自分が死ぬ予感がしたら注意?死期が近い人の特徴7つ

人は不思議なことに死期が近づくと、そのことに気づいているかのような行動をする場合があります。また死期が近い人にはなんらかの特徴があるようです。死期が近い人がとってしまう行動や言動について特徴を7つ挙げて、詳しくご紹介していきます。

自分が死ぬ予感がする

Chicago Peace Tea Rose Early Snow - Free photo on Pixabay (546181)

皆さんは自分が死ぬ予感がする!と思ったことはありますか?むしろ死ぬ予感を感じていたなら、今こうしてこの世に存在していないかもしれませんね。または周りの人で「自分は死ぬかも知れない」と言っている人がいた、なんて経験はありませんか?

今回POUCHSは、死の予感について調査してみました。

この世には自分の死期を悟ることができる人がいるそうです。死ぬ前にはいつもと変わったことをしたくなったり、今まで「ありがとう」なんて言わなかった人が言うようになったり、いつもとは違う行動をとる場合があるそうです。

人のもつ潜在能力からなのか、その人の霊感の力なのか、死期が迫っている人の特徴を詳しくご紹介していきましょう。

また、POUCHSは恋愛やライフスタイルを応援する記事を多数取り扱っています。こちらの記事も、ぜひ一緒にご覧ください。

人は死期が近づくとわかる?

Index Finger Hands Poor Clouded - Free image on Pixabay (546182)

人は不思議なことに死期が近づくと、どのような行動や特徴があるのでしょうか?人は自分はもう長くないことを悟ると、いつものとは違う行動をするようになるようです。例えば、身近な人に対する感謝の言葉等が多くなったり普段はきつい性格の人が丸くなったり、今までは食欲が全くなかったのにいきなり好物を欲するなどの些細な行動にも変化が訪れるようになります。

自分の死を潜在意識で悟り、後悔のないように残りの人生を過ごそうとするのでしょう。人は死ぬ気になればなんでもできるとも言いますから、本当に死に直面した時にそれが発揮されるのでしょう。

では実際にどんな傾向があるのか詳しく見ていきましょう。

自分はもう長くないと気づき始める

Woman Elderly Tired - Free photo on Pixabay (546186)

人は死期が近づくと自分はもう長くないと気づき始める場合があります。「なんだか自分はもう長くないかもしれない…」などと思いはじめ、周囲にそう漏らすことこともあるでしょう。自分の死を潜在意識で悟っているのでしょう。

特に病気になったときや気分が落ち込んでいるときに限って「もう自分はだめだ、死ぬかもしれない。」などと思うものですが、それとは別に病気を患っていたり、入院しているわけではないのに「もう死が近づいているのでは」と感じる場合があるのです。

身近な人に対する感謝の発言が多くなる

Thank You Pen Pencil - Free image on Pixabay (546199)

身近な人に対する感謝の発言が多くなるのも死期が近づいている特徴と言われてます。 死期が近づいていると悟ると、今まで当たり前だと思っていたこと、当たり前に近くにいる人が特別に思えてきます。

この当たり前がなくなってしまうのかと思うと、その瞬間瞬間が大切なものになります。普段は感謝の気持ちをあまり伝えることしない人でも、「ありがとう」と口にすることが多くなるでしょう。

今、この言葉を相手に伝えなければ、もう伝えることが出来なくなるかも知れないという気持ちからこのような行動につながるようです。 普段通りのことをしているのに「ありがとう」という言葉が増えたら、注意してみてください。

変化が起こる

Water Lily Pond Lake - Free photo on Pixabay (546194)

死期が近づいていると変化が起こるとされています。ずっと病気で塞ぎ込みがちだった人が、一瞬病気だっことを忘れてしまうような回復をしたり、いきなり元気になりアクティブに行動しだしたりします。

死期が近づくと身の回りの変化が起きやすいと言われていますが、味覚の変化もそうです。甘いものが苦手だった人が、急にケーキを食べだしたり、またその逆も然りです。普段は嫌いなものが無性に食べたくなったりします。

なんだかいつもの様子と違う、という行動をとったり、普段食べないものを口にしていたら死期が近づいているのかもしれません。

”お迎え”がくる

Day Of The Dead Colorful Make Up - Free photo on Pixabay (546196)

死期が近づき「お迎えがくる」ことは「お迎え現象」と呼ばれています。 お迎え現象とは、死の間際に亡くなった人々が枕元に立ち、あの世への道案内をしてくれるというものです。

ある人は、先に亡くなってしまった夫が「おいで、おいで」と手まねきしていたというのです。亡くなった人がお迎えが来ても自然と「怖い」と思う人は少なく、お迎え後の故人の様子を尋ねると、「普段どおりだった」「落ち着いたようだった」「安心したようだった」などの肯定的な回答が目立ちます。

「お迎え現象」を体験した人々の多くは死の恐怖が和らぎ、お迎えが来てから1〜2週間で穏やかに旅立つ人がほとんどなのです。「お迎え現象」については後に詳しく触れていきますので、そちらを参考にしてください。

死期が近い人の特徴

Girl Sleep Female - Free photo on Pixabay (546188)

死期が近いにはいくつかの特徴があるようです。例えば身辺整理をし始めたり、元気なそぶりをしていてもなぜか遺書を書き留めたりします。また、死期が近い人がとってしまう行動として「手の甲を眺める」という特徴的な行動があります。これはどんな意味が込められているのでしょうか?

周りが気づくケースとしては、本人は気がついていなくても影が薄くなっている、ぼやっとして見えるなどと感じられると死期が近いという特徴もあるようです。詳しくみていきましょう。

身辺整理をし始める

Old Books Book - Free photo on Pixabay (546202)

死期が近い人がとってしまう行動として、急に身辺整理を始めるということがあります。それは自分の部屋だったり、パソコンや携帯電話、財産など、誰しも他人に見られたくないものはあるでしょう。それらを自分が死ぬ前に整理しておこうと思ったり、きちんと整理してスッキリさせたいということから身辺整理をするようです。

死ぬ前にスッキリしてから死にたいと思う人は多いはずです。周りの人や家族に面倒をかけたくないと思う人もいるでしょう。そういう人は身辺整理をした上で、家族にどこに何があるなどの手紙を書く人もいるでしょう。

また、人には知られたくないことを「墓場までもっていく」などと言いますが、さすがに写真やデータなどは持っていけません。そういったものや見られたくないものの整理は普段からしておきたいものです。

遺書を書き留める

Typewriter Book Notes - Free photo on Pixabay (546203)

死期が近い人の特徴として遺書を書き留めるという特徴があります。自分がこの世からいなくなったあとのことを考え、遺書を書き留めようとするのです。遺言とは、自分の死後どのようにしてほしいのか、自分が生涯をかけて築き守ってきた財産を自分の死後、有意義に活用してもらうため意思を書き留めておくものです。

自分の意思・願いをきちんと伝えるためにかかせないものでしょう。 法的に効力のある遺言書を作成するには、一定の書式や手続きが必要です。 死期を悟ると今までは話さなかった相続の話などをするかもしれません。

遺言の作成について相談できる専門家として、「行政書士」という人がいますので、遺言を作成するときは利用すると良いかもしれません。

悟ったように他人に優しくなる

Thought Idea Innovation - Free photo on Pixabay (546204)

1 / 4

関連する記事 こんな記事も人気です♪