無知は罪になる?無知が罪になる理由や無知は罪を避けるための方法

「無知は罪」という言葉があります。そもそも無知は罪というのは本当なのでしょうか。無知で良かったと思う時もあるはずです。「無知は罪」を実感するタイミングや、無知が罪だとされる理由、罪を避けるための方法を解説します。また「無知は罪」に関する名言もご紹介します。

無知は罪について

Man Smoking Smoke - Free photo on Pixabay (432872)

「無知は罪」という言葉があります。そもそも無知は罪というのは本当なのでしょうか。世の中のことを全て知ろうとするには無理があります。知らなくて当然だということもあるでしょう。また逆に、無知で良かったと感じる場面もあるはずです。

人はどんな時に「無知は罪」を実感するのでしょうか。罪だと感じるタイミングや、無知が罪だとされる理由、罪を避けるための方法も含めて解説します。また最後では「無知は罪」に関する名言もご紹介します。

なお、知らないのに知っているかのふりをすることを「知ったかぶり」と言いますが、これについては以下の記事を参考にしてみて下さい。

無知は罪の意味

One Way Street Road Sign Shield - Free photo on Pixabay (432875)

まずはじめに「無知は罪」という言葉の意味を探ってみることにしましょう。一般的には「無知は罪だ」と言われるわけですが、この「無知は罪」という言葉には一体どんな意味があるのでしょうか。

無知が罪だとされる理由や、罪を避けるための方法を考えていくにあたり、まずはその意味を確認しておく必要がありそうです。まずは「無知」という言葉の意味について、そしてその後に「無知は罪」という言葉の意味をおさえておきましょう。

無知の意味

Confused Unsure Raise - Free photo on Pixabay (432876)

無知は、文字通り「知らない」ということです。「デジタル大辞泉」で調べてみると「知らないこと。知識がないこと。知恵のないこと。また、そのさま」と説明されています。

具体的な用例としては「相手の無知につけ込む」や「無知な人間」などがあります。何か特定のことについて知識が無い状態であったり、浅はかで知恵がない状態であったりを指します。

無知の意味を確認した上で、今度は「無知は罪」という言葉の意味を確認してみることにしましょう。

無知は罪の意味

Philosophy Greece Socrates - Free photo on Pixabay (432877)

これはソクラテスの「無知は罪なり、知は空虚なり、英知持つもの英雄なり」から来ている言葉です。ここでいう「無知は罪」とは、知らないことには様々なネガティブポイントがあるという意味だとされています。

知らないということによって、被害を受けることもあるでしょう。また人を傷つけるようなことがあるかもしれません。知らなかったばかりに誤った選択をしてしまうこともあるでしょうし、せっかくのチャンスをふいにしてしまう可能性も考えられます。

無知は罪になる時

Handcuffs Caught Crime - Free photo on Pixabay (432878)

「無知は罪」という言葉の意味を解説していました。まずは「辞書」から意味を確認したわけですが、今度は具体的な場面を想定しながら「無知は罪」という言葉の意味を考えてみることにします。

具体的な日常生活の場面に当てはめてみた場合、無知が罪とされるタイミングとは、いったいどんな時なのでしょうか。おそらく誰もが「無知は罪だな」と感じた場面があるはずです。ここでは、無知が罪だと感じられるケースとして、代表的な3つのタイミングをご紹介します。

無知によるミスが起きた時

Mistake Mouse Trap Foolish - Free photo on Pixabay (432881)

無知が罪だと感じられる1つ目のケースは「無知によるミスが起きた時」です。わかりやすい例でいけば、機械のマニュアル操作があります。しっかりとマニュアルを理解し、手順通りに操作をすればとても役に立つのが、一般的な機械です。人の力によってはなしえないようなことができてしまうわけです。

しかし、知らなかったがゆえに誤った操作をしてしまえば事故にもつながりかねません。また、機械は短時間に大量の作業をこなしてくれるため、誤った設定をすれば欠陥のある商品が大量に生まれてしまいかねません。

例えばこれらの事故は、まさに無知によるミスだと言えるでしょう。しっかりと理解していれば、防ぐことができたはずです。

無知で恥ずかしい思いをした時

Portrait People Old - Free photo on Pixabay (432882)

無知が罪だと感じられる2つ目のケースは「無知で恥ずかしい思いをした時」です。人前でスピーチをする機会があったとします。ここで多くの人を注目を集めようと、気の利いた諺を引用しながら気持ちよく話していたら、聴衆から失笑されてしまうようなケースです。これは間違った諺の解釈が原因になっています。

また結婚式やお葬式など、冠婚葬祭での一般常識についても同じことが言えます。ちょっとしたマナーを知らないことで、相手に失礼になるようなことを言ってしまったり、場にふさわしくない服装をしたばかりに恥ずかしい思いになることもあるでしょう。こうした時、無知は罪だと感じることがあるはずです。

無知を隠してバレた時

Startup Start-Up People Silicon - Free photo on Pixabay (432883)

無知が罪だと感じられる3つ目のケースは「無知を隠してバレた時」です。どういう時かというと、例えば「知ったかぶり」が該当します。

最初から「そのことについては詳しくないもので」と言えば済むものを、例えば何かのニュースや社会問題について、あたかも知っているかの態度を示していたとします。そこで「この問題について、どうお考えですか?」と聞かれた時、答えられなくて恥ずかしい思いをするというのがこのケースです。

こうした時、人は「きちんと勉強しておくべきだった!」と反省するわけです。少なくとも「知らないと正直に言うべきだった」と思うのではないでしょうか。まさに無知が罪になる時だと言えるでしょう。

無知で良かったと思う時

Sky Freedom Happiness - Free photo on Pixabay (432887)

無知が罪だと感じられる3つのケースをご紹介しました。まさに「無知は罪だな」と感じられる場面ですが、様々な日常を振り返ってみると、逆に「無知で良かった」と感じられることもあるのではないでしょうか。もしそうであれば、必ずしも「無知は罪」とは言えないというケースもあるということになります。

そこで今度は「無知で良かったな」と感じられる場面を考えてみます。「無知は罪」の逆パターンを見ることで「無知は罪」の意味がより深く理解できるようになるはずです。2つのタイミングをご紹介します。

知らなくて良いものもあると思った時

Friends Celebration Dinner - Free photo on Pixabay (432889)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪