2019年5月12日 更新

「卑下する」の意味と類語とは?自分や他人を卑下する心理

こちらの記事では卑下するという言葉をテーマに意味や類語、他人を卑下すると言った誤った使い方についての解説を始め、自分を卑下する人の心理やなぜ嫌われるか、どう付き合えばいいのかのアドバイスを記載しております。もし興味があったら見てみてはいかがでしょうか?

卑下するの意味

 (261738)

卑下するとは自分が人より劣っているとへりくだる言葉として用いられます。他には卑しめ見下すといったことや、気が引けて遠慮するといった場合にも用いられます。使い方としては「必要以上に卑下する必要はない」といったように表記します。

こういった人の傾向には「どうせ~だから」といった失敗に恐れを抱いている人や、「そんなことない」と他人からの同意が欲しい、構ってほしいという人が多いとされています。それではもっと卑下について掘り下げていきましょう。

卑下するの類語や言い換え

 (261755)

こちらの項目では卑下すると言った言葉によく似た類語をご紹介していく内容となっています。卑屈になるといった言葉や自虐的といった言葉、あるいはそれに近い謙遜するといった言葉などの意味について説明しています。

こちらで取り上げていない言葉では、自己評価を低くする、自分の価値を下げる、下手に出る、譲る、遜る、一歩下がる、遠慮する、自分を卑しめる、自分をおとしめるなどといった言葉があります。それでは卑下に近い類語について見ていきましょう。

卑屈になる

 (262497)

卑屈とは自分を取るに足らないと従わせる、あるいは妥協する、とやる気のない態度を表現するときに使われます。後述する自虐的な感情のひとつと言えますね。他にはいじけるといった場合にも使われることもあります。

他の人が見てて嫌になるぐらい自分を責めると言った行為なのであまりいい印象は持つことはないでしょう。自分に自信がない現れでもあるので、何かを達成することに目線を変えて自分の成長につなげていきましょう。

自虐的になる

 (262526)

自虐的とは自分で自分を苦しめる、自分を責める、といったときに使われます。精神的に自分を追い詰めると言ったこと以外にも、唇や指を噛むといった身体的に傷つけようとする行為でも使われることがあります。

傾向としては愚痴をよく言う人や目標が高すぎる人などによく見受けれます。他にも過去の失態を引きずってしまう人や構ってほしいといった人も該当します。自分への休息と他人への配慮をしっかりする必要があると言えます。

謙遜する

 (262550)

謙遜とは相手を気遣って控えめな態度で接する事を言います。自分の能力や価値を低く評価する態度とも言われています。ただ卑下とは違うところもあり、謙遜は控えめに振る舞うだけで自分を卑しめるといった自虐性が低い態度とされている事です。

しかしそれも行き過ぎれば自分を責めていることに変わりはない態度なので相手にもいい印象を与える事は少ないと言えるでしょう。逆に卑下するという態度が行き過ぎれば自慢の表れとも取られてしまう可能性もあるとされています。

卑下するの使い方例文

 (264187)

こちらの項目では「卑下する」をどのように用いているのかを例文でご紹介する内容になっております。例えば、人ではなく作品を貶すような「作品を卑下する」といった使い方や、相手をなだめる「卑下することはない」といった使い方などを掲載しております。

内面に秘めた人間の本質を表す言葉という意味合いが強いと言えます。また制御することは難しく誰しも経験するであろう困った感情のひとつと言えるでしょう。それでは卑下の使い方について見て参りましょう。

作品を卑下する

 (264192)

これは自分で作った作品などを自分で卑下するときに使います。小説などの読み物であれば作者があとがきに自虐的に書かれることが多いですね。実際に使われると最後まで読んだ人が気分を害することがあるので、その傾向がある方は注意した方がいいと言えるでしょう。

自分が作ったものを高く評価していないならば、なぜ作品を公開したのか?となります。また自分に予防線を張っていたりということもあるでしょう。他の作品よりも評価が高かったりしたら、それより下の作品も貶す事にもなりかねません。

卑下することはない

 (264195)

こちらはそんなに自分を責めないでとなだめる場合に使われます。自分が他人より劣っていることは誰しも感じる事です。逆にそんな人が居たら怖いです…。初めから全能な人間ばかりだったらどんな世界になっているのでしょうか。それも気になりますが…。

人の本質はみんな差ほど変わらないのに自分の事を否定しているということは、みんなを否定しているという事にも受け取れてしまいます。相手も過去か未来に同じ立場になることを想定するのであれば、自分を卑下するという行為は相手を貶すことにも相当するということですね。

自分を卑下する人の心理

 (264197)

こちらの項目では自分を卑下する人の行動や言動を具体的にご紹介する内容になっております。またその心理状態についても詳しく解説していますので興味のある方は参考にしてみて下さい。卑下するとは抑えられない感情が漏れ始めようとしている、あるいは漏れている状態だと言えます。

自分では制御できないからつい口に出してしまったり行動に出てしまっているという事ですね。なぜその人は止める事が出来ないのか、というところに着目して相手を見てみるとまた見え方が違ってくることでしょう。それではどういった状態なのか見て参りましょう。

劣等感が強い

 (264200)

1 / 4

92 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

鼻で笑う癖の心理と特徴!「鼻で笑う」の意味や類語も

鼻で笑う癖の心理と特徴!「鼻で笑う」の意味や類語も

鼻で笑われるというのは気分が悪いものです。今回はその「鼻で笑う」を取り上げて、その言葉の意味や類語、そういう仕草をとる人の心理などについて考察します。自分に自信がある人がとる態度のようですが、ひょっとしたらその反対やそれが癖だということもあるかもしれませんよ。
負け惜しみの意味と類語!負け惜しみを言ってしまう人の心理とは?

負け惜しみの意味と類語!負け惜しみを言ってしまう人の心理とは?

この記事では、負け惜しみの意味や、類語、使い方を紹介していきます。また、負け惜しみを言ってしまう人の心理とは、どのようなものがあるのか?そして、負け惜しみを言う人の特長や、負け惜しみをいう事によるデメリットもご紹介します。
野次馬の意味や類語とは?野次馬の心理や特徴と野次馬への印象

野次馬の意味や類語とは?野次馬の心理や特徴と野次馬への印象

野次馬とはどういった意味なのでしょうか。普段よく使う言葉ですが、その意味をしっかりと理解していますか。また、野次馬はどうしてしてしまうのでしょうか。そうした人の心理や、野次馬の問題について解説しますので、じっくりと確認してみてください。
愛憎の意味と類語は?愛憎の心理や対処法と花言葉になる花も

愛憎の意味と類語は?愛憎の心理や対処法と花言葉になる花も

愛憎という言葉を知っていますか。読み方は「あいぞう」と読みます。言葉は聞いたことがあっても意味を知らない人や言葉すら聞いたことが無い人もいることでしょう。そこで、愛憎の意味や類語、愛憎にまつわることわざ、愛憎を抱えている人の心理状態や花言葉をご紹介します。
値踏みの意味や類語と値踏みする心理!婚活では値踏みが横行?

値踏みの意味や類語と値踏みする心理!婚活では値踏みが横行?

あなたは値踏みされた経験はありますか?女性に値踏みされて落ち込んだこともあるのではないでしょうか。学歴や収入、年齢や容姿などから値踏みされることもあるのです。値踏みの意味や類語、心理、婚活で値踏みされたと感じる瞬間についてもご紹介します。

この記事のキーワード