人付き合いが苦手になる原因は?克服するコツや克服するメリットも

人付き合いってめんどくさい…相手に合わせてばかりだと、面倒だし疲れると感じることもあるでしょう。人付き合いが苦手になってしまって困っているという人必見!苦手克服方法を紹介します。コツをつかめば、人付き合いが下手な人でも良好な人間関係を築いていけます!

人付き合いが苦手

Social Media Personal - Free image on Pixabay (479680)

人付き合いが苦手…できれば人と関わりたくないと悩んでいる人は想像以上に多く、あなたやあなたの周りの人も言わないだけで心では感じているものです。逆に言えば、人付き合いが得意です!と胸を張って言える人のほうが珍しいのではないでしょうか。

人付き合いが苦手な人は、行動や言動に現れてしまうことが多く周囲の人にも苦手なのが伝わってしまうこともしばしば…そのせいで、余計に人付き合いを困難にさせていることもあります。あなたも、そのようなことを身体で感じたことがあるのではないですか?

苦手意識を改善していかないと、どんどん人付き合いから遠ざかってしまい、人との関わり方を忘れたり面倒に感じてしまうようになってしまうことでしょう。

今回は、人付き合いが苦手だと感じている人の特徴や原因についてを詳しく解説していきます。あなたにも当てはまるか確認してみてください。克服する方法も紹介しますので要チェックです!

人付き合いが苦手になる原因

Question Mark Background - Free image on Pixabay (479731)

まずは、人付き合いが苦手になってしまう原因についてを見ていきましょう。どうして人付き合いが苦手になってしまったのか…と考えたことがあるでしょうか?

人付き合いが苦手になってしまうのには、もともと人付き合いに興味がなくめんどくさいと感じている、人付き合いの中でトラブルを経験し人が怖いと感じるようになってしまったというような様々な原因が隠れています。

そんな、人付き合いが苦手になってしまった原因を知ることで克服する方法が見えてくることがあります。あなたも、どうして苦手になったのかを、これから説明していく原因と照らし合わしながら考えてみてください。

めんどくさい

Adult Asia Asian - Free photo on Pixabay (479746)

人付き合いが苦手になってしまう原因には「めんどくさい」と感じることが大きく関係しています。人付き合いには、相手の意見やペースに合わせることも必要となってきます。なかには、一人で過ごすのが好きなのに自分の意見をハッキリ言うことができず我慢して、相手に合わせて苦痛に感じてしまう人もいます。

または、自分と価値観や気の合う人となら付き合っていきたいけど、合わない人とは一緒にいることだけでもストレスに感じてしまいます。自分と合わない人との付き合いをめんどくさいと思い、人と接すること自体を避けていく人もいるでしょう。

このように、自分の価値観や気の合う人とだけのコミュニティを求めてしまう人は、心のキャパが狭く他人の意見を受け入れる余裕がないことが、人付き合いがめんどくさいと感じる原因となっているのです。

疲れる

Sport Exhausting To Clench Teeth - Free photo on Pixabay (479749)

人付き合いが苦手な人は、人に異常に気を遣いすぎてしまったり、頼まれると断れないという気の弱さを持っています。いつも、周囲の人の顔色を伺いながら過ごしているため精神的にも肉体的にも疲れてしまうことが、人付き合いが苦手になる原因となっています。

こんなことを言ったら嫌われるかな…頼まれたことを断ったら嫌われるかな…と周囲の人から嫌われることに恐怖を感じています。また、自分は周囲の人にどう思われているのか?と評価を気にしすぎるところもあります。

自分を良く見せようとしたり、良く見られたい気持ちが強いことが周囲の人に気を遣いすぎたり、顔色を伺って行動してしまうことが人付き合いに疲れ苦手になってしまう原因となっているのでしょう。

緊張する

Questions Who What - Free image on Pixabay (479750)

人付き合いが苦手になってしまう原因には「緊張する」ということがあります。大勢の人の中で話すことや、対面して人と話さなげればいけない場面になると、異常なほど緊張してしまい上手く言葉が出てこなくなってしまいます。

緊張すると、頭が真っ白になりこの場で何を話ぜばいいのかもわからない…周囲の人が何を伝えようとしているのかすら理解できなくなります。それでも、人とのコミュニケーションをスムーズに取らないと物事がそこで止まってしまうという、焦りやプレッシャーを感じてしまうことが、更なる混乱を招いているのでしょう。

緊張ばかりして、上手く人とコミュニケーションを取れない自分が嫌になって、人と接するのが苦手に感じるようになっているのではないでしょうか。その気持ちが、なるべく人と関わらないようにしようと、人付き合いを避けてしまうことに繋がっているのです。

人が怖い

Hiding Boy Girl - Free photo on Pixabay (479752)

過去や、もしくは現在に人間関係でのトラブルに巻き込まれトラウマになってしまうと、人が怖くなり信用できなくなっていることが、人付き合いが苦手となってしまう原因となることがあります。

いじめを受けていた…ありもしない噂や悪口を言いふらされている…といった辛く苦しんだ経験したことがあると、心に深い傷をおってしまい人が怖く感じてしまうことは無理もありません。

その深い傷が癒えていないうちは、人と関わりたくないと付き合いを避けてしまうでしょう。そのトラウマを克服するには、長い時間が必要となってきます。そんなときに、無理をして人と付き合っていると些細なことでも傷ついてしまいます。

今は人と距離をおいて、自分の傷を癒すことを最優先に考えるべきです。

一人が楽

Sad Status Nice Picture Beautiful - Free photo on Pixabay (479754)

人付き合いが苦手な人は、人に合わすのがめんどくさいと感じていたり、そもそも人に興味がなく「一人が楽」だと思っていることが原因の1つとしてあります。誰かと一緒に行動することを嫌うタイプだとも言えるでしょう。

このような人は、一人で食事や旅行に行くことを好み自分のペースで過ごすことを最優先にします。誰かと一緒だと、食事が終わるまで待たないといけないし、もちろん会話もしなくてはいけません。旅行も自分の行きたい所ばかりを回れなくなってしまいます。

誰かに合わせなくてはいけないという、気遣いや配慮をすることに疲れてしまい、苦痛に感じてしまうのです。人付き合いが苦手なのではなく、自分のために時間を使いたい、自分の好きなように過ごしたいという気持ちが強いだけだということでしょう。

特にめんどくさいと感じる瞬間5選

Earphones Female Lying Down - Free photo on Pixabay (481144)

人付き合いが苦手になる原因を5つ紹介してきました。あなたに当てはまる原因はあったでしょうか?日々生活していく中で、人との付き合いをゼロにすることは難しいものです。

ある程度の人付き合いは必要不可欠となってくるため、苦手となった原因を知っておくことで、自分自身の人付き合いの在り方を探っていけるようにもなるでしょう。

たまには、人との付き合いがめんどくさいと感じることは誰にでもあるものです。世の中人は、どんなときに“めんどくさい”と感じているのか…特にめんどくさいと感じる5選を見ていきましょう!

みんなに意見を合わせないといけない時

People Girls Women - Free photo on Pixabay (481146)

人付き合いをしていくなかで、円滑に物事を進めていくには「みんなの意見を合わせないといけない」という場面はとても多くあります。本当は、自分はこうしたいと思っていても多数決で決まってしまい納得がいかないこともあるでしょう。

その1つの意見に絞るまでの過程にも、意見のぶつかり合いが起きたり、時間がかかったりと正直めんどくさいと感じている人はたくさんいます。意見しなければ、しないで人任せだと言われたりもするでしょう。

日本の教育自体が、皆で一緒にやり遂げる大切さを重要ししているため、個人の意見よりも全体での意見を尊重しようとします。そのため、個人が違う意見を言うと場の空気を読めない、自分のことしか考えていない人だというレッテルを貼られてしまうこともあります。

そんな考え方に合わせなくてはいけないことが、めんどくさくて生きづらさまで感じてしまい、人付き合いを投げ出してしまいたいと考えてしまう瞬間となっています。

影で悪口を言われていると知った時

Feedback Confirming Businessmen - Free image on Pixabay (481162)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪