やらかした瞬間28選!仕事・飲み会・バイト・デートでやらかした!

仕事や飲み会などで「やらかした!」と思ったことはありませか?誰でも思わず後悔してしまうような失敗談の1つは持っているものです。この記事では、バイトやデート中など様々なシチュエーションのやらかしたエピソードと、そのような時にどうすれば良いのかを紹介します。

目次

シチュエーション事にやらかした内容を覚えてやらかしてしまうのを防ぎましょう

Stop Shield Traffic Sign Road - Free photo on Pixabay (446839)

どのような完璧な人でも、失敗談は持っています。仕事などで成功している先輩から「若い頃にこんなことをやらかしたことがある」という話を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?

失敗談を身近な人が話してくれるのは、その失敗を他の人が繰り返さないようにする為です。やらかした話を聞けば、自然と「自分も気を付けよう」と思い、やらかしてしまうことが少なくなります。

そこで、この記事ではやらかしたエピソードやその対処法を紹介していきます。この記事を読んで、やらかしてしまうのを未然に防ぎましょう。

やらかしたと思う瞬間【仕事編】

Startup Meeting Brainstorming - Free photo on Pixabay (446840)

仕事で何か失敗をしてしまうことは、場合によっては自分だけではなく会社自体の損失にも繋がる為、責任が重大になります。仕事でやらかしたことが原因で、会社を辞めなくてはならないこともあります。

また、仕事は信頼関係があって初めて成り立つものです。そのミスによって信頼関係が崩れてしまうことも大きな損失になります。では、仕事でやらかしてしまったエピソードとは、どのようなものがあるのでしょうか?

「仕事でこんなミスをしてしまった」というエピソードを具体的に紹介しながら、どう対処すればよいのかなども解説していきます。

納期を間違えた時

Writing Write Person - Free photo on Pixabay (446841)

仕事では、「この日までに提出して欲しい」と言われる書類や、「この日までに納品して欲しい」と納期が決められている仕事があります。期日までに仕上げて提出することは、クライアントや上司との信頼に繋がります。

しかし、仕事をしているとそのような期日の決められた仕事を大量に抱えることもあります。そのような時には「納期を勘違いしていた」などの失敗が発生しやすくなります。

スケジュール管理は社会人の基本となる為、納期は絶対に間違えないように注意しましょう。勘違いに気が付いた時はすぐに連絡を取るようにしましょう。

メールの返信を他の人にしてしまった時

Computer Laptop Technology - Free photo on Pixabay (446843)

仕事では、クライアントなどと電話でのやり取りだけでなく、メールでやり取りをするこも多くなります。特に会社では社内メールなどで社内でやり取りをすることもあるでしょう。

しかし、複数の人とメールでやり取りをしていると、誤って別の人に送信してしまうなどのミスが発生してしまうこともあります。個人へ送信するものを、誤って社内全員に送信してしまったという人もいます。

メールは1度送信してしまえば取り消すことは出来ません。送信ボタンを押してしまう前に、送り先を間違えていないか再度確認してから送信するようにしましょう。

大事な書類にコーヒーをこぼしてしまった時

Coffee Cup Beans - Free photo on Pixabay (446844)

自分のデスクで作業をしている時に、ホッと一息つく為にコーヒーを淹れるという人も多いのではないでしょうか?しかし、デスクにはPCが置いてあるだけでなく、大事な書類などもあります。

また、コーヒーを飲みながら仕事に集中していると、コーヒーの存在を忘れてしまうこともあります。その為、コーヒーに肘が当たって大事な書類が水浸しになってしまうなどのトラブルが発生してしまいます。

書類の中には内容が読み取れるのであれば問題がないものもありますが、基本的には復元は難しくなります。コーヒーを飲む時は書類は仕舞うようにしましょう。

上司の役職を間違っていた時

Handshake Hand Give - Free photo on Pixabay (446846)

就職したばかりの頃は、職場の人を全員把握することは難しいものです。上司が誰であるかまでは分かっていても、どの人がどの役職であるのか分からないこともあります。

ですが、上司にメールなどを送る時は名前と役職名を書かなければいけません。この時にもし役職を間違えてしまうと、上司に「礼儀がなっていない」「失礼だ」と不快に思われてしまいます。

役職名を間違えることはかなり失礼な行為となる為、もし間違えてしまった際は謝罪のメールを送るようにしましょう。役職付きの人は誰なのか、メールを送る前に確認しておきましょう。

先方のお偉いさんにため口で話してしまった時

Men Employees Suit - Free photo on Pixabay (446848)

営業などで先方とやり取りをしている際に、ついため口になってやらかしてしまったことはありませんか?新社会人の方など、丁寧な言葉でのやり取りにまだ慣れていない人は、油断するとため口になってしまうことがあります。

ですが、先方との営業でため口になることは大変失礼になります。また、先方のお偉いさんにため口になった場合は会社の信用問題に発展することもあります。

大事な場面でため口が出てしまうのは、緊張が緩み普段の口調が出てしまうからです。普段から職場ではため口は使わずに丁寧な言葉遣いを心掛けるようにしましょう。

やらかしたと思う瞬間【飲み会編】

Drinks Alcohol Cocktails - Free photo on Pixabay (446849)

飲み会などお酒の席では、酔っ払って失敗してしまったことがある人も多いのではないでしょうか?飲み会では、お酒を飲むことで普段とは違った会話を楽しむことが出来ることなど、メリットも沢山あります。

お酒を飲むことで壁を感じていた人と話すことが出来ることもあり、嗜む程度であれば楽しい時間を過ごすことが出来ます。では、飲み会などでやらかしてしまったエピソードとは、どのようなものがあるのでしょうか?

お酒の席にまつわるやらかしてしまった具体的なエピソードと、その対処法について紹介します。

飲み過ぎて吐いてしまった時

Bathroom Home Sinks - Free photo on Pixabay (446854)

お酒を飲み慣れている人であれば、自分の限界が分かっている為、飲み過ぎることも少なくなります。しかし、飲み慣れていない人は自分の限界が分からず、飲み会で飲み過ぎてしまうことがあります。

飲み過ぎると、胃が気持ち悪くなり、そのまま嘔吐してしまう人もいます。中にはトイレに行くことも出来ずに店内や道端で嘔吐してしまう人もいます。吐くほどお酒を飲んでしまうと、一緒にいる人にも迷惑になってしまいます。

予め飲み過ぎてしまわないように、自分に合うアルコール度数や量などを把握しておくようにすると良いでしょう。

上司や同僚に暴言を吐いた時

1 / 5

関連する記事 こんな記事も人気です♪