40代の夫婦生活のあるある!40代夫婦の様々な平均値とは?

貴方は結婚何年目?40代になると様々な変化を受け入れたり、新たに考えていかなくてはならない時期になります。40代の平均値を知り、今の貴方はどのような事を感じているのか、自分と向き合う時間を持ってみませんか?今更聞けない夫婦生活を探ります。

40代夫婦生活の平均とそれぞれの未来

 (732893)

結婚して何年の月日が流れましたか?今でもパートナーにときめく瞬間はありますか?結婚生活が20年を超える夫婦や10年未満、子供の有無、夫が単身赴任、週末婚である、共働きなどと家庭の事情は様々です。

今更周囲には聞けないけど気になるお金事情、貯蓄金額にも目を向けていきます。日常にある夫婦のときめきやスキンシップ、夜の営みなど、40代夫婦のあらゆる平均値、気になる話題をご紹介し、この先の夫婦のあり方について考えて参ります。

40代夫婦生活あるある【一般夫婦編】

Coffee A Cup Of Potty The - Free photo on Pixabay (732896)

貴方のご家庭は「亭主関白」?それとも「かかあ天下」? 妊活サプリメントを展開するゲンナイ製薬の調べによると、「かかあ天下」が「亭主関白」を上回り57、6%であることがわかりました。

昔のかかあ天下は夫を尻に敷いて威張り散らしているイメージが持たれますが、現代の妻は家族を思い家庭が上手く回るようにリードしていく程よい意味合いが含まれていると言えます。

名前で呼ばれることがない

Eye View To Watch - Free image on Pixabay (732899)

年齢が上がる程、パートナーを名前で呼ぶことが減ってくるのが一般的で、名前を呼び合った恋人同士の時とは状況が違うようです。

子供ができ、「お父さん(パパ)」「お母さん(ママ)」と呼ぶことが日常化されて気付けば配偶者を名前で呼ばなくなった、最初は意識して子供の前と2人での時はパートナーへの呼び方を使い分けていたが、2人きりの時間が少なくなる、又は使い分けが面倒になりで名前で呼ぶ機会が徐々に減ってきます。

仲はいいものの恋人同士ではない

Men Women Apparel - Free photo on Pixabay (732902)

男性に自分は「愛妻家」か「非愛妻家」かについて尋ねたところ、「愛妻家」が75、3%という非常に高い数字を得る結果となりました。4人に3人が自称愛妻家であると思っています。

妻も夫や子供のために毎日家事をし労を尽くしています。夫婦共にお互いを思い合い大切にしているのですが、毎日の生活の中には刺激的な、官能的な出来事が無いため恋人の時のようにイチャイチャ・ラブラブしなくなるのです。これはいたって正常な出来事であります。

会話は「金」「子供」の話のみ

Sun Children Drawing Image - Free photo on Pixabay (732903)

子供はおらず夫婦2人っきりであると、恋人同士の時のように趣味や仕事、2人の共通の話題に花を咲かせることができますが、子供が居る家庭ではおのずと子供中心の生活スタイルに変わります。

当然のことですが、子供は親がいないと生きていくことができません。親の役目として当たり前の毎日を過ごしているまでのことですが、夫が仕事から帰宅し、妻はその日の出来事を夫に報告します。

この当たり前の流れは「子供」の話題が中心となり、子供の習い事や家庭をやりくりするための「お金」の話題が優先されるのです。

夜の営みに誘いづらい・断りづらい

Bed Sleeping Couple - Free photo on Pixabay (732904)

子供が先に寝てくれたとしても、妻は育児・家事に疲れて早く休みたい、夫も仕事から帰宅後は夕食にお風呂で癒され自分の時間を過ごし安らぎたいなどと、夜の時間の使い方が自分のためになってしまいます。

性欲のあるタイミングが上手く合えばセックスへと流れを作っていけますが、タイミングのすれ違いがどうしても起きてしまいます。夜の営みについて話し合える夫婦は問題ありませんが、話す機会が持てない夫婦は少しずつ溝ができ誘うこと、断ることが億劫になってしまいます。

40代夫婦生活あるある【円満夫婦編】

Art Fingers Heart - Free photo on Pixabay (732905)

新婚時と変わらず仲良しのご夫婦や、一時はすれ違いもあったが夫婦で話し合い仲の良い距離感を保てるように意識しているご夫婦、それぞれ円満な夫婦生活を過ごしています。

一生添い遂げるパートナーにいつまでも変わらない愛情と求め合う気持ち、夫婦円満の秘訣に迫ります!

性生活を楽しんでいる

People Woman Love Grown - Free photo on Pixabay (732906)

夫婦になるとパートナーのことを異性としてみれなくなる方も多いのですが、相手に魅力を感じてもらえるように努力や意識をすることは大事な部分かと言えます。いつまでもパートナーにとって魅力的であることを楽しんでいる夫婦程、性生活も充実しています。

幾度と肌を合わせてきた2人だからこそ楽しめるセックスがあるはずです。恋人同士の時は恥ずかしい気持ちや、こんな要求をしたら相手がどう思うかなど嫌われたくないので言えずにいたことや、お互いの快楽を追求するために話し合う時間を大切にしています。

セックスをする時間を作ること、相手の価値観を知り、認める気持ちを忘れず2人で楽しいセックスライフを作っています。

夫婦2人でデートすることもある

Love Woman Man - Free photo on Pixabay (732908)

40代の仲良し夫婦は、子供が早くも成人し子育てが一段落した方、まだ成人はしていないが子供に手間がかからなくなった方も多いので2人の時間を作りやすくなります。

2人の時間を有効的に使い、朝ご飯、昼ご飯を外で食べたり、興味のある場所へ出かけて恋人同士の時とは違うデートを楽しみます。近所を2人で散歩する、買い物に出かけるついでにドライブをするなど、シンプルなデートから旅行などの大掛かりなものまで楽しんでいます。

スキンシップが多い

Woman Lovely Young - Free photo on Pixabay (732909)

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪