剥がれ落ちていきます。指の腹を使って、優しくゆっくりとマッサージするのがコツです。

また、マッサージには唇の血行を良くする効果があります。唇がくすんで見える人は、血行を良くすることで唇のトーンが明るくなる効果が期待できます。マッサージを行う際は、白色ワセリンなどの保湿剤を塗りながら行うようにしましょう。

ビタミンCの摂取

Lemon Citrus Fruit - Free photo on Pixabay (507091)

日焼けをしてしまった後は、シミができてしまう可能性があります。紫外線によって生成されてしまったメラニンをそのままにするのはとても危険です。メラニンの生成を抑えるために、手を打つべきでしょう。

ビタミンCを摂取することによりメラニンの生成を抑え、シミができるのを防ぐことができます。特に、紫外線を多く浴びてしまったときはビタミンCを摂ったほうが良いでしょう。

ビタミンCは、シミの予防に効果的なほか、既にできてしまっているシミを薄くする効果もあると言われています。多く取り入れれば良いというわけではなく、余った分は尿として排出されてしまいます。日頃から適量を摂取するようにしましょう。

アロエジェル

Aloe Vera Life Bless - Free photo on Pixabay (507093)

「火傷にはアロエが効果的」というのは有名で、皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかし、アロエの葉を使用する対処法は、手間もかかり大変かも知れません。そこで便利なのがアロエジェルです。

アロエジェルには、抗炎症作用や抗菌作用があり、日焼けをしたあとにとてもおすすめです。また、シミやそばかすの予防にも効果があると言われているほか、保湿剤としての効果も高く、美容面からもとても人気があります。日焼けあとに限らず、普段から使用してみても良いでしょう。

ビタミンEオイル

Glass Vial Bottles - Free photo on Pixabay (509461)

ビタミンEオイルには、優れた保湿効果のほかにも、抗酸化作用や血行を促進させる効果があると言われています。抗酸化作用によって肌のエイジングが期待できるなど、女性にとってはとても嬉しい効果ばかりです。

ビタミンEオイルを唇に塗り込むことで血行が促進し、シミや皺などを防ぐ効果が期待できます。ビタミンEオイルはとても優れたアイテムですが、紫外線に弱いという弱点があります。そのため、日中よりも夜に使用するのが良いでしょう。

日焼けした唇の腫れや水ぶくれの治し方

Young Woman Meadow Concerns - Free photo on Pixabay (509467)

日焼けしたあとで、唇が腫れたり水ぶくれができたりすることがあります。このように症状が重症化してしまった場合、いったいどのように対処すれば良いのでしょうか。

顔のトラブルはとても目立つため、慌てずにはいられないかも知れません。しかし、間違った対処法を選ばないためにも、できるだけ冷静になることが大切です。

間違った対処をしてしまうと、治りが遅くなるばかりか、悪化してしまう恐れもあるため、気を付けましょう。特に、水ぶくれを無理矢理つぶすなどの行動は危険です。

冷やして保湿

Skincare Cleaning Skin Cotton Pads - Free photo on Pixabay (507109)

基本的には、軽い日焼けをしたときと同様にじっくり冷やすことと、たっぷりと保湿をすることが大切です。しかし、注意しなければならないのが、保湿剤を選ぶ際にできるだけ刺激の少ないものを選ぶということです。
 
腫れてしまったり、水膨れになってしまうような日焼けの場合、肌は相当なダメージを受けており、非常に弱っていると考えられます。保湿剤に刺激を感じる場合は、直ちに使用を中止し、添加物の少ない低刺激の保湿剤を使用するようにしましょう。

皮膚科に相談

Document Paper Office - Free photo on Pixabay (511319)

皆さんの中には、病院に抵抗を持っている人もいるのではないでしょうか?余程のことがない限り、自分から病院へは行かないという人もいるでしょう。「日焼け程度で病院に行くなんて」と思うかも知れません。

しかし、日焼けでも状態によっては皮膚科で診てもらったほうが良いことがあるのです。単にヒリヒリするだけの軽い日焼け程度であればその必要はないかも知れませんが、腫れたり水ぶくれができるほどの日焼けは病院で診てもらった方が良いでしょう。

夜に寝付けないほど痛む場合なども、治るまで待つのではなく、できるだけ早く受診するべきです。放っておくと、悪化して傷が残るようなことにもなり兼ねません。

処方される薬

Skin Care Applying Sunblock - Free photo on Pixabay (507111)

日焼けしてしまったあとの痛みに我慢ができなくなり、急いで薬局に駆け込んだものの薬の知識がなく、どういったタイプの薬を買えば良いのか自分では判断できないということもあるでしょう。

特に、一刻も早く何らかの薬を手に入れて安心したいと焦っているようなときには、悩んでいる時間すら惜しいものです。薬局の薬剤師に聞いてみるのも良いですが、薬のことは教えてくれても、診察まではしてもらえません。

そうしたことを含めて考えれば、最初から皮膚科を受診して日焼けの状態がどの程度なのかを診てもらった上で、薬を処方してもらった方が安心できるでしょう。

日焼けした唇にハチミツは逆効果?!

Honey Sweet Syrup - Free photo on Pixabay (507114)

昔から保湿効果があると言われ、美容アイテムとしても人気の高いはちみつですが、日焼けの直後にはあまりおすすめできません。特に、腫れや水膨れができてしまうほどの日焼けの場合は、はちみつによる保湿はやめておいた方が良いでしょう。

はちみつには、保湿効果のほかにも抗炎症作用や殺菌作用があると言われています。そのため、日焼けにも良いと考える人も少なくないようです。

しかし、場合によっては唇の水分がはちみつに奪われてしまうこともあると言われています。はちみつの美容効果を試すにしても、まずは日焼けが治って肌が健康な状態に戻ってからの方が良いでしょう。

唇の日焼け対策

Sunflower Girl Face - Free photo on Pixabay (510583)

2 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪