「センズリ」の意味と語源は?センズリのあれこれ19選!

古典の中にも様々な性描写が登場する程、日本は性に対してとても大らかな国です。その為、エロ用語は昔から使われているものも豊富ですが、現代でもエロ用語は増えています。今回はその中で、江戸時代の狂歌にも登場する「センズリ」というエロ用語を解説していきます。

センズリとは

Training Man Fitness - Free photo on Pixabay (736740)

人間の本能には、食欲、睡眠欲の他に性欲が上げられます。命あるもの全てが、種の保存や子孫繁栄を通し、よりよい遺伝子を残そうとすることは本能である為「性欲」は、ある方が正常だと言えるでしょう。しかし、パートナーがいなかったり、相手のセックスに不満があるなどする場合、どうしても抑えきれない性欲は1人で解消するしかありません。

明治維新以後、キリスト教文化が入り込んだ頃から、日本でもオナニーにすることに対しての罪悪感や嫌悪感を植え付けられてしまいましたが、日本は元々性に大らかな国にであり、1人で性欲処理したという話は古典や狂歌にも多く見られます。

平安時代の「今昔物語」や、鎌倉時代に作成された「宇治拾遺物語(うじしゅういものがたり)」の中にも登場するオナニーの歴史は古い為、日本ではその行為に対する呼び方も豊富なのです。ここでは、かなり古くから使われていたエロ用語「センズリ」について紹介していきます。

センズリの意味

Mushroom Autumn Nature - Free photo on Pixabay (736745)

冒頭でも少し触れていますが、「センズリ」とは男性の自慰行為を表す言葉です。月に一度しか排卵しない女性と違い、男性はより多くの種をバラまき、少しでも優秀な遺伝子を残す為に、精子は日々大量に作られいます。

健康な人で毎日約1億個以上も作られる精子は、鮮度を保つ為にも余り溜めずに射精した方が、良質な精子を作り出すことが出来る為、ムラムラが多い男性は精子の量が多いとも言えるでしょう。このように若く健康な男子であれば、当然オナニーは欠かせません。

古代の男達も、有り余る性を持て余した時は、やはりオナニーに励んでいたのです。陰茎(ペニス)を激しく何度も擦る様を、千回擦ると例え「センズリ」という言葉が誕生しました。

センズリの語源

Candle Flame Candlestick - Free photo on Pixabay (736749)

センズリは、漢字で「千摺り」と書きます。元々「千摺(せんすり・せんずり)」という言葉は、ロウソクのことなのですが、火に溶けて液体になってしまうところを、自慰で出す精子に見立て「センズリ」という言葉が登場したと言われています。

確かに溶けてドロッとした白い蝋は、精子に見えないこともありません。センズリは、江戸時代の川柳にも登場することから、わりと古くから使われていた言葉なのでしょう。代表的なものに、「センズリは、墨田川の渡し銛、竿を握いて川をアチコチ」や「センズリは、日本一の富士の山、かいてみるより、するが一番」というものがあります。

最初に紹介したものは、墨田川を陰茎に見立てつつ、川を行き来する船頭さんを手に例えてオナニーのようだと歌ったもので、次に紹介したものは、絵に描いた富士山を見ただけでは良さは分からないように、センズリもしてみるのが一番だという歌です。また、こちらには掛詞もあり、富士を見るのは甲斐(かい:現在の山梨県)よりも、駿河(現在の静岡県)が一番だという意味も込められているのです。現代でもそうですが、昔の男達もオナニーを楽しみ、面白おかしく表現している様子が窺えるでしょう。

センズリの女性バージョンは

People Female Girl - Free photo on Pixabay (736752)

オナニーと言えば男の専売特許のように思いがちですが、女性にも当然性欲はあり、自ら慰めることもあるのです。羞恥心から大ぴらに出来ないだけで、実は女性の約70%がオナニーをしています。

江戸時代には張形(はりがた)と呼ばれる、女性用大人のおもちゃが大奥などで使われていますが、古くは飛鳥時代や奈良時代にも使用されていたと言われている程、古代の女性達も男性に負けじとオナニーをしていました。

しかし、男性に比べ、女性のオナニーを表す言葉は少なく、そのほとんどが男性と共通するものであることから、エロ用語は基本的に男が考えているのかもしれません。女性のオナニーを表すオリジナリティのある言葉は無い為、ここでは「センズリ」から発祥したと思われる言葉を紹介します。

マンズリ

A People Naked - Free photo on Pixabay (736755)

女性器を表す言葉はかなり豊富なのですが、オナニーを表す言葉は自慰や手淫など男性と共通するものしかありません。その為、先程も触れたように、エロ用語は今も昔も、やはり男性が想像力も豊かに生み出してきたと考えられるでしょう。

センズリから発祥したと思われる、女性のオナニーを表す言葉に「マンズリ」というものがあります。漢字では「万摺り」「万擦り」「萬釣り」などと書き、意味としては男性と同じく、女性器や陰核(クリトリス)を擦ったり、触ったりするということなのです。

女性が最も快感を得ることが出来るのはクリトリスですが、手や指だけではなく、机の角や登り棒、布団などをアソコに擦りつけたり、挟んだりして快楽に目覚めたという人も多いかもしれません。また、オナニーだけではなく、セックスの際、男性器をクリトリスに擦りつけられても女性は感じることが出来る為、マンズリという表現は案外正確だと言えるでしょう。

センズリはAVでよく使われる用語

Female Fantasy Wants - Free image on Pixabay (736758)

多くの男達は、女性とセックスするよりもオナニーの方が楽で気持ちがいいと言います。当然、相手に気を遣う必要も、時間を掛けることもなく出来るオナニーは、男性の負担も少なく快楽も大きいでしょう。冒頭でも少し触れましたが、男性は多くの種をバラまき、より優れた遺伝子を残す為に、女性よりも性欲が強めに出来ています。

しかし、その性欲を保つ為には、好奇心をくすぐられ続けなくてはいけません。いつまでも新鮮な気持ちでいさせてくれる女性には、男性も1人の女性で満足することが出来ますが、大抵は何処かで飽きが出てくるのです。これは優れた遺伝子を残すべく、様々な女性と交配したいという本能でもある為、あまり責めることは出来ませんが、その分、女性よりも性欲のターゲットになる範囲は広いとも言えるでしょう。

特定のパートナーがいる場合、相手に愛が無くなった訳では無く、浮気する気が無くても、好奇心(性欲維持)を満たす為にはついついオカズが欲しくなるのは人情です。そんな男達の妄想を視覚化してくれるのが、エロ漫画やグラビア、そしてアダルトビデオなどです。AVには様々なシチュエーションがありますが、ここではセンズリを使った男達の妄想を紹介していきます。

センズリ鑑賞

Banana Breakfast Colorful - Free photo on Pixabay (736765)

普通の女性とは出来ない行為も、AVでは視覚と聴覚で好奇心を満たし、激しい興奮を手軽に得ることが出来ます。「センズリ」も、そんな妄想を満たす為、実に様々なシチュエーションで使われているのです。

オーソドックスでありながら、彼女や妻などには頼みにくい行為として、「センズリ鑑賞」ものというAVがありますが、これは男性がオナニーしているところを、女性が間近で観るというプレイです。

しかし、同じ「センズリ鑑賞」でも、男性の願望によっては違いがあります。本気で羞恥心を味わいたいM男の場合、ただただ射精する姿までを見つめてもらうのですが、逆にセンズリを見せつけて女性を興奮させ、セックスまで持ち込むというパターンもあるのです。

センズリで相互オナニー鑑賞

Nude Adult Man - Free photo on Pixabay (736773)

互いにオナニーを見せ合って興奮し合う「センズリ相互鑑賞」というプレイもあります。オナニーは大抵1人でそっとするものですが、あえて互いに見せ合うことで、羞恥心や好奇心を高め、興奮を煽ることが出来るのです。

ある意味で互いを「オカズ」に出来るという利点もあり、遠距離恋愛や出会い系などで画面越しにしたことがあるという人もいるかもしれません。

AVの場合は直接目の前でオナニーを見せ合い、その後セックスに持ち込むパターンが多いでしょう。先程紹介した「センズリ鑑賞」ものの中で、女性が興奮してオナニーを始め、相互鑑賞になっているというパターンもありますが、やはり最終的にはセックスしてしまうものが多いのです。

センズリサポート

Ice Cream Dessert Sweet - Free photo on Pixabay (736775)

先程紹介した「センズリ鑑賞」や「センズリ相互鑑賞」中に行われていることが多いのですが、「センズリサポート」とは、男性がセンズリをしている最中、女性が男性の興奮を煽るお手伝いをするというプレイです。

例えば、胸や女性器などを見せつけたり、興奮してオナニーを見せつけるのもサポートでしょう。逆に男性の乳首を舐めたり、太ももやお尻などを擦るなどの焦らし行為もありますし、我慢しきれずに陰茎を触ったり舐めてしまったりすることもあります。

M男の場合は、女性が言葉攻めをしたり、射精を止めるような行為もセンズリサポートになるでしょう。また、女性がキスをしたり、胸を触らせるなどして興奮を煽ることもあるのです。

1 / 3

関連する記事 こんな記事も人気です♪